いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑の中

外に出ると肺までやられそうな暑さが続いています。

こんなとき、日本だと夕立が降るとすっきりするんでしょうが、こちらで夕立があるとミストサウナのような状態に…

 

ただでホットヨガができると思います。


紅子ちゃんのいる生活にもやっと慣れてきたこのごろ。

今日は紅子ちゃんの初給料日です。

ということは、支払うのは!!

 

おお、人生の中で誰かに給料払うことが自分に起きるとは想像もせなんだ。なんだか私がドキドキします。

 

さて、最近、こちらの巷では夏休み、いつ帰省するかで盛り上がってきています。我が家は8月に入ってから帰省することを予定中。1日を避けて。おかあさん、ごめんなさい。

日本のお友達たちに何かお土産も買っていかないといけないと思っているのですが、いかんせんこちらに日本の目も舌も肥えた方々が喜んでくださいそうなお土産が存在しません。ああ、どうしよう…

 

子どもから子どもへのお土産なんて、高価なのにチャチかったりしたら意味ないしなあ。ベトナムっぽくかつ手ごろなお土産って実はあんまりないんですよね。香草味とかドリアン味とかタマリンド味のお菓子とかを買っていって、皆さんの不興を買ってみるか?

 

さらに追い討ちをかけるように、来週からまた怒涛の学校行事が始まります。水泳学習発表会、親睦会、授業参観に個人面談…

ああ、めんどくさい…いやいや、そんなことを言ってはいけないわ!!毎日がんばってる子どもたちの姿を見に、がんばって行かなくては!!

いやでも最近あまりの暑さに時々意識が遠くなったり手先がしびれたりするのですわ…私も低血糖気味か?飴舐めてがんばりまーす!!

スポンサーサイト

初めてのお誕生日

お誕生日ケーキ―オレンジのババロアと手作りクッキー昨日は、のの初めてのお誕生日でした~

あの怒涛の出産からもう1年経つなんて、自分でも信じられない気持ちです。

さらに言うと、一昨年は存在すらしなかったなんて!!!

 

こんな過酷な毎日のなか、特に大きな病気もせずに1歳を迎えたのの。ののが健康でなかったら、私もダイもベトナムへ引越なんて考えられなかったと思います。本当にありがたいことです。

ののちゃん、もう赤ちゃんというよりも幼児という感じになってきました。

伝い歩きはお手の物、移動のときは高ばい(ひざをつかずにするハイハイ)で、あっという間にどこでもいけます。最近は5秒くらいなら二本足で立てるようになり、大変に自慢げです。

バイバイ、ありがとう、こんにちは、おつむてんてん、いいこいいこ(自分で自分の頭を撫でる)、いけません(自分で自分の頭を叩く)、好き好き~(好きなものに頬ずり)など、できる芸も増えました。

 

おどろいたのが、「シンチャオ!(ベトナム語でこんにちは)」と言うと手を振ること!毎日エレベーターのセキュリティのオネエサンに手を振りながら言われていたので、覚えたんですね~。紅子ちゃんも来たことだし、これからはバイリンガルの道まっしぐらか?

 

いや、ベトナム語と日本語のバイリンガルでいいのか???

 

ま、なにはともあれ、昨日は去年の罪滅ぼしかダイが有給を取ってくれたので、ハノイで一番おいしいと評判のおすし屋さんの個室を予約してランチをしました。

初めてのお誕生日はレストランでののは食べられない刺身盛り合わせ仕方がないからカメラケースを食べてみる

 

 

 

 

築地から直送されてくるというお刺身、大変おいしかったです!おすしだけでなく、餃子やお好み焼きもおいしかった!

刺身の食べられないののは、もっぱら突き出しのスパゲティサラダとお味噌汁を食べていましたが…

一体誰の誕生日なんだか

 

ランチの後は近くのデパートでののの誕生日プレゼントを買いました。木製の楽器セットにしました。木琴がとくにお気に入りの様子だったので。

本当は愛子様もご愛用した「カタカタ」を買ってあげたかったのですが、ののに見せたところコワそうに固まってしまったので、とりあえず保留になりました。

このデパートに新しく出来ていたいつも行きつけのカフェの支店でお茶をしたら、さっきたらふく食べたはずの子どもたち、フライドポテトを貪り食ってました…

一番おいしそうに食べてたのは、のの。お寿司、食べられなかったもんね。

 

さて、夕飯の後では、お誕生ケーキにろうそくを1本立ててお祝い。ののも食べられるように、ケーキはオレンジカスタードのババロアにしました。そして、りんりとりりりがののちゃんへのプレゼントに作った型抜きクッキーを飾りつけ。

お砂糖控えめのほろほろのクッキーは、ののもおいしそうに食べていました。りんりとりりりも作った甲斐があったと大満足。

 

お誕生日おめでとう、ののちゃん!これからも大変なことがいっぱいあると思うけど、みんなで助け合ってがんばって行こうね!!

 

つか、ののが一番たくましく育っている気が…

たまにはしんみりと…

皆さんに聞きたいことがあります。

ベトナム産の牛肉とアメリカ産の牛肉とオーストラリア産の牛肉、一番安全なのはどれでしょうかね?

