いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りりりの日記から

夏休みの宿題として絵日記5枚を出されたりりり。

書いていたら楽しくなってきたらしく、用紙をさらにコピーしてきちんと毎日続けています。

今日はこの絵日記からちょっと拝借…


7がつ○○にち

 

今日わたしは「つる。」をおりがみでおってそして、飾ろうとおもったけどおかあさんがこういってくれました

「えにっきにはったら?」

そしてりりりはこういいました「さんせい」とね

とてもどきどきしましたとてもとても!!!!

 

<母piyomaru注>

この日の絵日記には、2羽の折鶴が向かい合わせに貼られています。

毎晩日記を書いた後で「書いたから見といてね~!」と言って寝るのですが、この日は最後の「とてもとても」で唐突に終わっていました。

翌朝、「これはどうしてこのように終わってるの?」と聞くと、明るく元気に「あ!続き書くの忘れて寝ちった!!」と答えました。

私は続きを書かせようと思ったのですが、ダイが「なんて文学的な表現なんだ!素晴らしい!」と親ばか全開発言をしたので、びっくりマークを付け足すだけで終了となりました。

 

 

 

 

文学的…?

スポンサーサイト

悲しい出来事

何が悲しいって、先日人に頼んでSDカードからデジカメの画像のプリントを頼んだら、PCで画像が読み込めなくなってたりっつーのが…

それはそれで確かに悲しい出来事ですが、この週末はもっと悲しいと言うか、胸の痛い出来事がありました。

 

 

私のベトナムライフでなくてはならない登場人物、ろなう。ろなうには二人の娘さんがいます。上の子は11歳、下の子は7歳、りりりと同い年です。

一度うちに(突然)遊びに来たことがあり、私たちも顔見知りです。なかでもりりりと下の娘さんは同い年ということもあり、言葉は全く通じないながらもとても楽しそうに遊んでいました。

 

 

 

その彼女が、土曜の夜遅くに亡くなりました…

 

 

紅子ちゃんの話によると、生まれつき心臓が弱かったそうで、今までも入退院を繰り返していたそうです。何度も命の危機にさらされ、そのたびになんとか生き延びてきたのだそうです。

その彼女が、2週間ほど前に大きな発作で倒れ、そのまま昏睡状態になったと聞いていました。ろなうのご主人がシンガポールから医師団を呼び寄せて治療に当たっていたそうですが、そのかいもなく…

 

やせていたけれど、とても元気そうな女の子でした。おかっぱ頭にくりくりの大きな瞳をしていました。ヤマハの音楽教室に通っているとろなうが自慢していましたっけ。

 

今日は彼女のセレモニーの手伝いのため、紅子ちゃんは我が家に遅れてきました。一度会っただけで彼女の名前も知らない私は、ろなうにお悔やみのメールを打つことしか出来ませんでした。でも、同い年の娘を持つ母として、とても胸が痛みます。

なにかと病院と縁は切れませんが、命に関わるような事態にならないうちの子どもたちの奇跡を思いました。

 

どうか彼女が安らかに眠りにつけますように。

あ、あれ?

こちらで過ごす夏休みの2週間、せっかくだからテニスの回数でも増やして子どもたちを発散させようと思っていたら…

いきなり「テニスレッスン禁止」の張り紙が!!

 

なんで~!!と聞いても、とっても偉いマネージャーがそう決めたの一点張り。しかも、決定は先週の金曜にテニスコートのレセプション前に張られた紙のみで知らされるという理不尽さ。なんてことでしょう。これが社会主義なの?!

 

納得のいかないまま今週の月曜、すでに予約してあるテニスコートはキャンセルするのはもったいないと、お友達と相談してそのまま使用することにしました。夕方5時から1時間です。

そして4時過ぎにふと窓からテニスコートを見ると…

 

 

 

レッスンしてますがな!

 

 

しかもうちのコーチです。

 

 

どういうこと~?!と言いながら、お友達とテニスの用意をして恐る恐るテニスコートへ向かいました。子どもたちには「今日はコーチは来ないかも」と言いながら…

 

しかし、夕方5時。何事もなかったようにレッスンスタート。

途中何度も見知らぬ外人ギャルが見に来ました。インド系二人、白人一人。

なんでしょう?この人たちは。なんとかマネージャーの娘か?君たちのせいなのか?と内心沸々と闘志を湧き立たせながらも何事もないかのようにお友達のお母様方と談笑。

 

すると、

 

 

やってきたやってきた、レセプションのお兄ちゃんが!!

