いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふふふ復活…

いやー、長らく休んでしまいました…

お察しの通りの絵に書いたような体調不良でございました。

しかも、家族全員…私が一番ひどかった上に原因不明でございます。

こちらに来て1ヶ月。疲れがどっと出たようです。

おりしも丁度こちらも祝日が重なり、26日から6連休。初日に病院にかかって、少しゆっくりして、やっと回復してきました~。いやあー、よかったよかった。

 

連休中も隙を見てバッチャン村に行ったり(バッチャン村っておばあちゃんがいっぱいいるからぁ~?などと思ったそこのアナタ!アナタはりりりと同じ発想です(笑))、旧市街を見てみたりし、今日も夕方から「水上人形劇」を観に行きます!

 

おお!絵に描いたようなハノイ観光旅行。でも、今日もベトナムの祝日でベトナム人たちも郊外に出かけているらしく、市内は大変空いていて過ごしやすいのです。まさにチャーンス!気温は相変わらず30度を超えてますが、熱中症に気をつけて行って参ります!

 

この何日かの出来事はおいおいご報告できれば…と思っています。

まずはね、相変わらず散乱する船便の箱どもを…

スポンサーサイト

こないだ(BlogPet)

こないだ、piyomaruが
ちょっとしたpiyomaruのようなものらしく、30分ほどで上がり、すぐに道路も乾いてしまう。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

piyomaruはひまも発熱した(BlogPet)

きのうバビが、発熱しなかった。
piyomaruはひまも発熱した?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バビ」が書きました。

湿度90%で脳みそも溶けてる

最近ののののあだ名は「流星号

いまだハイハイも出来ない彼女がゲットしてしまった歩行器「流星号」によって、神出鬼没のいたずらマシーンと化した!

今日は、醤油さしをゲットしておりましたよ…

中身がほとんどなくてよかった~。ああ、早く船便に乗せたベビーゲートで流星号を阻止したい!

ちなみに流星号のお気に入りは「トイレ」ざます。

 


ちょっと毎日あわただしすぎたので、今日は勝手にゆっくりする日と決めた。日本人学校に野球チームがあり、毎週火曜は自主練の日だそうでりんり以外の4年生男子は一緒のバスに乗らなかったのも今日の私にはラッキーだった。

日本にいるときから野球はやりたいといっていたりんり、こちらに来て喘息も落ち着いているし、船便に入れたグローブやバットが届いたら参加させてもらおうね!りんり、テニスとピアノとサッカーとゴルフもやりたいそうだ…りりりもテニスとゴルフをやりたいそうで。

 

いや、ゴルフはどうだ?そんなじゃりんこのうちからあんなスポーツやっちゃいかんよ!と元ゴルフサークルの母は思うのだった。いや、個人的に考えると、体に柔軟性のある子どものうちからやっていると格段にフォームがきれいだと思うんだけど。中年から始められたオジサマ方、やはりどうしても野球盤のバッターみたいなフォームの方が多い気がする~。ダイの入っている重千代会に入れてもらうか?

 

 

先日ウワサでこちらにも日本人の経営する学習塾が出来たとのこと。月謝は月200ドル。日本の塾よりも少し安いか?あのお受験戦争、確実にこちらの子どもたちにも迫っている。だから4年生以上の子どもががくんと減るんだよなー…

うちは来たばかりで今のところそういうことは考えられないし、できれば中学もこちらで過ごしたいんだが、やはり「○○年まで確実にハノイ」と確約されているわけではないので、帰国したときのりんりの年齢や状況を考えると不安は残る。

でも、日本人学校の子どもたち、りんりがびびるくらい勉強も進んでおり、毎日泣きが入るほどの先生手作りの宿題が出るので、日本で学校に行っていた時よりも今はモチベーションが上がっている。このままみんなにいい方向にながされていってくれれば問題ない気がするんだけどなあー。

一番心配なのは、友達がどんどんいなくなっていくことの影響だ。去年よりも確実に増えているとはいえ、全学年で30人足らずの中学生たち。りんりのときはどうなっているんだろうか。

 

そしてこちらは急に蒸し暑くなってきた!これがウワサのハノイの蒸し暑さだ!しかもまだ序の口らしい!湿度は毎日90%、朝干した洗濯物は夕方でもほとんど乾かない。この陽気が6月まで続き、こちらに来た日本人はまずこの湿気で体調を崩すという。

私は今のところ比較的平気。杭州も夏はこんな感じだった。気温は38度くらいだったし。今こちらは多分上がっても31,2度だと思うから。子どもたちは汗だくだくで虫に刺されまくりでも元気いっぱい!このままバタバタと6月を乗り切りたい!6月が終われば、夏休みはもうすぐだ~!!!

 

浮かれる私たちにダイは「今回の帰国は自腹だよ」と冷たく言い放った。なんだか会社の規定らしい。規定がどうだろうが、このところ出費がかさんで飛行機代が大変だろうが、帰るったら帰る。こちらに来て改めて欲しいと思ったものや夏の服たちをゲットしに帰るのじゃ~!!

これはなんでしょう?

なんざんしょ?先週の週末。ダイが会社帰りにお土産で買ってきたもの。

 

これがビニール袋にばさっと入っていました。なんだか分かりますか?