 ここで考慮しなければならないのは、「ベトナム産はたまに水牛だったりするかもしれない」「オーストラリア産と書いてあるのが嘘かもしれない」ということでしょうか…


じゃあ、喰うな。

 

という皆さんの声が聞えた気がします…

そうですよね…orz

 

 

 

この間書いたりんりの学習について。

先日、小さなホワイトボードを購入し、りんりがその日にやらなくてはいけないことを書いて机においておくことにしました。

ただの勉強の指示などだけですが、ノルマを課せられることが好きな人なので、うれしそうです。

心なしか勉強する姿勢も変わってきたような…

やっぱりやることをやった!とはっきり分かるのがいいんでしょうかね。早くこうしてあげればよかったと思いました。

勉強の進め方もダイとりんりと3人で相談して軌道修正したので、これでしばらく様子を見ようと思います。さあて、次はりりりの勉強もどうにかしなくては。とにかく、今の彼女の興味は、髪の毛とお洋服と漫画にしかありませんから…

 

 

 こちらに来て3ヶ月。あっという間に過ぎましたが、さっそく学校では生徒の異動があるそうです。

1年生に今月2人入ってきて、1人帰国、4年生は3人帰国されるとか。

先日親睦会でお世話になった方も帰国されるそうで、新参者の私でもさびしい気分です。 いつかは必ずお別れしなくてはならない方たちだと思うと、出会いの一つ一つを無駄に出来ないなーと感じます。

 

おとといりんりのテニスのコーチが着ていたTシャツ。

「絆」と「一期一会」の文字が。

日本人の生徒さんから送られたそうです。ほんとにそうだよなあーと思いました。

 肝心のコーチが全然意味分かってなかったんですがね…

 

 

子どもたちの進路のことなど先のことを考えると、「本当にここにいていいのか?」といまだに不安になることもありますが、今は「家族そろって生活する」という我が家のモットーを実践して行くしかないと思っています。

ダイの帰宅も日本にいたときよりも格段に早いし、子どもたちの中でお父さんのウェイトが確実に重くなっています。

特に、これから難しい時期に入ってくるりんりには、これからもっと「お父さん」の比重が高くなることでしょう。 お受験のために来年あたりからりんりの同級生は減る一方になるようですが、我が家はその都度みんなでなるべく話し合って、いい方法を模索できたら…と考えています。 お受験のために父親と離れて帰国するという状態をいまだに受け入れられない自分がいるのです。こちらにいなくては出来ない体験の方が、机の上の勉強よりも貴重な気がしてしまって…

まあ、ベトナムの市場で値切り交渉を身につけても、この先の人生でどれだけ役に立つものか…、と言われても仕方がありませんが。

 

人生80年の時代。焦って決めてもいいことないですよね! ね?ね?

ハカイダー参上!

昨日の朝、平和な我が家に(また)轟いた破壊音。

犯人は…

↓本日のテーマソング



ダイだ!!!

 

以前から、中途半端な位置にあるダイニング用のダウンライトに、何度も頭をぶつけていたのです。

もともと、自分の背の高さを全く意識しようとせずにいろいろな物に頭突きを食らわせてきた男です。ここは通らないようにとわざと椅子を置いたり物を置いたりしていても、わざわざ危険な道を歩いていたのでした。


だから、まあこれは自業自得と思われます。

しかし、自分の出勤前にライトに頭突きを食らわせ、家族全員の見守るリビングに破片を飛び散らせた挙句に「あー、よかった。俺が無事で」と出勤していくというのはどうなんでしょうね?

さらに
「よかったね、メイドさん雇ってて。来たらきれいにしてもらって。破片が落ちてるかもしれないから。」とまで。

 

 

えーと、誰のせいで?


りんりたちが登校する15分前のことでした。

ののは食事椅子に座らせていたため動き回らずに何より。

とりあえず大きな破片を拾い、リビングとダイニングに掃除機をかけ、子どもたちのところまで靴を運び、食べこぼしだらけのパジャマのののを抱きかかえてりんりたちのお見送り。
紅子ちゃんが来るまでに再度点検し、紅子ちゃんに修理屋さんを呼んでもらってライトを撤去してもらい、リビングの床を掃除してもらいました。


いや、ほんとにメイドさんを雇ってて良かったと思いました。

これも虫の知らせ?いや、絶対に違う!!


すっかりおなじみになった修理屋さんも「おたくのごしゅじんはせがたかいからぶつかってもしかたない」と言ってくれて、今回はただでライトを撤去してくれました。

 

しかし、そうなるとダイニングテーブルの上に明かりが無く、ここだけ薄暗い。
なんとなく、わびしい食卓な感じ満載です。

はやく新しいライトをつけてもらわなくては。


でも、絶対にダウンライトはつけないぞ!!

 


帰宅したダイは「あー。あのライトがなくなってすごくリラックスできるなあー!」とお喜びでございました。

 

あーら、よござんした。

でも…

何か間違ってないか?

いろいろ無事に解決

先週から、こちらのインターナショナルスクールは軒並み夏休みに入った模様。

朝から元気に(勝手放題に)遊ぶ外国の子どもたちを尻目にスクールバスに乗り込む日本人学校生たち。ちょっとうらやましそうです…

親的には、早くバカンスに行という感じですかね…


さて、懸案だったランチ問題

お友達の家に来ている、日本語ぺらぺらのメイドさんに来てもらって、私の希望を伝えてもらいました。

私「やはり、日本ではメイドを雇う習慣がないので、一緒にランチを取ったりすることはできないので、1時間ランチタイムをあげるから外で食べてきてもらいたい」

紅子「○arbn○××△sruh,n@ri△!!○sitr@y8inma]d:nj○××nd,flhren;ak]a△★d8ivmnr;jkvx]a[tmsm;cp;bfmんじp★!!★△sbb塩cあp@bン;fv、r@ば」あ「いあ;m@」あd「○○nxuf be;auv,shafibnzlvczmw@★★△△!!□□○×xzmnfeu75nbiewnbns;:g9akcispfhnbodhzl△★★△×xmnfuaerimn sjkds7aowpbnhc@kre90hjlbz×○★○!!」

 

 

 

 

通訳さん「えーと、このしと、だいじょぶです。」

 

 

 

 

いや、そのものすごい意訳はどうなのよ?