 

 

「テニスレッスンが出来ないのは知ってるよね?」

「知ってるけど、何?」

「彼はコーチではなくてパートナーだよね?」

 

「???」

 

 

要するに、このテニスコートで「ビジネスとして外部からコーチを呼んでレッスンを受けてはいけない」が、テニスのパートナーとしてなら外部から呼んでもいい。だから、本当はコーチだけれども、パートナーと言うことにすればいいのだ。と言うことを彼は伝えに来たわけです。

 

なんという究極の屁理屈!!そしてなぜ彼がそんなにまでして私たちの味方をしてくれるかというと、日本人マダムの一人と怪しい仲だから…

 

 

 

 

とかでは全然なく。

 

 

彼はこのレジデンスの社員でありながら、アフターファイブに主に日本人を相手にテニスコーチをしているのです。ただし、腕はイマイチ。なので、りんりより以前からこちらにいたお友達は、このコーチからいまのコーチに変えたという経緯があります。だから、このところ私たちと彼の間には微妙に気まずい空気が流れていました。

 

しかし今!!お偉い何とかマネージャーのおかげで、私たちはついに和解&共同戦線を張ることになったわけです。屁理屈ばんざい!共通のエネミーは人間関係を円滑にするね!!

 

つーことで、当のコーチは全くあずかり知らぬままに、コーチではなくテニスのパートナーとなりました。(表向き♪)今までどおりの時間にレッスンを受けて、レッスン料を払っていますが、あくまで彼はパートナーでございます。ええ、誰がなんと言おうとも!!

 

しかもこの何とかマネージャー、「テニスコートには最大4人の人間しかいてはならない」ということも決定したとかで、コーチを入れると3人までしかレッスンを受けられない仕組み。ボールボーイがいたりすると、2人に…

 

なんすかね?その嫌がらせは

 

しかも、今までメンバーは無料で利用できたプールも、いきなり有料になってました。

 

 

 

ケチだなあ、おい!

 

 

これは、敷地内に新しく出来上がるアパートメントへの入居者に対するけん制の意味があるとか、日本人ばかりが利用しているから日本人を居心地悪くする欧米人の嫌がらせ(何とかマネージャーは欧米人)だとか、色々と憶測を呼んでいますが、真相は闇の中…

 

 

そもそも、何千人も入居できるアパートメントとビラ(一戸建て)があるのに、テニスコートは1面、プールも25mプールが1箇所というのがすでに問題外な気がするんですがね…

 

 

何とかマネージャー様へ。

それならば、近日オープン予定だったショッピングモール、何年経っても出来ない上についにその計画の看板すらなくなってしまったのはなぜですか?ゴルフ場もボーリング場もできるはずなんですよね?いつなんですか?

故障だらけのレジデンスで、管理費を払っているのに修理代を取られるのも納得がいきませんが?

レセプションのおにいちゃん、しょっちゅう居眠りしてるし、頼んだこともすぐ忘れちゃうんですが?

 

不満ならこちらも山のようにありますぜ…

まあ、大方の予想として、半年以内になしくずしに元に戻るという意見がありますので、そうなることを祈りつつ…

今日も無事にレッスン終了

バタバタと終了

あわただしく夏休みに突入しました…

先週の金曜。終業式があり、りんりもりりりも通知表を持って帰りました。「通知表」って書いてある通知表をもらうのは、親子ともども初めてかもしれません。ファイルされて1学期分になっているのは、学期の途中で移動する子どもの多さを物語っています。

 

ハノイ日本人学校はこの2年でほぼ倍の人数に増えたそうですが、秋からさらに増加が見込まれているらしく、夏休み中は校舎の増築工事をするそうです。おもえば、私たちが到着したときも増築工事中でした。さらにりんりの学年はとても多くなるようで、いちばん大きい教室に移動するそうです。1学期に転校していった子が3名いるのに、それ以上に転入生が多くなるんですね。どんなクラスになっていくんでしょう。去年の冬から女子が入ってきていないそうで、女子はみんな女の子を希望しているようですが…さて?