答えは最後に。

 

昨日の日曜は、以前から日本人向けの情報誌で気になっていた家具と雑貨のお店に出かけた。デンマーク人がオーナーで、日本人好みのシンプルな雑貨が置いてあるというので、以前から気になっていたのだ。

いきつけの病院のほぼお向かいに目的のお店発見。もう外から伺うだけでもまったくこちらのお店と雰囲気が違う!タクシーの支払いに手間取っていたダイを置いてさっさと店内へ。

 

欲しい物だらけでウハウハしながら、食器やかごを選んだ。こちらの家はクローゼットの中ががらんどうで、細々した衣類を分類してしまえるチェストなどがあまりないので、かごで代用しようと思ったのだ。

 

 

というか、日本でせっかく用意したかご製品、すべて輸入禁止だと引越業者に言われて泣く泣くあきらめて置いてきたのだが、先日寄らせていただいたお宅では、全く問題なく持ってこれたと聞いてもう愕然。しかも同じ業者だったので、いかにうちがはずれの担当者だったかを思い知る結果となった。

ダイがこちらにもかごはたくさん売っていると言っていたのだが、そうじゃないのよ…求めている質やデザインが全く違うのよ…orz

 

てなわけで目を血走らせてガンガン選んでいたら、とても持ち帰れない量になっていた。しかし、ここは普通の地元のお店と違う!日を改めてなら配達可能と言ってくれたので、喜んでお願いした。なんとここのオーナー、うちのレジデンスに住んでいる方だった。道理でどっかで見た顔だと思ったよ。私がボケちゃって外人さんの顔の見分けが出来なくなったかと思った。

 

さて、身軽にお店を出た後は、散歩がてらランチをしに中国系のホテルへ。

先日の大宇ホテルと違い、湖のほとりの河内飯店は中国系ホテルなので、リーズナブルに中華のビュッフェが食べられる。見慣れた中華料理たちと見慣れた中国語のメニューで、にぎやかな中国人の方たちにまぎれてわいわい騒ぎながら家族で食べる昼食。あー、遠慮が要らないってステキ!

値段の割に種類も豊富で味もなかなか。湖のほとりに出られる中庭もあり、おいしそうなベーカリーも併設(タクシーに乗ってから気がついた!残念!)されていて、これからも利用しそうな予感がした。

 

夕方はシェラトン付近を探検。外国人向けの雑貨や家具、衣類などの小さなお店が点在し、湖のほとりを歩きながら排気ガスにまみれながらもくもくと歩いた。

途中とてもかわいらしいお店を発見!気になるものがいっぱいあったが、外国人向けのせいか大変にえくすぺんしぶであった。おこづかい貯めてリベンジしたいところだ。

 

帰りに夕飯をsenで。地元の人にも観光客にも人気のビュッフェ形式のベトナム料理。なぜかスパゲティミートソースや、とびっこをまぶした寿司ロールが混ざっている不思議なお店。半分オープンスペースなので、雨が降ったら行きたくない。こちらもさすがにフォーがおいしかった!私は米粉のプルプル系惣菜がけっこう好きだし、こちらのシャンツァイは日本のものよりも匂いがきつくないのでどれもおいしかったが、ダイはこのプルプル系が苦手だということがここで初めて判明。しらなかった~!

 

りんりとりりりはお皿にてんこ盛りにしたドラゴンフルーツを食べまくって大満足。ののはフォーやおかゆやいろんなものをつまんでこれも満足で、よかったよかった!

 

 

そして今朝。予定通りの時間に購入した品物が到着!嬉しくて家の掃除にも気合が入った!そんでガンガン昼寝してしまった…

食器を買った

日本の雑貨屋さんがしょっちゅう買い付けに来るらしいこのお店。きっと日本では10倍くらいの値段がつくことだろう。

欲しい人がいたら、私が持って帰ってあげましょうか?(営業妨害)

カップの上にあるのは、こちらでりんりがはまっているペーパークラフトのノートルダム寺院。はやく次のシリーズを買って作りたくてうずうずしている。

そういえば、このカップ、「ジャパニーズスタイル」と明細に書いてあった。そうか~?

 

かごも買ったランドリーボックス。ずっと探していたのだ~

 

 

 

 

 

 

 

そして最初の画像の答えは、「ジャックフルーツ」(ベトナム語でミィ←いや、みーちゃんのことじゃないですよ!しまさん!!)

 

ドリアンによく似た外見の果物で、皮をむいて道端で売っている。好きな量を買って、よく洗ってから食べる。果肉がぽろぽろとひとつずつ分かれ、中に大きな種が入っていて、味は…

 

 

 

マンゴーのガムみたい

 

 

トロピカルフルーツ好きの子どもたちも、一口で断念。クセが強すぎた…

乾燥ライチの方が好きだそうな。

しかしここまで晴天をblogしたいなぁ(BlogPet)

きのうは土砂降りにblogしたの?
しかしここまで晴天をblogしたいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バビ」が書きました。

弁当開始。んで、その他もろもろ

水曜からいきなりりんりは6時限授業。こちらは1年生でも6時限授業がある。

 

てーことは…

 

早速弁当作り   ダ!


こちらは元西友のスーパーがあったり、日本人がたくさん住んでいるので輸入食品を扱っているお店にはけっこう日本食があるから助かる。

先週からちまちまと作りためて冷凍しておいたおかずと、5時起きで作ったものを詰め、なぜかどこでも売っている焼きのりをごはんにはさんで弁当作り。

4/12のお弁当 りんりぶんママさんのように日ごろから冷凍食品など使わずにお弁当作りをしておけばよかった~!!と猛烈に後悔したが、後の祭り。

久しぶりの弁当作りは大変に要領も悪く、明日からはりりりの分と二人分作ることを考えると暗雲が立ち込めるのであった…ま、なんとかなるさ!