なんか色々と言ってた気がするけど?

 

 

……

 

…………ま、いいか。

 

まあ、ともかく今はきちんと時間になると外に食べに行ってくれる事になったので、私も1時間のフリータイムが挟めることになってとてもリフレッシュできます。その時間にののが寝ていてくれれば、一緒にお昼寝も出来るし、おきていてもやっぱり開放感がある。ああ、思い切って言ってみてよかったです!みなさん、アドバイスどうもありがとうございました。

 

 

そして、ニューお釜!!(いや、ゲイバーの店名ではなく…)

 

すごいおいしいですよ?

 

さすがコシヒカリ!つるつる、モチモチ、ピカピカです!お米がたってますがな!!

なにより、ののが!

今までおかゆしか食べなかったののが、いきなり白飯をがつがつ食べるようになりました!!

 

スゲー!ビバ、ダイヤモンド釜!!

みなさんもぜひおためしあれ!もう、みんなボーナスで買い換えちゃえ!!

 

 

しかも(BlogPet)

きのうはひまみたいなblogしなかった?
piyomaruはここでpiyomaruがここへblogしたかった。
きょうバビがpiyomaruはひまもblogしたの?

日本人のご子弟ご息女が多く通われるというとあるインターナショナル幼稚園で
?
?
しらみが発生しているようです…
?
?
この辺の感覚は日本の若者と同じなのか、水泡が乾かないうちから登校し、
?
さらに大流行
?
しかも、欧米人たちは感覚が違うのか?こんなところだけ国際人?



*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

おいしいごはんが食べたい!

我が家の炊飯器が、ポップコーンを作っているかのような音を立てるようになったので、ついに本日新しい炊飯器を購入しました。
そもそも、今までの炊飯器は、「炊飯」「保温」の二つの機能しかなかったのです。ダイが単身赴任中に購入したもので、やたらと早く炊き上がる上に芯が残る。

そして私が一番不満だったのが「タイマー設定がない」こと。

毎朝お弁当を作るとき、まず朝5時半に起床して米を研いで炊飯セット。研ぐ用の水は水道水を使ってますが、炊くときはミネラルウォーターを使わねばならないので、水切りも念入りに。なんだかやたらと時間を取られていたのです。

でも、故障してないのに買い換えるのも…と我慢していたのですが、いかんせん炊き上がった米がまずい。コシヒカリを大枚はたいて買ってるのにまずいんです。
日本人としてこれは許せない気持ち。


そこで今日はデパートまで行って、パナソ○ック製のダイヤモンドを練りこんだ釜を使用しているという炊飯器(もちろんタイマーつき)を購入!
メイド イン ベトナムで、価格は1万円強というところでした。まあ、日本で買ってもこのくらいの値段?
しかし、さらに5万円を超える炊飯器も売り場に置いてありました…そんな超高級炊飯器を利用するセレブなベトナム人に会ってみたいものです。


明日はさっそくこれで米を炊きます!楽しみだ~!!タイマーもセットしたし!


ま、紅子ちゃんとのランチタイムについての会合も開かねばならんしのう…
その前においしいご飯で腹ごしらえじゃ。

さじ加減が難しい

昨晩、外食中に酔っ払ったカナダ人女性にののをほめられました…

きっと、「なんて扁平な顔なの!こんなのっぺりした顔の赤ちゃん見たことない!!」とか思ったんだろうな…


そんで、子どももりんりとりりりと同い年で男女構成も一緒だったので、「うちのこと友達になってくれない?」といったら、「うちの子達はフランス語を特訓しないといけないから、フランス語の友達がいいの」と冷静に断られるという…orz

 

ま、いいんですけど。

 

 

最近、毎週恒例となっている週末のりりりの体調不良。今週はおなかが痛いといいうことで、一日中ごろごろ。それに便乗して私もごろごろ。自堕落に過ごしました。

 

そして思う。

 

 

家の中に家族だけって、いいね!!

 

この一週間、もうやたらと変なストレスがかかりまくっていた自分を改めて感じました。やはり私は日本の平凡な小市民でございますよ…

 

 

目下の悩みの種はりんりとりりりの勉強。二人とも平日は予定がびっちりで、すき間に友達との約束をガンガン入れるので、通信教育の時間がなかなか取れません。しかも、二人とも他の子たちが約束して遊んでいるのを黙って我慢できない性格…

 

親としても、親の都合で不自由なところに連れてきてしまったという負い目があるので、子どもが楽しめることをなるべくさせてあげたい。でも、帰国したときに勉強で困らないようにもしておいて欲しい。ジレンマです。

 

りんりは一時期まったく勉強しなくなって、私の言うことも聞かず、いつもイライラしていたのですが、見る見るうちにテストの成績が下がり始め、同じマンションのお友達たちが塾(そう!ハノイにも塾がありました!なんとY谷のテキストを使ってます)に通うようになったりするのを見て、少し意識が変わりました。

今までは、私が覗くと怒り、分からないところは分からないまま、最悪答えを丸写し、という姿勢だったのが、分かるようになるまで聞きにくるようになりました。ここで意欲を削がないようにうまくダイから勉強を教えてもらう流れになってくれると、一日のリズムが出来ていいと思うのですが、何度言っても仕事から帰ってくるとすっかり自分の使命を忘れてしまうダイ。さらに自分が疲れているので非常に機嫌悪く教えるので、こちらが聞いていてげっそりすることがしばしば…

 

塾には行かせず、家で親が勉強を見てあげようと夫婦で話し合って決めたのだから、私だけにやらせずに自分も協力しようときちんと意識してもらいたいものです。何かにつけて育児は全部私に丸投げの姿勢が見え隠れして、すごい疲れます…

 

さらに今問題なのが、りりり。疲れも手伝って、最近は宿題もいい加減、通信教育は放りっぱなし、ピアノの練習もしません。毎日帰りのバスの中で友達と約束を取り付け、カバンを放り投げてそのまま遊びに行ってしまう。

そしてそれを怒っていると、大抵ダイが「まだ小さいのにカワイそうだ」とかばい、りりりは涙をポロリ…

 

 

しかし、母は知っている。

 

 

その涙が父の前だけで流されることを!!!