 

通知表、1年生は2段階評価でした。通常出来ていればすべて「じゅうぶんできている」と言う評価になるそうです。ただ、この通知表についての説明が子どもたちにきちんと理解されていなかったようで、うちのりりりは「通知表って何?」と終業式の朝に言いました…1年生にはわからないかなあー。

4年生は3段階評価。りんりは「人の話を聞く」「静かに鑑賞する」という項目がことごとく他の項目よりも下がっていて、先生の目から見てもきちんと聞く姿勢が見についていないんだなあーと言うことが良く分かりました。これはこの夏のりんりの課題です!むずかしいけど、ちょっとは改善されるといいなあ。

 

終業式前日まで、みっちり6時間授業をし、終業式の午後は転校するお友達を囲んで遊びました。いつもお邪魔させていただいているお友達宅、いつも以上に熱気でムンムンしてました。一人はスライドでマレーシアへ、もう一人は日本へ引っ越しますが、日本へ引っ越す子のお母様は外国人。けれどもとてもポジティブな方で「ワタシ、どこにいってもにほんでも全然ダイジョーブよ!」と言ってらして、素晴らしい!と思いました。私が彼女の立場だったら、自分が不安でちゃんとしていられないと思います。彼女も3人の子の母。見習わなくては!!

 

すっかり長居をして、夕食もお友達宅でいただいてしまい、土日はまったり過ごしました。ダイは土曜のアジアカップオーストラリア戦にくぎづけ。つられてりんりも観ていました。勝って良かった!もううちのサポーターのご機嫌が…

 

そして本日よりりんりくん初体験の夏期講習です。こちらの塾でお世話になります。こちらの塾は先生がタクシーで送迎してくれ、午前中だけなので日本の塾に比べたら天国のような環境です。しかも、内容はりんりがやっているテキストと同じもの。親が楽をして復習をさせてもらおうという魂胆です。

楽しく帰ってきましたが、昼食後に今日出された塾の宿題、学校の宿題、通信教育のノルマ、明日の予習…と2時間みっちり勉強することになっていました。大丈夫か?がんばれ、りんり!

 

つぎはののが…

ステキな日本のサラリーマン、ダイは月曜の今日、何事もなかったかのように出勤しました…

その代わり、今日はののが病院へ。

以前から身体のあちこちに湿疹が出来ていたのですが、最近それがあせものようなちいさなしっしんになったり、水ぶくれになってからかさぶたになったりするようになり、一向に直らないので気になっていたのです。

朝一番に予約を取っていつもの病院へ。通訳の方は休暇中だそうで、ベトナム人通訳の方が対応してくださいました。しかし、やはり日本語の理解力が…

結局服を脱がしてののの湿疹を見せると、「これは皮膚科の先生に診てもらったほうがいいと思う」とのこと。そして、皮膚科の先生は11時半にならないとやってこないらしい。

 

このとき、10時。

 

「どうしますか?」と聞かれたので、「一旦家に戻ってから来ます…」と力なく答えてとりあえず帰宅。少々休憩してから、もう病院おわったー!とはしゃいで遊ぶののを拉致して再度病院へ。

受付で「あーら、どうしたの?」とか言われる私たち。

 

しばらくして、皮膚科の先生登場。初めてみる女医さんでした。この方はベトナム人だったので、通訳さんとのコミュニケーションはいつもよりも良い様子。

ののの湿疹をペンライトを当てて観察し、出た結果は「とびひとアレルギー」。

かさぶたになっているのはとびひ。なっていないのはアレルギーだといわれました。肉やシーフードはかゆくなるのでしばらく禁止。牛乳と卵はOKだそうで…

さらに、とびひなのに抗生剤も処方されず、塗り薬と消毒薬を出されました。この消毒薬、こちらでは一般的なもののようなのですが、青いロイヤルブルーってヤツでしょうか。塗られたののも青いが、塗る私もあちこちが青い。石鹸で洗うと落ちるのですが、うかつな服を着ようものならとんでもないことになりそうです。