4/13弁当 りんり

そしてやはりお弁当作りは母たちの悩みの種ということで、希望すれば保護者主催で月水金に「お楽しみランチ」というものを食べられる。

母たちが持ち回りで当番となり、注文受付、取りまとめと受注、発注、支払い、配膳と全てを行うもので、月金が和食弁当、水曜がイタリアンランチ。

1学期は転入者は当番免除なのだが、ののもいるし、子供たちもお弁当の方がよいというので、家庭ではなかなか作れないイタリアンランチだけ申し込んでみた。内容がりんりとりりりの大好きなピザやパスタだし。

1年生はまだ午前授業だったが、りりりは物足りなく感じるくらいだったようで、毎日とても楽しみに出かけていた。先生方からのお便りも毎日のようにカラーで写真入のものが届くので、学校での様子が分かりやすくて安心感がある。

 

しかし、私は引越のごたごたで学校の荷物を最終的に半分くらい船便にうつしてしまったのだが、りんりはすでに平常授業ということで足りないものが続出!

キャー!早く船便来ないかなあ~…

 

 

さらに早速同じマンションのりんりの同級生が放課後おうちに呼んでくれた。4年生は男子ばかり3人が同じマンション。うちとは全く違う間取りのステキなおうちで、早速いろんな年の子どもたちが集まって楽しそうに遊んでいた。

私もお母様方からいろいろと情報を教えてもらえて、とても有意義な時間を過ごせ、遅くまでお邪魔してしまった…皆さん海外を渡り歩いているベテランママが多く、私より全然若いけれど頼りになる!さらにS市からいらした方とも知り合い、S市とハノイの関係について謎が深まった…

 

今週はダイの帰りが遅かったので、子どもたちもお父さんがいなくても楽しく過ごすことが出来てよかった!本当にありがとうございました!!

 

昨日の土曜日は、私一人で子どもを連れてファミリープラクティスへ予防接種へ。前日にののの診察を受けていたので、受付のオネエサンたちも覚えていてくれて、スムーズに終了!

チェックをしにダイが来てくれるのを待つ間、男の子を連れたお母さんが「うちの子がアナタの子どもたちと遊びたがっているのでぜひ遊んでもらえないか」と声をかけてくれ、りんりとりりりはキッズスペースで2歳のオーストラリアとベトナムのハーフの男の子と楽しく遊んだ。私はとっても気さくなベトナム人のお母さんとしばし歓談。私の下手な英語を一生懸命聞き取ってくれて助かった

 

お昼はダイと大宇ホテルのチャイニーズでランチ。さすが一流ホテルだけあって、こちらでは珍しい赤ちゃん椅子があった。ののもみんなと同じテーブルにつけたのでご機嫌。あんかけチャーハンなどを食した。

夕方はレジデンスの敷地近くで見かけて気になっていたお店を散歩がてらみんなで覗きにいく。思っていたよりもしょぼかったので、見るだけにしてとぼとぼ帰宅。往復1時間の散歩、子どもたちにもいい運動になった。

 

さて、今日は以前から気になっていた家具と雑貨のお店を攻めてみる予定。掘り出し物があったらまたご紹介しまーす!!

学校生活にあたって

火曜日からいよいよ学校生活が始まった。


入学式その1入学式の前に始業式があるので、7時15分に家を出てタクシーで学校に向かう。しかし、途中の道が大渋滞。40分ほどかかり(普通は20分くらい)、ギリギリで到着。控え室で待機していると、先生方が学年ごとに迎えに来てくれた。

りんりの入る4年生は1クラスで28名。転入生は7人で、全員男子だった。学校全体でも男子の比率が高い。やはり不便な土地柄だから女の子だけだと連れてくるのに躊躇したりするのかなあ。

「ご父兄の方もどうぞご一緒に教室をご覧ください」と言われて行ってみた。

先生がみんなに紹介してくれて、机に書いてある名前を探して席に着く。りんりは近視と言ってあったので配慮してくださったのか、窓側の一番前だった。隣も後ろも女の子。ここでも女子に囲まれるか…

 

その後、始業式も参観。去年のほぼ2倍の生徒数になった日本人学校、新任の先生もたくさんいらした。りんりの担任も大阪から赴任してきたという若い女性の先生。先生方も全体的に若い先生が多く、活気がある。生徒が増えても小中合わせて200名弱の小さな学校。みんなが新しい仲間や先生を歓迎してくれる雰囲気が伝わってきた。これは転校してよかったかもしれないと思わせてくれた。

 

 

入学式その2そしてその後はいよいよりりりの入学式。

再度入り口で受付を済まし、りりりは胸にステキな花飾りを飾ってもらって、照れくさそう。1年生は2クラスでりりりは1組だった。17名の小さなクラス。先生はやはり30代の大柄でとても元気な男の先生だった。大きな声とステキな笑顔で挨拶して一番乗りのりりりを迎えてくれて、りりりも恥ずかしそうに教室に入っていった。とりあえずスムーズに行けて私とダイは一安心。

 

入学式はまたいっそう歓迎ムードだった。小学校1年生と中学校1年生の合同入学式。校歌は数年前に生徒と教師で考えたというとても覚えやすい歌だった。そして続いてベトナム国歌をベトナム語で歌う子どもたち。

生徒数は前の学校の半分くらいなのに、歌声は10倍くらい大きかったのが印象的だった。

 

私たちは保護者席の最前列に着席していたのだが、目の前が中学3年生。男子ばかり7人の子どもたち、式の前に先生に「シャツをしまいなさい」と注意され、「腹にシャツ、腹にシャツ」と伝言ゲームをしながら必死にしまう姿がとても可愛かった~。

 

下校は子どもたちはスクールバスで帰ってくるので、私はののを連れて急いで帰宅し、エントランスでお迎え。バス通学は親子で初体験。緊張している私たちに、気さくに声をかけてくださるマンションの方々。同じマンションにいる小学生は全部で12,3人か。幸い4年生は他に3人、1年生も2人いて、とても心強い。