 

 

 

いつもは泣きもせずに私をたたいたり、蹴ったりしているでしょ!りんりを叩いたりもしていることも知っている!ダイがりりりに甘甘なのを熟知したこの犯行に、毎日イライライライラ…

 

ああ、女の子の方が手におえません…

 

 

そんな兄姉を見ながら育つのの。

 

呼ばれると笑顔を返しながら、食事は全て手に持ってぶん投げ、お茶を振り回し、おもちゃを投げ、人の顔を見ると引っかき、つねり、ソファの上でつかまりだちをしながら人の目の前でわざとムーンサルトで落ちようとし…

ああ、末恐ろしい…

いつになるやら…(修正版)

今日は紅子ちゃんがお弁当を持って来てくれたので、結局二人で家で昼食をとりました。

とりあえず、おごりはなしだった…


でもやはりこれはストレスなので、皆様の意見にもあった通り、来週お友達の家に来ている日本語ぺらぺらのメイドさんに手伝ってもらって、ランチタイムは外で取ってきてもらえないか話そうと思います。いつもいろいろと相談に乗っていただいてありがとうございます、みなさま!!

 

たとえば、うちでお友達を招いてランチをとったりすると、彼女が食べる場所も無くなってしまうし、お互い気疲れしてしまうと思うし。やはりメイドであれば雇い主の意見に従うものでしょうと言われました。そりゃその通りだ。

 

 

さらに今日はのののおもちゃをピックアップしてきて、「こういうおもちゃはベトナムにないから、日本に帰ったときに買ってきてもらえないか。お金は払うから。」とか言われました。

まあ、どっちにしろなんかおみやげ買ってこようと思ってたので、そのくらいいいかと思ったんですが、選んだおもちゃが日本でもけっこうな価格の高級品ばかり。話し合いの結果、探してみて彼女が買えそうだったら買ってくるということになりました。

しかし、そのほかで一番欲しがったのがマックのハッピーセットのキャラものおもちゃ。

絶対日本でマックに行くから、ただであげてもよさげなもんですがのう…

しかも、かなりな確率でこちらで作っていそうな罠。

そして、ののの面倒をみてもらいながら、「これ、いいなあ…」とか思ってるのかなあーと思うとなんだかちょっと不安がよぎります。魔が差したりしそうで…「いっぱいあるんだから一個くらい盗ってもわかんないんじゃん?」とか思わないとも限らない。現にピックアップしてるくらいですから。

そういうことがなくても、これでこれ以上要求がいろいろとエスカレートするようならまた対応を考えなければ。

まあ、もうしばらく様子を見てみます…

 

長年メイドを使ってきたベテランママさんにいろいろとお話を教えていただいたので、これからがんばろうと思います。仕事ぶりは文句ないんだし。こういうことが積み重なって、お互いの距離がつかめるか、これで縁が切れるかってことなんでしょうねえ。

 

しかし、同年代の子どもを持っていると、ののを見て自分の娘を思い出したりするんじゃないかなーと思っていたんですが、案の定そうなりました。

 

メイドマスターへの道は、長く険しそうです…

 

 

さらに、昨日の電話修理に引き続き、今日はベランダのドアの修理が必要になりました。ドアストッパーが先日のカミナリのときの暴風で壊れてしまい、開かなくなってしまったのです。

これもまとめて紅子ちゃんを通じてろなうに電話。先に修理して後から清算してもらうことになりました。なんだか毎日どこかしら修理の日々で落ち着きません…

 

 

それから、すごい勘違いを発見!!

 

7000ドンが1円じゃなくて、 700円が1ドンだった!!!

 

 

これも間違ってました!正しくはこの記事のぶんママさんのコメントを参照してください!!(スゲー人任せ)1000ドンが7円だって!!言い訳すると、普段ドン-ドル換算しかしないので、円でいくらという計算が頭で出来ない上に、手持ちのガイドブックにも載っていなかったので分からなかったのでした。日常で大事な清算の場面はドルで、普段はドンを使ったりもしますし。ぶんママさん、ありがとう!おかげでこれから私、もっと節約上手になれそうです!!いやいや、この通貨感覚に慣れるのも時間がかかりそうですわ…

みなさん、すまん!!!

ε=ε=ε=ε=ε=ヾ(;゚ロ゚)ノ ニゲロォー!! ピュー

デフォというにはあまりに過酷な…

このところ、毎晩すごい雷雨に見舞われているんですが、火曜日は特にすごかったんです。

まず、夕暮れ時から始まった暴風で、我が家のチャチなベランダへのドアがロックされていたのに突然オープン。あまりの勢いでつけてあった洗濯ひもが千切れました。

 

さらに、寝室側の窓は全て同じ向きを向いているのですが、こちらから吹き付けてくる暴風雨により、雨が流れ込み(もちろん窓はロックしています。目地が全く入っていないのですき間からガンガン水漏れするだけです)、床に小さな池が出来ました。

 

そして極めつけの連続カミナリ。どんどん音が大きくなってくるなーと思っていた夜7時過ぎ。

 

ズガーン!!