家で紅子ちゃんに見せると、「私も子どものころよくこれを塗られた」と言っていました。幸いなことにいま水ぶくれになっていたりジュクジュクしている湿疹はないので、これでしばらく様子を見るしかないか、と思っています。

 

というのも、こちらの皮膚科はどこも似たようなレベルのようで…

一番よいと言われているフレンチホスピタルでも、皮膚科はイマイチ。明らかなアレルギー症状を自覚して、アレルギー検査を頼んだら、そんな大変な検査はやらない。何が原因か自分で考えて」と言われ、マンゴーのアレルギーかもしれない、と答えたら洗顔料を処方された方がいます。

わざわざ時間をかけてフレンチまで出かけたとしても、似たような診断だと悲しいので、このまま様子を見て改善が見られなかったら、再度検討しようと思います。

 

さいわいののは元気です。ところどころが青水玉模様になっているだけで…

そして、夕方そんなののを見かけた近所の方に、「ののちゃんどうしたの?青あざだらけだけど…」とか言われて、違う心配に気づく私…

 

 

 

ええ、これはもちろん薬です。決して幼児虐待ではございませんとも!!!

試合観戦その後

金曜日、3-1で無事日本が勝利!!りんりたちの席は日本側ゴールの真裏だったそうです。初めての試合観戦だったけれど、お行儀よく観戦できたとダイが言っていました。スポーツ観戦なんだから、ちょっと羽目をはずしてもいいんじゃない?と思ったんですが、公共の場では絶対的にお行儀よく!と言うのがダイの主義。まあ、主義に反した子どもたちが公の場で怒鳴られまくり…なんてことにならなくて、よかった~。


そして夜中に帰宅したダイ。もともと風邪気味だったところを無理して子どもたちを試合に連れて行ってくれたため、土曜に発熱してしまいました。発熱なんて、何年かぶりということもあり、すっかり気弱になって一日じゅう寝ていた挙句、夕方に熱を測ったら39度を超えてる~!!とすっかり今にも死んでしまいそうな勢いに。

あまりの騒ぎぶりに病院に連絡を取り、強制送致。しかし、病院で再度熱を測ったら36度8分だったそうで、いつもの女医先生に「何しに来たの~」的な態度を取られてがっかりしていました。

でも、のどが赤くはれているのは事実だったし、家には大人用の抗生剤はなかったので、結果的に病院に行ってよかったのだと思います。薬を飲んで一晩寝たら、節々の痛みは残っているもののだいぶ楽になった様子。

 

そして土曜日、急に「お昼はどこかに食べに行こう!!Sとか!!」と宣言。

Sとは、サッカーの日本チームが宿泊しているホテルです。お昼をそこの入り口ビュッフェで食べていたら、運がよければ選手に会えるかも…ということのようでした。

 

Sのビュッフェ、種類も豊富でとてもおいしくいただきました!なかでも子どもたちが気に入ったのが、チョコレートファウンテン(というのかな?)噴水のようにわきあがるチョコソースに、くしに刺したフルーツやお菓子をディップして食べるというものです。とにかくなんでも食べ放題なので、ビュッフェに行くと必要以上に興奮するうちの子たち…普段の貧しい食生活が…

 

そしてやたらと目立つ日本人。皆さんちらちらと入り口をチェックしながら食事をされていました。ここは、普段はあまりサービスがよくない上に高いと言われていて、あまり日本人を見かけません。

目的はみんな同じ模様。私たちは帰り際にカフェでなにやら打ち合わせ中のオシム監督、山本コーチを見かけただけで、サインを求める勇気もなく退場してきました。山本コーチは私たちを気にしてちらちら見ていてくれたので、お願いしたらサインしてくれたかもしれないんですけどね…

せっかくくつろいでいるところにお邪魔することはどうしても出来なかったのです…小心者。

しかし、選手も監督もすごく大きかったです。ダイも監督を拝見できて満足のようでした。

 

私も帰りに以前から気になっていたビーズバッグのお店でおみやげ物を物色することが出来て満足。ちゃっかりりりりの分も買わされましたが…

さらに病気のはずのダイ、夕方はりんり、りりりとプールにまで入るという暴挙。寒い寒いといいながら帰ってきました。ぶり返さなかったのが奇跡のようです。

もうそろそろ健康に対する独自の考え、改めた方がいいんじゃないのかしらねえ…

ばんがれ につぽん

いよいよ今日はサッカーアジアカップ、対UAE戦です。

今日は2時半に帰宅したりりりは、割り箸とコピー用紙をつかって、お手製の日本国旗を作成しました。裏にはメッセージ入り。

おお、いいじゃん!と思ってよく見てみると、何かがおかしい…

 

メッセージと共に書いてある絵が、野球です!!!