 

帰宅して驚いたのは、プリントの内容の濃さと出来上がりのすばらしさ。なんと学級便りは全てカラープリント、その他のお知らせもとても分かりやすくて丁寧だった。

水曜から早速6時限授業のりんりは、すでに「英語のクラス分けテストのお知らせ」「漢字・数学検定の案内」「英検の案内」などをお持ち帰り…

英語はこれからコンスタントにネイティブの先生に教わり、ベトナム語の授業もある。4年生以上は漢検か数検を受けなくてはならず、授業はすべて6時限。1年生も5時限か6時限になるそうだ。

 

これは、日本の小学校に行っていたのでは出来ない勉強や体験がたくさん出来そうだねー、とダイと話した。あのまま日本で学校に通っていて、中学受験するかを話し合って決定し、受験を決めたら厳しい勉強の日々を続けなくてはならない。そもそも受験を考えていたらこちらに来ることも考えられなかったのだが、「受験はしない!」とも思い切れず、通信教育だけ申し込んでずるずるとベトナムに来てしまったが、こちらでしか出来ない体験をたくさんして、人間的に大きく成長することの方が今のところうちの子供たちには必要な気がする。

 

とりあえず平日でもダイの帰りが早いので、一緒に夕飯を食べる機会も増え、子どもたちの精神状態もかなり落ち着いてきた気がする。

なにより、あれほどひどかったりんりの喘息やアレルギー症状が今のところ治まっている!これだけでも来た価値があると思っている。これから学校でもいろいろなことがあると思うけれど、楽しく通って欲しいな!がんばれ、りんり、りりり!

こんな町並み

207740f1.jpg 我が家からの眺めです。ちょうど敷地の端に建っているので、敷地に沿った町並みがこんな風にみえます。 都心から離れてるので、少しのんびりした感じ。 敷地の中は、ありえないほど西海岸…(*_*)

こんなものを買ってみた

朝、気がつくと土砂降りの雨が降っている。しかし、ちょっとしたスコールのようなものらしく、30分ほどで上がり、すぐに道路も乾いてしまう。でも、こちらに来てから思いっきり晴天という日は1日くらいしかなかった気がする。いつも曇り空だ。まだ梅雨が続いてるのかしら…それともこれが普通?


さて、ダイが1週間のうち唯一休みの日曜日。10時という約束の時間通りに電気屋さんがやってきて、お互いに言葉のコミュニケーションが図れないままに修理終了。こちらは英語が通じると聞いていたが、街中はほとんど全く通じない。やはりベトナム語を勉強する必要があると感じる。

中国と違って漢字もないので、言われていることの見当も全くつかないのだ…

 

 

というわけで、やはり買い物はダイがいないとまだ不安。タクシーも行き先が伝わらないことが多いし。

午前中はこちらに来てもう定番になった大型スーパー、ビッグCへ出かける。広大な店内の1階が小売店舗、2階がスーパーになっている。いつも先に2階へ上がり、うっかり買った冷凍ものが溶けないうちに慌てて帰るので、今回は先に1階を物色。さりげなくナイキの偽ブランドがあったり、タカラトミーのショップがあったりしてなかなか気が抜けない。先週来た時にはなかったおもちゃ屋が増え、子供服屋がなくなっていた。入れ替わりが激しいのもこちらの特徴のような気がする。

 

ここでののにおもちゃをひとつゲット。というよりも、りんりとりりりが遊びたくなったんだけど…

 

それから2階へ。中国もそうだったが、こちらのスーパーはみんな万引き帽子のために入り口で荷物を預けることになっている。小ぶりのハンドバッグは大丈夫だが、それも店への入り口でビニール袋に入れられ、電熱器でぴったりシールされてしまうのだ。

 

昔中国で仕組みがよく分からずに財布を入れたまま預けてしまい、大変なことになった。今ではきちんと財布を出してから預けられます、私。

 

いまだに隅々までめぐったことのない店内をさまよい、生鮮食品やパン、お菓子などをゲット!よく言われることだが、ベトナムはフランスパン(バゲット)がおいしい!そしてみんな大好き!ここのパンは焼きたてがいつもガンガン出てくるので、パン売り場は黒山の人だかりだ。そしてこの人だかりをかき分けてパンをゲットしてくるのはいつの間にか私の役割になってきている…

 

こういうときはね、オバサン根性丸出しだからね、強いよ?

昨日ゲットしたパン、バゲットよりも太さのあるもので、中がふわふわ~朝食に食べたが、まだふわふわでとてもおいしかった!

 

一旦帰宅して昼食を取ってから今度はデパートへ。ビンコムタワーというところの1階から5階がデパートになっており、3階にスーパーが入っているのだ。ここはダイも未体験。入り口が狭く、いつも人でごちゃついているのがイヤで敬遠していたようだ。

 

しかし、中は意外と広く、生鮮食品から日用雑貨までありとあらゆるものが並んでいた。特に赤ちゃん用品が充実。

こちらに来てまず感じたのが、マタニティ用品のお店や子供服や子ども関係のお店と品揃えの多さ。当たり前だけど、中国のように子どもにおしり丸出しパンツをはかせたりせずにきちんとオムツを当てているので、紙おむつも充実しているし、離乳食やおもちゃもけっこう豊富(質はね、ベトナムですから…)で助かる。ののはすっかりこちらの離乳食で育っている状況。もちろん作ったものと組合せよ!