 

というような突然の轟音とともに窓一面がビカッと光り、同時に我が家の電話のあたりで「ビキビキッ!!」とステキな音がしました。

 

一家団欒の夕食が台無しになる仕様です。

 

調べてみると、電話線がダウン

すぐにダイがレセプションに言いにいったのですが、やはりうちのマンション自体に落雷していたらしく、さまざまなクレーム対応に追われていて満足な返事がもらえなかったということでした。

 

結局、ダイが何度言っても埒が明かず、二日後の今日、紅子ちゃんに頼んでレジデンスの修理工を呼んでもらい、直してもらいました。電話線をつなぐジャックの差込口にある、ICチップのようなものがショートしてしまっていたそうで、交換したらすぐに直りました。あーよかった。紅子大活躍の巻!!

ネットが使えなかった2日間、なんだか世間から置いてけぼりを食らったような気分でございました…

あと、大枚はたいて購入したファックス付き電話がこんなことで壊れてしまったらどうしようと気絶しそうな気分でした…(ここは社会主義国なので、一般市民が簡単に手に入れられないように、高級家電は日本で買うのと同じくらいかそれ以上の値段がするのです…ex.携帯電話-安くて1万円前後くらいから)

 

 

どうやらうちで当面働いてくれそうな紅子ちゃんですが、いつも迷ってしまうのがランチタイム。今まではなんとなく私がののと食事をしている間、彼女が仕事していることが多く、私は勝手に先に食べて、その後しばらく寝室で私も休憩していました(人の目があると心から休めない小市民)

 

しかし今日はたまたまののが早く寝てしまったので、一旦寝室に入ったものの、ちょっと思い直してダイニングに向かうと、紅子ちゃんが食事中。そしてベトナム語で私に何か言ってくる。

「食事を一緒に食べましょう」と言っているようでした。

しかし、今日はすでに食べてしまったので、「明日ね」と言うと、「外に食べに行くの?」と聞いてきた。

 

いや、行きませんからorz

 

ここで食べるのよ。と言ったんですが、果たして彼女はどう受け取ったのか。

いまさらながら不安です。

 

?私が作ってあげて一緒に食べる

?彼女が作ってくれて一緒に食べる

?彼女はいつもどおりお弁当を持ってきて、わたしもいつもどおり昼食を用意して、それをただ単に一緒に食べる

 

切実に?を希望しています…!!!

 

さらに、「ベトナム語を習おうと思ってるの」と言ったらば、「私が教えてあげる!」と延々とベトナム語会話に…

 

 

えーと、あなたと話が出来るように、他の人に習いたいんですわ…

 

 

 

異文化コミュニケーションって、難しいね…この辺の展開が中国生活とほぼ同じで不安を感じます…ああ、どこでビシッと線を引けばいいんだ…

そして突然トンズラされることを恐れて少し躊躇してる自分がいけないんだろうなあーと反省してみたり。

 

あと、食後は昼寝希望の私だ。

命名したら呪に縛られて居つくのではないかという予想

今日も来てくれました、メイドさん。

こ、これは、もしや毎日来てくれるのか…??

期待をこめて彼女に(勝手に)ブログネームを捧げます。


命名  紅子(べにこ)ちゃん

 

いや、単に彼女の本名にちなんだだけなんですが。

今日は約束どおりほうきを買ってきてくれた紅子ちゃん。小さい身体でよく働いてくれます。ほうきで掃くと、想像以上に砂が家の中に入り込んでいることが良く分かります。ビバ、サッシと壁のすき間がきちんと埋められていないベトナム住宅!!

 

ほうきとともに持ってきたのは彼女が使っていたベトナム語-英語辞典(英語-ベトナム語も)。これでこれからのお互いのコミュニケーションももっと濃密に取れるかも?

 

そして今日は午後から紅子ちゃんとののとスーパーに行ってみました。

 

黙っていてもタクシーの運転手に買い物が終わるまで待ってるように言ってくれてたり、ののの面倒を見てもらったりと、こちらに来て初めてゆっくり買い物が出来た気がします。もう少ししたら、ののを置いて私だけで買い物もアリかも…と淡い期待を持つ私。

 

いやしかし、家の中に知らない外国人がいて、その人を使用人として使う生活というのは、想像以上に変なストレスも生まれるものですね~。

貴重品の管理はもちろんですが、勝手に掃除されては困るものをあらかじめ片付けておいたり、自分で出来そうなことでも知らないふりをして置いておいたり…

 

たまたま生活環境が異なってしまっただけで、根は一般的な日本の小市民ですからね、いきなりふんぞり返って指示とかなかなか出来ません

これも慣れるしかないんでしょうねえ。周りの方の話によると、2,3ヶ月で慣れるそうなので、まあ、秋口には偉そうにふんぞり返って指示を出す私がいるものと思われます…(それもどうかと

 

さあ、どうするpiyomaru?明日はどっちだ?!

 

 

続・メイドさんがやってきた(続かないで欲しい希望込)

今朝は5時にパッチリ目覚めました。

原因は…


カ ミ ナ リ !!

 

 

天地を揺るがすかのような大音響のカミナリでございました…マンション中の人が今日は早起きだったと思うね!だって、私真剣にうちのマンション壊れたと思ったもの。

 

 

まったく、今日は大事な日なのに縁起でもない…

 

 

そう、今日からろなう紹介のメイドさんがやってきたのです。

 

ええ、もちろん面接時の一番初めに名前を聞きましたとも!!