 

 

UAE に負けたら、すまん。

 

 

今日のハノイは朝から一段と気温も湿度も高く、快晴です。試合開始は20時ごろですが、気温は全く下がらない(もちろん湿度も)ものと思われます。

 

なんと今日はりんりの漢字検定の日でもありました。7時間目に検定を学校で受験し、5時前に帰宅したりんり。さすがに疲れていましたが、検定の出来は上々だったようです。いつ発表なのかしら…

 

りんりとりりり、帰宅してからシャワーを浴び、ご飯を食べて学校の有志の方が作ってくださったブルーのTシャツに着替え、風邪気味で調子がイマイチのダイと元気に出かけていきました。おそらく帰宅は11時過ぎ…

見送りのためにののを連れて下まで行きましたが、サウナのような暑さは変わらず、応援席も大変だと思います。

そのうえこの大会、なんとペットボトル持ち込み禁止だそうです!!

 

サポーターがペットボトルを投げるからだとかいう理由のようですが、この気候で飲み物がないと、死にますよ?売店で飲み物は買えるそうですが、プラスチックのコップに入れてくれるそうで、衛生面がちょっと心配。

水筒は大丈夫のようだとのことなので、水筒にスポーツドリンクを入れて持たせました。ダイのリュックはお菓子でパンパンです。

 

あ、そうそう、がんばれ、日本!」

 

勝ち残ってぜひ日本人学校に来てください(姑息)

 

 

しかし、快進撃をしているベトナムチームがいるから、あんまり快勝しすぎるとその後の街中が大騒ぎになりそうだしなあー…

 

 

ほどほどにね。

個人面談

今日はりんりとりりりの個人面談でした~。

今回初めての試みとして、りんりとりりりをバスで先に帰し、紅子ちゃんにののとともに託してみました。まあ、りんりとりりりは特に世話をする必要はないので問題はなかったようですが。

 

さて、個人面談はりんりから。

おおむね学校では楽しく過ごしているようです。勉強も意欲的に取り組んでいて、特に漢字や計算問題が好きで得意。みんなからも「すごい!」と言われるので、なおさらがんばっているようです。しかし、いかんせん字が雑なのが難点と言われました。あと、みんなで話し合いをしたり、誰かが発表しているときに全然聞いていない。マイペースな面が見られるといわれました。これについては家でも再三注意しているのですが、全然直っていないようです。ただ、先生のお話によると、最近少し自覚しつつあって、気をつけようとする態度が見られるようになってきたので、2学期からの態度の変化に期待したいということでした。

さすがに良く見てもらっているなーと感じました。りんりは小さい頃からパニック体質だったので、嫌なことをやらせようとしつこくするとパニックになって暴れ、泣き叫んだ挙句になんで叱られていたかを忘れてしまう…の繰り返しでした。私も低学年のうちは楽しく学校に行くことに重点を置いていたので、周りの様子を見たり、人の話を聞いたりするところを後回しにしてきてしまったなあーと思っていたのです。

幸いなことに、今は同じマンションにとてもいいお友達がたくさんいるので、みんなと遊びながら少しずつ直っていくといいなあーと思っています。

 

そして宿題。絵日記とドリル、プリントと自由課題が出されるようです。一度にやり終えてしまわないで、毎日少しずつやって欲しいとのことでしたが…さて?