 

そして他であれだけ探して見つからなかった泡点て器とソーイングセットを難なくゲット!最初からここを見てればよかった…orz

何度も前を通り過ぎてたのになあ。

今度からまずここを探してみようとダイと話し合う。

 

そして疲れたと文句を言う子どもたちを黙らせるためにDVD(セーラームーン(アニメ)とシャーロットの贈り物)をゲットし、上のカフェへ。

こちらではDVDが流通していて、探すと日本のアニメもけっこうある。私が見つけたのは、魁!男塾と北斗の拳。

いや、買いませんけど…

もちろんベトナム語か英語の吹き替えだ。買って帰ったら古本屋さんが買い取ってくれるかしら…

うちのテレビ、衛生放送も見られるのだが、私にはよく分からない仕組みでカード式になっており、カードの残量がなくなると観られなくなる。カードは切れたものを持っていくと新しいものを買える仕組みになっているそうで、ダイが会社の運転手さんに頼んで買ってきてもらうため、一回切れると2,3日観られないのはざら。

それでは子どもたちがあまりにもかわいそうだろうと先日DVDデッキをゲットしたのだ。子どもにとっては何語かどうかはあまり気にならないらしく、ベトナム語のどらえもん(ベトナムで大人気!)やポケモンを喜んで観ている。

 

 

カフェでは、これもベトナムデザートの中で個人的に一押しのプリンを頼んだ。

カスタードプリンなのだが、どこで食べてもほとんど外れなし!おススメです。プリン好きのりんりも大喜びだ。

 

そして日曜にゲットしたものたちをご紹介。

週末の買い物でゲットしたものたち

一番上はゴボウですね。ベトナム産。宅配でゲット。

赤い箱は韓国系のお菓子売り場でげっと。カスタード餡の人形焼のようなもの。そして隣のは同じ店で売っているポンせんのようなもの。どちらもおいしかった!

左は靴洗いようのブラシなのだが、「清潔はだし」と書いてある…ブラシの横は「まゆみ」という名のかにかま。そして怪しげなジュース…

のの、初の武器

さらにのの用にゲットした武器たち。

左はりんり、りりりが主に遊んでいる(おい!)

ののが乗っているのは歩行器。これで行動範囲が格段に広がったのの。たいへんデンジャラス。歩行器、約1200円なり~!

 

 

週末の出来事

先週の金曜日。

ついにののが発熱


前日の夜中からひどく機嫌が悪く、泣き通しだったのだが、午前中に熱を測ると38度9分。慌ててダイに連絡し、一緒にファミリープラクティスに行ってもらった。

金曜日はNさんがいらっしゃる日で、先生の早口の英語を通訳していただいてとても助かった。しかし、初めに体重を量ったとき、ナースが「私は日本人のあかんぼでやせた子を見たことがない。この子もべりーびっぐ。」と言ったのは聞き取れたのよ…いやあね、この中途半端な英語力。聞き取れても言い返せないもどかしさ。

 

ハノイでもらった初めての薬診断は風邪から来る急性咽頭炎。日本にいたときからずっと鼻をぐずぐずさせていたので、鼻水がのどに流れて細菌が繁殖したのだろうということ。のどが真っ赤になっていたそうだ。日本でも飲んだことのある抗生物質と解熱剤2種類、点鼻薬をもらう。この点鼻薬、なんと海水のスプレーで、鼻を吸う前に(某カリスマさん!読んでますか?ベトナムでも鼻を吸うよ!!鼻吸い器も売ってた!!)スプレーし、それから鼻を吸うようにと言われた。

いわゆる「鼻うがい」ですかね…しかし確かにこれをやると鼻が治まる。本人もすっきりするらしく、何度かやっていたら嫌がらなくなった。このスプレー、年中鼻炎で鼻づまりのりんりにも使えそうだ。日本でも売ってくれないかしら。天然の海水だから副作用とかなしなんですってよ、奥様!!

 

日本では考えられないほど大量の抗生物質を飲み(でもきちんと体重にあった範囲内)、きっかり1時間後に死んだように眠ることを繰り返し、ののは着実に回復。熱も日曜にはすっかり下がって食欲も出てきた。あーよかった!海外生活で一番こわいのは子どもの病気。たいしたことがなくて助かった~。

もうひとつ今心配なのは下痢。聞いたところによると、こちらで生活を始めて3週間くらいに一番なりやすいそうだ。そろそろ我が家も3週間。子どもたちも学校が始まって1週間が過ぎるこの週末から来週あたり、気をつけないといけない。出来ることなら経験せずに過ごしたいものだ。しばらく食べるものや生活態度に気をつけなくては。

 

 

 

 

 

と頭では思っています  まる。

 

 

ガッデーム(BlogPet)

きょうバビがpiyomaruがblogしないです。

皆様、お久しぶりでございます。

この5日間くらいで一気に体重が2,3kg減ったと思われますよ…
?
?
ガッデーム!━━━(#`Д´)凸



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バビ」が書きました。

どれもたいした話題じゃないですが

今日はベトナムに来てから初めての雨。寒い…多分気温は東京と同じくらいだと思われます。そういえば、都知事選って今日だっけ?