 

今度は(くくぅっ)、29歳、9ヶ月の娘さんがいます。前職は幼稚園の先生だとかで、ののを見てもらうにもうってつけ。

あとはね、うちで長く働こうと相手が思ってくれるかどうかってことで…

 

 

しかし、ろなうご推薦だけあって(以前ろなう宅で働いていたことがあるそうで)、まじめで丁寧、しまり屋さん

 

「掃除機かけてくれる?」と言ったら、

「明日、ほうきを買ってきます。ほうきの方が床を傷つけないし、隅々までほこりが取れるし、電気代もかかりませんから。私が明日ほうきを買ってきます。」

じゃあ、スーパーに一緒に行こうというと、「スーパーは高いです。安く買えるところで買ってきます。とても安いから、お金は私が払います。」

 

おお、けなげな…

いやいや、これも作戦か…?(←何のだ)

 

ゆれるオババ心でござるよ…

 

でも、前のメイドさんよりも仕事は丁寧できれいなことは確実。ランチも持参してくれるので、私が昼を挟んで外出するようになっても、メイドさんのお昼を心配する必要もないし。

 

ののはというと、初対面でこそ泣き叫び、ピンタを連発していましたが、昼寝して起きたら上機嫌で遊んでもらっていました。りりりを迎えに行くときも、ののを置いていっていいというので、ためしに置いていったら、二人で楽しそうに遊んでくれていて、帰り際もニコニコとバイバイまでする始末。

 

いやもうほんとに、後はうちに居ついてくれさえすれば…

 

 

とりあえず、多分明日はほうきを買ってきてくれることになっているので、来てくれるはず。もし今週毎日来てくれたら…

 

 

ああ、オバサン期待してしまいそうよ…

 

 

とりあえず、丸一日丁寧にお掃除してもらった家の中、とっても居心地がよいでござるよww

もうこれだけでも儲けもんなのかも…(大変弱気)

きょうはblogしないです(BlogPet)

きょうはblogしないです。


*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

豆腐屋の野望

おかげさまでりりりはすっかり元気になりました。

最近の習慣というと、週イチで市場へ買い物が加わりました。

お目当ては以前にも書いたお豆腐。月水金のみ作っているそうで、大抵毎週水曜の朝はお豆腐を買いに出かけます。

お豆腐は木綿豆腐。豆乳も売ってます。

豆乳1000ドンお豆腐も豆乳も1000ドン。ちなみに一緒に映ってるのは500ドン札。1円が7000ドンだから1000ドンっていうと~…まあ、そんなとこです。

私は大豆に軽くアレルギーがあるので、豆乳ももちろん飲めませんが、この豆乳で抹茶豆乳プリンを作ったところ、子どもたちに好評だったので、また買おうと思っています。

 

そして、おからも希望するともらえます。っつーか、以前はもらえたんですが、「日本人はおからを食べる」と知ってしまった豆腐屋、なんとおから一袋1000ドンで売り始めました!

おお、これは暴利といえるのではないでしょうか。豆腐と同じ値段ですぜ。

しかし、買ってしまう日本人の悲しい性…1000ドンだしな。

 

おから、大抵は演歌歌手のような風貌のおじちゃんが袋でつつんだ片手にすくえるだけ入れてくれます。この間は800gほど入ってました。

おからの炒り煮もしたんだけど、いっぱい余ったのでちょっとスィーツにも。

おからでお釜ケーキwith自作あんこおからのケーキにしました。炊飯器でポンってヤツです。日本の母から小豆を送ってもらったので、半日使って作ったあんこを添えて。

おいしゅうございました。

おからは冷凍できるとお友達から聞いたので、冷凍してまたお菓子に使おうと思っています。

 

しかし、豆腐屋…

いまでも3階建ての家に住み、液晶大画面テレビとボーズのスピーカーを持ち、ずいぶん裕福そうな暮らしに見えるのですが、おからが金になると分かってしまってまた野望が膨らんだ様子…

豆腐だけでどこまで金持ちになれるのか、見守りたいと思います…

今日も暑かった…

りりり、倒れる…il||li _| ̄|○ il||l 

いやもう毎日がハードすぎるなあーと感じてはいたんです。でも、土日は休んでいるし、なによりも本人が楽しく過ごして欲しいと私が考えてしまったのがいけなかった。

 

 

昨日の夕方、お友達のお母様が連れて行ってくれたレジデンスのプールサイドで少し戻してしまったと帰ってきたりりり。

熱もなく、鼻水も咳も出ておらず、ただひたすら頭痛とだるさを訴え、何かを食べると吐いてしまう。夜中にも一人で起きてきて、吐いてしまったので今朝は学校を休ませて病院へ。

もともと今日はののの予防接種のために病院に行く予定があり、たまたまダイの会社の車を回してもらうことになっていたのがラッキーでした。

予約を取り、病院へ向かう道すがらもぐったりとシートに寝転ぶりりり。タクシーを拾わなくてはいけなかったら大変だったなあーと思いながら病院へ到着。

 

入れ違いに日本人通訳のNさんが「すみませーん、これから外出なんです~」とお出かけに…

 

ということは、ベトナム人の日本語通訳Lさんだけですね?