学校が終わった翌週は、こちらの塾の夏期講習に参加させていただくことにしたので、それもどうなるのか親としては楽しみなところでもあります。なんにせよ、りんりは今年がひとつの節目になるんでしょうねー。

 

そしてりりり。

学校では楽しそうに勉強も休み時間も過ごしているそうです。ひらがな、数字の書き順と鉛筆の持ち方に問題あり。これも家でもさんざん注意していますが、なかなか直りませんねー。そして最近気がついたのですが、数字や計算が大変に苦手です。夏休みの課題になりそうです。りんりは勉強についてはまったく問題なく過ごしてきたので、初歩の初歩でつまづくりりりに私も途惑いがちなのですが、長い目で見守れるようにがんばらなければ、と思いました。

私がきになっていたのは、このところお弁当を半分以上残してくることでした。特に体調は悪くなさそうなのに、全然食べてこず、理由を聞くと「お弁当の時間が短すぎる」と言うのです。これはきっと自分が残してしまうことのいいわけだろうと思っていたのですが、やはりそうでした。先生もこれについては全く気がついていなかったということで、しばらく気をつけてみます、と言っていただきました。最近は量もかなり減らしたりしたのでだいぶ食べてくるようになったので、やっぱり体調の問題だったのかなーとも思っていますが、低血糖の前科があるため、ちょっと気になっています…

そして夏休みの宿題はやはりドリルとプリントと絵日記でした。1年生にしてはけっこうな量があります。大丈夫かなあー。

 

そしてりんりの宿題もりりりの宿題も、「採点は親がする」そうです…

 

ああ、夏休みも「赤ペン先生」なのね…そして帰国する際に宿題を忘れないようにしなければー!なんだか夏休みもいろいろと忙しくなりそうです…

本当に?

さて、ろなうが指定した修理屋の時間は9時

 

9時45分。

 

現れず…orz

 

長い一日になりそうか…?


もうちょっとしたらもう一度電話してみてちょうだい?と紅子ちゃんにお願いしていたら、修理屋登場。10時ですわよ…

 

 

最近、日本人の間では「ベトナム人は約束した待ち合わせ時間に家を出てくるのではないか?」という疑惑が浮上中なんですが…やはりこれは本当なのでしょうか?

 

まあ、ともかくやってきた修理屋は、先日ろなうが手配した2人組。今日のいでたちは一人がテンガロンハットにでかいグラサン、もう一人がベトナムサッカーチームのにせユニホーム。しかも、手にはなにやらでっかいコンプレッサー様の機械。

 

内部のドレインホースの修理にコンプレッサー?

 

疑問は募りますが、とりあえず修理スタート。

 

まずはうちのチェストに乗っかって、カバーを取り外し、すこしだけ壁からエアコンを剥がして揺らす。内部に溜まった水を出す目的と思われます。

ここでメキメキと壁が剥がれ落ちてきます。水もね。そりゃもうジャバジャバと。

エアコンの下においてある、子どもたちの服の入ったチェストにも降り注ぎました。自腹で買ったんです、このチェスト。

 

さらに、ドレインホースを止めているテープを剥がし、ホースを取り外し、口で吹く。「プピー」といい音が出ましたね。そして二人で爆笑…

 

 

早く仕事しろ。

 

やはりホースの中が詰まっていたようで、私にそのホースを見せ、うちの洗面所で洗う。水洗い

そして剥がしたテープできれいに取り付けなおして、修理終了。

ものっそいはがれた壁と汚水とそれを拭いたうちのぞうきんとバスタオルはそのまま放置されました。

 

ええ、もちろんきれいに掃除をしてくれたのは紅子ちゃんなんですけど。

 

それから、コンプレッサーみたいなものは高圧洗浄機だったようです。持って来たなら内部の洗浄もしていってくれればいいじゃーん、と思うのがベトナム素人の浅はかさでしょうか。

 

自分にとって無駄なことは何一つしないのが現地人のデフォですから!!

 

 

 

 

 

 

 

元気にののに手を振って帰っていった二人。帰り際に壊されたスウィングフラップを新しいのと取り替えてくれると持って帰ってくれたのが唯一の善行か?

 

 

二度と来るな。つか、もう引越したいわ…ほんとに。

 

 

何はともあれ、エアコンは無事に()直りました。

 

 

 

…多分。

 

次に同じ症状で壊れる前にこの部屋から脱出したいと考える今日でした。

 

 

さらに、午後イチでろなうから電話とメールがありました。

以前から頼んでいた子ども部屋のベッドと机の設計図が出来たとのこと。早速確認してみました。

 

 

 

 

机の幅、60?になってます…

奥行きは50?