 

 

10時に電気屋さんが電球の修理に来てくれる予定。無事に直るといいんだけど。


思った以上におとといの注射が効いていたらしく、昨日はだるくて夕方ののとぐっすり寝てしまった。りんりは元気だけど、りりりは朝から狂犬病を打ったほうの腕が腫れてしまい痛がる。夜には微熱も出た。

食欲もあるし、元気なので一晩寝れば大丈夫だろうとは思うが、やはりダイの言っていた通り狂犬病は体にきついワクチンのようだ。ののが打つのはどのくらい先になるか分からないけれど気をつけなくては。

 

昨日、モーローとした意識の中で何気なくハノイで暮らす奥様方のブログをいろいろと検索した。すごく増えていて驚く。そしてみなさんとってもセレブな暮らしぶり。

うちはやはり物凄くサバイバル方向なんだなーということがよく分かった。

メイドさんが料理洗濯掃除をしてくれて、豪邸や家具つき、朝食付きのサービスアパートに住まうセレブマダムたち、まぶしい限りだ。こんなワイルドな生活をしていて仲良くしてもらえるかしら…

いや、まずうちのレジデンス内で友達作れっつー話だ。

 

うちの右サイド2軒はおそらく韓国人の方。そのうち1件に小学生くらいの子供がいるような気がする。左サイドはダイの情報によるとドイツ人らしい。欧米の方にはこのマンションは狭いらしく、子連れの方はみんな一戸建てのほうに住んでいる気がする。全部私の脳内観測。実際はワカラナーイ。

来週の始業式と入学式の後、下校は全員バスとなるそうだ。ここで初めてうちのマンションにどのくらい小学生がいるのか分かる。けっこうな数になっていそうな気がする。きっと山のようにプリントが配布されるだろうから、初日にきちんと目を通さなくては。ああ、お弁当はいつからなのかしら…

 

今日は一度注文したことのある輸入食材スーパーの宅配に再チャレンジ。オーダーリストに基づいて頼んでいるのだが、実際何が届くか分からないのでものすごくドキドキする。でもなんか楽しい。あ、ここでも通販好きの血が…

偶然を呼ぶ力

ダイが買ってくれていたおろし金、すこぶる使いづらい。

 

よく見たら、  チーズおろし   だった。

 

 

リンゴが目詰まりして出てこないとです…orz


昨日は予防接種のため、ファミリープラクティスという病院へ。ここは週3回日本人の方が通訳としていらっしゃるのだ。初めての場所なので、ダイに仕事を抜けて迎えに来てもらって向かった。

うちは街のはずれな上に道路事情がアレなので、タクシーを呼ぶのも時間がかかるし、タクシーなしでは外出もままならない。その分環境がいいから仕方ないんだけど。

 

さて、その病院、清潔でとても感じのよいところだった。通訳のNさんはスレンダー美女で、とてもかわいらしい声でほわんとした話し方をするマダムであった。ここでバリバリできます!というパワーあふれる方ややる気のなさそうな男性が迎えてくれたら、私的には質問する意欲がうせてしまったと思う。

予防接種確認のため、母子手帳を出すと、Nさんが「あら!私もS市に住んでいたんです~」と!

聞いてみると、うちの隣町の方だった!しかもNさんのご主人、私の高校の後輩であったことが判明!

 

 

ぐぐぐ偶然としても出来すぎな…!!

 

 

地方の県立高校の同窓生がベトナムで出会う確率を考えると、すごい確率じゃないですか?たかだか全校で800人弱ですぜ。

以前に私は必要としている人や会いたい人を無意識のうちに呼んでいると言われたことがあるが、こうなると本当にそうなのかと自分を疑いたくなる。そんなことって、ありますか?

 

 

しかし、この偶然のおかげですっかりNさんに勝手に親近感がわいた私。病気のときにも安心して出かけられそうだ。

 

さて、目的の予防接種は、ののがポリオとHib(髄膜炎)、りんり、りりり、私が腸チフスと狂犬病を受けた。こちらではポリオも注射なので、全員両腕に接種。

看護婦さんがてきぱきと用意し、さくさく打ってくれて無事に終了!子どもたちの注射を待つ間に私がつけていたベビービョルンの抱っこ紐を看護婦さんに「おー!いっつべりいこんびにえんす!」とほめられる。ぐふふ。

 

りんりとりりりはごほうびにNさんから飴をもらってご機嫌。終わると11時半だったので、ついでにダイと一緒に昼ごはんを食べることにした。ダイが「家門」というお好み焼きやさんに連れて行ってくれる。かもん。

かむぉーんはベトナム語でありがとう。掛けことばだな。

 

従業員はみなベトナム人だが、そろいのはっぴを着てみなさん日本語で対応。おお、おしぼりも出てきた。スーバラシイ。

お好み焼きもおいしかった!りりりが注文したてんぷらうどんを忘れられるという小事件があったが、おいしかったから許す!そしてりりり!てんぷらうどんを頼んでてんぷらを残すのはやめなさい。

 

 

 

次回また来週に子どもたちは注射を受けに行かなくてはならない。今度は私たちだけで行けるよね?とダイに言われた。

 

 

 

 

え?聞えませーん。

 

 

 

 

 

これも多分デフォ?

先日ダイが出勤した後で玄関のチャイムが鳴った。大家さんが登場。

 

 

ドアを開けるとロナウジーニョ似のおばさんが。

 

 

我が家の大家さんだった…

 

ぶんママさん風に言うと、ロナウジー女?


ロナウジー女についてもっと書くつもりが、昨日起きた事件でぶっ飛びました。

 

昨日の夜。こちらでは大体6時半過ぎには帰宅するダイが、昨日は1時間ほど遅くなると連絡が。昨日は意を決して母子4人ではじめてレジデンス内の小さな公園まで歩いて行ってみて、帰りは迷いながら我が家にたどり着いたので、ののも疲れて夕方から爆睡。りんり、りりりもおなかすいたー!と騒いでいたのでダイを待たずに夕飯を済ませ、子どもたちはシャワーを浴び、たっぷり眠ったののはご機嫌でりんりたちと遊び、私はPC…とちょっと理想的な展開だった。だったのに。

 

 

パン!

 

ボン!