 

 

さて、Lさんに「きょうはどしましたか?」と聞かれ、「娘が具合が悪いんです。昨日の夜は何度も吐きました。」と答えると、

「はきましたか?」

「はい、吐いたんです。」

「はいた…

 

 

歯が痛いですか?」

 

 

 

……

 

「歯は痛くありません

 

案の定、もどかしい会話を繰り広げつつ、待つこと30分。何でも緊急手術が入ったとか。やっと診察室に呼ばれて行ってみると、また見たことのない外国人医師が。しかしとても優しそうで私にも分かりやすく英語をゆっくりと話してくれて助かりました~。

 

なんでも、「のども赤くなく、熱も咳も鼻水もないのに頭痛と吐き気がするというのは少しおかしい。これから尿検査と血液検査をして、1時間くらいで結果が出るのでその結果を見てもう一度診察をしましょう」ということ(多分)

 

また尿検査…

 

もうりりりも手馴れたもので、容器を受け取ると勝手知ったる病院のトイレへ。一応私も付き添って、採取を済ませて廊下に出るとなにやら物々しい雰囲気。

 

ストレッチャーがおいてあったので、また緊急の患者さんかしら…と思いながら検査室へ行こうとすると「のー」と遮られてしまいました。

検査用の尿を握り締めたままどうしたらよいかと立ち尽くす母子…

そこへやっとLさん登場。なにやら他のナースたちと相談し、別室に連れて行かれました。「いま、なくなった方がいて、しんだからだをはこぶところです。こどもはみせないほがいいとおもたので、ここですこしおまちください」とのこと。

 

しかし、日本ではこういうとき、専用の出入り口があって他の人は病院で普段無くなった方を目にしないように配慮されているのですが、こちらではそうではないんですね、やっぱり。まあ、日本は日本でちょっと行き過ぎのところも多々ありますが。

 

 

そうこうしているうちに次はまた別室へ。ベッドに横になり待っていると、ナースが二人やってきて、手にしているのは点滴セット。

 

点滴?

 

「けんさのけっかがでるまでてんてきします。」

聞いてませーん。点滴は1時間くらいで終わるとナースが言うので、とりあえず運転手さんにはランチを取りに行ってもらいました。私もおなかが空いたなーと思って、何か買って来る間りりりを見ていてもらおうと(何しろそんなに長く病院にいる予定がなかったので、ののの食事も用意してこなかった)受付に行くと、受付嬢が「おーけー。ゆーわんとでりばりーめにゅー?」とメニューをくれました。

 

病院に出前?

 

まあ、助かります。私的にはいつも気になっていたデリのランチを食べたいところでしたが、娘が病気ですから、日本食のお弁当をオーダー。

ののもりりりの足元ですっかり昼寝してしまい、なんだか半端にまったりとりりりとランチを食べました。

点滴のおかげか、吐き気も訴えず、好きなおかずをつまめたりりりに少し安心。そこへ先ほどのドクター登場。手にはチュッパチャップス

「検査の結果血糖値がかなり下がっていたから、この飴をゆっくり舐めて。食欲が出てきたのはいいことだね!沢山飲食しなさい。点滴は4時までやるから、僕は4時にここに戻ってくるよ。しーゆー!」

 

「さんきゅーしーゆー」

…って…

 

 

4時ですと?

 

 

「息子が学校から帰ってきてしまうんですが…」うろたえる私。

「オー、かのじょはおーけー!あなたはいったんいえにかえって4じになったらくればいいじゃないの」と明るく答えるナース…

 

通訳もなく、英語もベトナム語も分からず、テレビも本もない病室でベトナム人ばかりのナースたちにりりりを託すことにものすごい罪の意識がありましたが、ダイは仕事で抜けられず、運転手は午後には返さなくてはならず、ののもおなかが空いていて、なによりりんりはこの状況を全く知らない。

 

しょうがない、一旦家に戻ることにしました。涙目のりりりをひとまずトイレに連れて行き、用さえ足しておけばとりあえずなにか急変がない限りは大丈夫だろうと判断して、受付と看護婦さんにその旨を伝えて帰宅。

 

鬼母です…

 

帰宅して、ひとまずざっと部屋をかたづけ、りんりに手紙を書き、おやつを用意し、夕方からあるテニスの用意をし、事情を話して家の鍵を同級生のお母様に託し、テニスレッスンを一緒に受けるお友達のお母様にもりんり一人で行く旨を連絡し、ののに昼ごはんを食べさせ、りりりのリクエストのキャンディとおもちゃをもってタクシーで病院へリターン。

りりり、病室に一人でおとなしくしていました。

「かんごふさんは1回しかみにきてくれなかったよ」と不満げ。ごめんね、りりり。

 

そこへ慌ててNさんが登場。「piyomaruさん!まだいらしたんですか?りりりちゃん、どうしたんですか!」娘は英語が話せないのでNさんが帰ってきたら娘に会わせてくださいといちおうお願いしたつもりだったんですが…

 

心強いNさんの登場で、私も一安心しました。りりりもそんな私の様子を見てやっと笑顔になり、キャンディを食べ、おしゃべりを始めました。

4時過ぎに戻ってきたドクター、すっかり着替えてこざっぱりしておりました。

点滴で元気になったなら問題ない。低血糖だったので、甘いものを食べて水分を沢山取ること、と言われてやっと病院から開放されました。私もよく暑い日に無理をして低血糖で倒れることがあるので、りりりは体質が似てしまったのかも。なんにせよ、元気になって何よりでした。

 

ドキドキしていた診察費も、予想よりも安くて一安心。帰宅して、りんりがお世話になっていたお宅へお礼に伺い、レジデンスのテニスコートに向かい、りんりをピックアップしたついでにレストランで夕飯のデリバリーも頼んじゃう。

 

もうね、どっと疲れて何もする気起きず。

 

りりりもそこのレストランのスパゲティが食べたいと言ってくれたので、お言葉に甘えました。スパゲティとフォー(りんりの大好物)とブンチャー(最近私がはまっている)が同時に頼めるのもここのレストランのよいところ。

 