 

 

 

 

 

どんな机だ?そりは!

 

 

 

さっそく先ほどダイとメジャーを片手に相談し、訂正案を明日送らなくてはなりません。

 

 

ベッドと机、来年の契約更新までにできるといいネ!!

水もれ~

コウスケ~♪と歌いたくなる今日この頃。

 

自分の年がコワい…


壁に入ったヒビから雨の度に水漏れしていたのを、ろなうに頼んで直してもらったのもつかの間、今度は日曜の夜からマスターベッドルームのエアコンが水漏れ。スイッチを入れてしばらくすると、エアコン下部のカバーのつなぎ目のような部分からボタボタと水が落ちてきます。1時間で大きなタライに3cmくらい溜まります。

おそらく内部のドレインホースが詰まるか外れるかしているんだろうとダイと私は思い、とりあえずその場で修理担当にチェックをお願いしました。

 

やってきた若い修理担当者、エアコンをガタガタと意味なく揺らし、中を見ようとスィングフラップをはずそうとして、つまみを「バキッ」と折ってスウィングできなくした挙句に「自分にはできない」と言って帰りました…

フラップはどうにかしていけばかやろおー!

 

 

仕方がないので、月曜の朝、マンションの修理担当に連絡。

英語ではなかなか通じないので、紅子ちゃんに行ってもらいましたが、午前中いっぱい待っても来ません。なので、午後一番で再度紅子ちゃんに言いに行ってもらい、やっといつものおじちゃんが登場。

ものすごい勢いで水漏れするエアコンを見て、「これはエアコンが壊れてるから、マンションの問題じゃない」と言って自分からろなうに電話し、「マンションの修理担当である自分には直せない」と私に言い放って帰りました。

 

ろなうがさっそくエアコン業者を手配してくれ、夕方紅子ちゃんが帰宅してから2人組のお兄ちゃんが到着しました。しかし、この二人、ベトナム語しか話せません。水漏れしているところを指差して何事か私に言っているけれど、全然分からない。ダイに電話して、だれか会社の人で通訳できそうな人に話を聞いてもらおうと思ったのですが、大事な打ち合わせ中だったらしく、全くとりあってもらえず。

 

思い余って同じマンションの方のメイドさん(すでに仕事を終えて帰宅済み)の携帯に電話。このメイドさんは日本語が大変堪能なんです。

雇い主でない日本人からの突然の電話にとまどいつつも、通訳していただいたところによると、「自分たちはエアコンの業者だから配管の修理はできない」ということのようでした。よって、速やかに帰宅。メイドさんの「たいへんだねえ、がんばってねえー」という明るい声だけがさびしく耳に残りました…

 

いや、しかし、「きゃんにゅうすぴいくいんぐりっしゅ?」と聞くと、全く分からないのに「いえす!」と良いお返事をするベトナム人の悪い癖、何とかなりませんかね?

 

再度ダイを経由してろなうに電話し、本日マンションの配管専門担当を9時に来させてもらうことになりました。

 

 

 

10時過ぎても現れず。

 

 

10時半、ろなうに再度催促してやっとやってきたおっちゃんが、やたらと愛想はいいけどふざけたヤツでした。

先日の修理担当と同様にエアコンをガタガタと揺らして無理やり隙間を作り、中に溜まっている水をジャーッとこぼして修理終了と言い放ちました。

あげくにスウィングフラップが壊れてると言うので、「これはおととい来たあんたの仲間が壊した」と言うと、「おー、ふらっぷが下を向いてるほうが風が直接当たらないから身体によい」などとベトナム風屁理屈を述べ、さらに「スィングさせたかったら僕がここにいて動かしてあげる」などとくだらないセクハラ発言まで。

どう考えても直ってると言い難い状況だったので、「あんたが帰った後でまた水が漏れてきたら連絡したいから、モバイルの番号を教えろ」と言うと、「水漏れだけじゃなくてなんでも直せるからいつでも連絡して」とかまた勘違いを…

 

いや、タケちゃんまん」は守備範囲にはないですから…

 

 

しかも案の定直ってねーし!!!