 

 

ブツッ

 

 

 

 

そして訪れた、一面の暗闇…

 

 

何がなんだかわからないうちに暗闇に取り残された母子。頼りは私の使っていたPC画面の明かりだけ。電話も使えないので、携帯を探り出し、ダイに電話した。

 

「突然パンッって音がして、電気が切れちゃったんだけど」

「あー、ブレーカーが 落ちたんだな、きっと」

 

 

ブレーカーの場所、まだ聞いてませんが?

 

 

 

「懐中電灯でぇ~」

 

 

懐中電灯の場所も聞いてませんが?

 

 

「じゃあ、携帯の画面とかで照らしてブレーカー上げてみてよ」

 

手探りでダイに言われた場所のブレーカーを探り、落ちているレバーを上げてみた。

 

 

 

ボン!!バチッ!

 

 

 

えーとですね、ブレーカーから火花が散って、また落ちました…

 

 

「じゃあ、今から会社出るから。多分どっかの電球が切れたせいで落ちたんだと思う。どこが切れてるのか、調べてみて」

 

 

我が家には多分ロナウジー女の趣味で電球がたくさん設置されているのだが、これがまたしょっちゅう切れるのだ。しかし、電球が切れるたびにこんな風にはならないだろうから、電球系統のどこかでショートしていると思われる。

相変わらずの暗闇で、子どもたちは動揺。ののも泣き叫ぶ。とりあえず、子どもたちのいる場所だけでも明るくしてやりたい一心で、もう一度ブレーカーにトライ。

今度は一旦全ての電気のスイッチを消し、ブレーカーを上げてみた。OK。

次に一部屋ずつ明かりをつけてみる。OK。これで子どもたちのいる部屋にとりあえず明かりが戻った。

最後に残ったキッチンの明かりをつけようとしたとき、キッチンに3つ並んでいる電球のひとつから火花が上がり、またブレーカーダウン。

 

原因はここだったか!

 

キッチンに明かりをつけなければ、他の場所に支障がないことが分かったので、とりあえず暗闇の中でダイの夕飯の支度だけする。子どもたちも元気を取り戻し、一安心。

 

 

 

全てがほぼ終わったところでダイ帰宅…

 

 

 

「なんだ、電気ついてるじゃん」

 

 

 

(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

 

 

キッチンの電気が問題であることを告げ、ダイにも確認してもらう。

スイッチオン。しかし、電球がひとつ点かないだけで火花は散らない。どうやら先ほどのでジ・エンドだった模様…

電球をはずすと、接続部分が焼け焦げていたらしく、こんど電気屋を呼んで修理しようということになった。

そしてにこやかに歓談する父子。大喜びで父を歓迎するのの。公園行きの顛末を楽しそうに報告している。

 

 

 

 

 

 

 

なんか、腑に落ちないのは私だけっすかね…

不便なくらし

日本もこの時期にしては記録的な寒さが続いているようですが、こちらもこのところ寒いです。慌てて持ってきた冬の服たちがなんとなく役立っているので少し嬉しい…

 


火曜にやっと航空便が届いたが、学用品がメインで生活にすぐに役立ちそうなものはセラミック包丁2本と取っ手の取れるティファールの鍋くらいだった。

初めに航空便に乗せるつもりだったまな板、ののの食事椅子、枕、ベッドパッド、ベビーサークルにベビーガードなどは「荷物を減らせ」の強迫観念の挙句にいつの間にか船便にうつっていた模様…

 

結局送りたかったものを全て送って、その上に買い物を上乗せしてもまだまだ荷物に余裕があったんだよね…

「これじゃあ会社の限度額の2倍以上の量ですよ」「もっと減らせませんか」「なんでこんなに衣類が多いんですか。みなさん夏服しか持って行きませんよ」「実家にもっと預かってもらえないんですか」「航空便をもっと減らさないと…」

 

すべて担当の引っ越し業者が私に言ってきたことだ。このせいでたくさんのものをあきらめ、苦労して処分してやってきたが、結局は今自分が不便な目にあっている…

 

怒 (ノ`Λ´)ノ・・・~~┻━┻

 

いや、それに屈した自分が悪いのか…

今は船便の到着が待ち遠しいわ…

 

先日航空便を届けにきたこちらの引越業者の方。荷物を持ってくるなり、「ハノイは東南アジアで一番暮らしにくいところです」「学校でランドセルなんて必要なんでしょうか」とこちらの気分を逆撫でするような発言を連発。本人はもうすぐ退職するらしいが、初めて会った客に対してするような話題じゃないよな。

会社に指定されたところだけど、次回は絶対利用したくないと思った。Y業者。

 

 

遊ぶ3兄妹ものがなくてもなんとなく寄り集まって遊ぶ子どもたち。

床は石でまだお座りも不安定なののが倒れると危険ということで、りんりとりりりが考えてこんな感じにレイアウトしていた。

 

四面楚歌ソファのクッションで四方を囲む戦法。これならお座りの姿勢でくるくると方向を変えるののにも対応できる。なんとなく基地みたいでののも満足げ。

ののの着替えとおもちゃはできるだけ手荷物で持ってきたつもりだったが、すっかり飽き飽きしているようで、最近はダイの本のカバー、おんぶひも、PCケーブルなども餌食になっている。せめてハイハイでも出来るようになればもう少し暇つぶしが出来るのにねえ…うつ伏せがとにかくキライなので、寝返りしてしばらくすると大泣きするのだ

思えばりんりもつかまり立ちをしてからよつばいを始めた人だった。のの、りんりと性格が似ているのか?