いやー、ほんとに疲れました。りりりが元気になってくれてよかった。明日学校が休みでよかった。

 

ダイは送別会だとかで遅いので、子どもたちとさっさと寝ます。

おやすみなさい…

 

 

楽しげに暮らす      …しかない罠

ブログを投稿しようとすると、こちらのサーバーがダウンしていてアウト、コメントしようとするとライブドアの不具合でアウト…

 

八方ふさがりですな…


いやもうここ10日ほどの暑さはまた半端ないほどになってきました。

おそらく毎日気温36度、湿度80%くらい。しかも、突然訪れるスコール。

 

先ほどは物凄い雷と豪雨により、窓から雨水が入り込み、子ども部屋の窓際が水浸しに…

 

いつもどおり、ベランダの排水溝からは水が逆流。

この逆流が何とかならないかとレセプションに相談した方が、「排水溝にタオル突っ込んどきなよ」と言われたという、有名な実話が存在します。

 

 

 

ええ、もちろん我が家も速攻タオルを詰め込みましたとも!!

 

 

 

昨晩はボイラーの故障で水風呂に入り、今朝はまたキッチンの電球が切れると同時に破裂。朝5時半からキッチン中に散らばるガラスの破片たち…

 

 

 

いや、もうほんとに気が休まりません…

 

 

 

 

こんな暮らしの中で、すこしでも支えあい、楽しみを分け合っていこうと、マダムたちの集いや習い事などがあります。これはこちらでは貴重な情報交換の場でもあり、ストレス発散の場にもなっています。

旦那衆はうちも含めて毎日忙しく、こうやって奥様方が一見楽しげに過ごしているとうっかり「俺なんか仕事で大変なのに毎日楽しそうでこっちに来て良かったな」などという暴言を吐いたりする様子(我が家含む)

 

 

そんな旦那衆に今からとても大切なことをお知らせします。

 

 

楽しげにでもして自分をごまかしていないと、大変なことに気がついてしまいそうな自分がいるんです!(私含む)

 

れっつ集団現実逃避。

 

 

というわけで、朝起きてから夜気絶するように眠るまで、休む間もなく予定を詰め込んでいる、と。

 

 

 

そんなステキな大義名分の下、明日はホテルのランチに行ってまいりま~す

おっほっほほほほ。

 

 

問題は、ホテルに着ていけるような服がないってとこだけでorz

 

そんな私のように困ったあなたには!

 

こちらでは好みに合った手ごろな既製服が手に入らないため、町のいたるところに仕立て屋さんが存在します。その中に、代々日本人が利用している1件が。

先日、初めてそこで市場で購入した布地を仕立ててもらいました。

サンプルをしっかりもっていったおかげか、予想通りの仕上がりに。

これに気をよくして、今日新たに色々と注文して来ました。うちからはけっこう遠いので、頼むときはいっぺんに!!1着のお仕立て代、およそ1000円ほど。生地代混みで2000円前後です。

 

 

その中に、ちょっとよそいきの服が入っているんですがのう…

 

 

 

明日にはもちろん間に合いません!!

 

 

そしてろなうの紹介で日曜日に新たなメイド候補(29歳人妻、9ヶ月の赤ちゃん持ち)と面接をしたのですが…

 

 

 

そのままなしのつぶてです…

 

 

これはどういうことなのか、とかいちいち深く掘り下げてはいけない。

これがここで暮らすコツのような気がします。

 

 

 

てことで。

 

明日はランチに行ってきまーす!(ヤケクソとも言う)

 

 

これもふつーによくあること

ヤモリンを見つけて心温まり、キッチンで朝食の片づけをしていたら。

ここは8階だが…窓から足が。

 

何度も言いますが、ここは8階。

 

 

 

 

 

落ちないでね~!どうやらお向かいのひとつ上階のエアコンを修理に来たらしい。下に見えるのがうちのお向かいのキッチンの窓。うちとお向かいの間にある階段の踊り場の窓から出てきた様子。

足場はおそらく15cmほどしかないはず。

 

私の目の前で落ちないでね~!としばしドキドキしながら見守ってしまったのでした。無事に終了してよかったよかった。

やもりん

真夜中に「ケケケケッ」と声がしたら。

 

 

それはヤモリだ!


やもりん 赤子バージョン私たちの寝室にもいるヤモリ。

先日は洗濯物を干すハンガーに赤子がしがみついておりました。

 

なんだかののを思い出させる小ささと、風にゆれるハンガーに必死にしがみつく姿が可愛くて思わず撮影。

 

夕方見たらもういませんでした。どこに行ったのやら…

きょうバビは疲れにblogした(BlogPet)

バビはここへblogー!
piyomaruで、髪型をblogしたよ♪
きょうバビは疲れにblogした。


*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

落ち着かない…

この週末も色々とやまのように書きたいことはあるんですが…

 


今週いろいろと画策したおかげで、とりあえず明日ろなうがメイドの候補を連れてきてくれることになりました。

 

 

 

 

 

 

もう、土器が旨胸…

いや、胸がドキドキです!!

 

 

このまま私が「気のないふりで見合いをしてみたものの、最初の見合い相手に自分より先にことわられたあげく、虚しく見合いをし続けるパラサイトシングル(長え…)」のようにならないよう、皆さんお祈りください…

 

ただいま、明日聞きたいことを翻訳ソフトで予習中。

 

そういえばこの翻訳ソフト、ろなうからのメールに「She is married,with a daughter.」とあったのを

 

彼女は娘と結合している

と訳していたっけな…

 

 

大丈夫か?私…信用していいのか?このソフトを…

Calendar

05 ≪ 2007/0607
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。