 

いやしかし、子どもたちも困っているけれど、私も困っているのだ。食器!家族全員がごはんを食べられない量の食器。入れ替えせいにしないと足りないのだ。船便で到着することが分かっているし、こちらで気に入った食器というのも見当たらない。いつまでも紙皿使ってるわけにも行かないし。

 

今日発掘しなくてはならないもの。

自分たちの証明写真(ないかもしれない)

 

買い物に行ってもどうしても見つからないもの(追加)

泡立て器

 

こんなものを食べてます

うちには洗濯機と乾燥機がついてます。日本では洗濯機オンリーだったのでこれはスーバラシイ。

 

しかし、洗濯機置き場にコンセントはひとつ。洗濯機置き場はベランダなので、延長コードなどをおいて雨などで漏電するのも心配。どうするか?

 

 

 

 

 

そんなもん、使うたびにコンセント差し込みなおしだ!!

えっへん。(→いばるところでもなしorz)


ベトナムからのブログ第一弾で何人かの方に「どういうものを食べているの?」と聞かれましたが、こんなもので暮らしてます。

27日の朝食

 着いた翌日の朝食。

 虹色のシリアル(りりり命名)いかにも健康に悪そうだ…青いボトルはネッスルの牛乳。とっても濃くておいしい味。しかし、おとといからうちの売店ではパック入りの違うブランドに変更されてしまった…

右のお皿はパンケーキミックスで作ったパンケーキ。ヨーグルトは甘すぎた…

 

インスタントゼリー 杏味

間違って買ったインスタントゼリーミックスが意外と美味!食器がまだ届かないので、紙コップが大活躍中。

 

 

 

こんなおやつを食べた

こんなお菓子も売ってます。スゲーぜ、明治!

フツーにおいしい。コアラのマーチのパンダ版といった感じ。空手するパンダ、ボーリングするパンダなどがプリントされていたらしい。津波のごとくなくなったので、確認できず。

 

 

31の昼食

レジデンス1階にはイタリアンレストランが入っており、電話1本で部屋までお届けしてくれます

ピザ大好きのりりりは大喜び!パスタもいける!パスタの種類が選べるのが日本と違うところか?

 

 

高いけれど日本食レストランも宅配弁当があるし、金に糸目をつけなければ日本と同じものが食べられる感じ?輸入物が置いてあるスーパーには、日本食も色々と売っているので、昨日の晩は切り干し大根を炊いたし…

コンビニやファストフードがないから(ケンタッキーとロッテリアはある)、その分の無駄遣いをしなくなって、日本にいるときと出費はトントンか…?

 

いや、まだまだ奥の深い世界のはず。これからも調査を続けます!

洗礼を受ける

やかんとコップは無事にゲットできました。

しかし、買ったやかん、取っ手が固定されていて使いづらいことこの上なし。それがベトナム。

 

 

そして今度は洗濯ものを干す紐を捜しています…

 

 

どこにもねえ…


おととい、早速私だけベトナムの洗礼を受けた。

そう、激しい下痢と吐き気に見舞われたのだ。

夜中に胃に激痛が走り、我慢しきれずにダイを起こし、トイレへお百度参りを繰り返した。気温30度近くあるのに、体が冷え切っていて寒くて仕方がないが、熱はない。背中、特に胃の裏側が引き絞られるように痛く、脱水症状に似ただるさと気持ちの悪さ、手先の痺れまで出てきて、一時は「けっこうやばい」と思った。

 

こういう症状は、体内の毒気が抜けるまで出し切った方がよいと昔中国に行く前に受けたレクチャーで聞いたことがあり、薬は飲まずにとりあえず白湯と塩を舐める。下痢で水分とともに塩分も失われると聞いたからだ。もちろん絶食。売店が開くと同時にダイにポカリスウェットをあるったけ買ってきてもらい、お湯で薄めて点滴するようにゆっくりと、しかし大量に飲んだ。

 

ダイも仕事を午前中で切り上げて、子どもたちを診てくれたため、私はひたすらトイレ→ポカリ→寝るのトライアングルローテーションを繰り返し、一晩でなんとか回復した。しかし、今度は原因不明のまぶたの腫れと痛みが…orz

 

これも一晩寝たら大分落ち着いてきた。多分疲れがどっと出てきてるんだと思う。1週間ずれていたら、今度は新学期が始まっているのでもっと大変なことになっていたはず。今具合が悪くなってよかった~。

 

不幸中の幸いは子どもたちが元気なこと。ののが少し風邪気味だが、りんりとりりりは元気そのもの!先日までとは全く違う理由で家から全然出られなくなってしまったが、なんとか日々過ごしてくれているのでとても助かる。親孝行な子どもたちだ!

 

 

この洗礼、中国でもやはり住み始めて1週間くらい経ったときに受けたなあ。あの頃住んでいた町には日本語の通じる大きな病院もなく、ダイも引越したてで(ダイは中国で一人で1度引越している。上海→杭州)不案内で、やはり家で耐えるしかなかった…しかも、私のために休んではくれなかったし…

 

その頃に比べると、ハノイは日本人の医師がいる病院もあるし(産婦人科だそうだが)、隔日で日本人の通訳さんもいてくれるらしいし、ダイは半日だけど休んでくれたし、恵まれているんだと思う。

 

もうね、こちらに来てどんどん「幸福に対する基準のハードル」が下がってる気がする…

でもこれでいいのだ!ここは外国!日本と同じもの、日本と同じ環境や待遇を求めたらいかん!

 

てなわけで、無事に生還しつつあります。ご心配なく~

 

りんりも(BlogPet)

こないだ、piyomaruが

りんりも、「はやくベトナム行ってレゴやりたい!」と少々着いな動機ながらモチベーションが上がった様子でよかった!
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バビ」が書きました。

Calendar

03 ≪ 2007/0405
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。