 

 

さっそく紅子ちゃんに電話してもらいましたが返事なし。そこでろなうにまた電話。ろなうは「今度は問題をきちんと把握したので、エアコンの配管専門の修理業者を午後に行かせるから」と言う返事。今までなんだと思っていたんでしょう…

 

 

 

 

いやあ~、午後じゅう一歩も外に出ず、業者を待ちましたが、影も形もありませんでした

 

 

夜になってダイからろなうに電話してもらうと、「業者にずっと連絡してたのにつながらなかった。さっきやっとつながったところによると、今日はワーカーが忙しくてうちにまわせなかったので、明日の朝9時には必ず行かせる。ごめん。」とのことでした。

 

 

さてここで問題です。

 

 

 

うそつきはだーれだ?

 

 

そんで私は今日何回電話をかけたんでしょう?だれかおせーて!!

 

そんで結局。

 

 

 

明日に続きます…

 

 

はぁぁーーーーーー

piyomaruが(BlogPet)

piyomaruが

ベトナム産の牛肉とアメリカ産の牛肉とオーストラリア産の牛肉、一番水泳なのはどれでしょうかね?
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

水泳学習発表会

連日の暑さの中、学年別に開催されました。

 

つーことは、2回参観…


7月4日 昼間去年から新校舎になった日本人学校。初めて学校のプールで行われた発表会だったようです。今までは、日本人の方が沢山住まわれているレジデンスで行われていたそうで、それはそれで参観しに行く親にとってはありがたかったのではないかと思われます。

 

学校のプールサイド、燃えるような暑さでした。

 

まず水曜日午前中に1,2年生の発表会。例のごとく大変不便な日本人学校ですから、ダイにお願いして会社の車を借りました。そして、初めて!ののを紅子ちゃんに預けてのお出かけです。なんだか気持ちが高ぶって、前日は12時まで眠れず、当日は5時に目覚ましよりも早く起床する始末。ののにご飯を食べさせ、授乳して、オムツや飲み物、おやつを用意して、ベッドをお昼寝仕様にして準備万端。幼稚園の先生をしていた紅子ちゃんにお願いして出かけました。

 

週末までの嵐のような天気が嘘のような快晴。

 

 

快晴…

 

 

プールサイド、日よけの半透明の屋根から降り注ぐ日光と、プールの水がかもし出す水蒸気でサウナの様相。帽子をかぶってサングラスをして水筒のお茶を飲みながらの参観。我慢大会のようでした…

 

1,2年生水泳発表会しかし子どもたちは元気いっぱい!楽しげにプールに入っていました。

水泳能力別に分けられたグループごとに発表があり、りりりは真ん中のシャチグループで10mバタ足で泳ぎました。

日本でスクールに通ってクロールを覚えたんですが、1年のブランクの間にすっかり忘れてしまったようです。でも、がんばりました!!

発表の後は玉いれ競争。りりりのクラスが2回とも勝って大喜びしていました。

 

さて、お留守番のののちゃん。帰宅したらすでにお昼寝していました。特段問題もなかったらしく、翌日も預けて参観に出かけられました。

 

3,4年生水泳発表会りりりたちのときよりも少し陰ってくれた翌日木曜。3,4年生の発表会が行われました。

りんりは最初の種目、25m自由形にクロールで参加し、しっかり泳ぎきりました。

土地柄か指導のおかげか、4年生ではほとんどみんなが25m以上泳げるそうです。中には25m、50m両方ともに出場する子もいてびっくり!やはり1,2年生と違って、整列や挨拶もしっかりしていて、きびきびと進んでいきました。立派です!

そして最後はまた水中玉入れ競争をしていました。こちらはりんりのチームが負けてしまいましたが、楽しそうでした。

 

こちらは暑いので、9月中旬までプールの授業があるそうです。平日でもレジデンスのプールに入ったりしているので、夏休みの帰省中が一番泳がない時期になりそうな気がしています。

2日間で予想以上に体力を消耗していたようで、今日はもう私がぐったりでした…少し脱水症状だったかもしれません。のどが渇いてお茶を飲んでも気持ちが悪く、アイスやチョコを舐めてしのいでいました。プールサイド、侮りがたし!!ののを家に置いて出かけられて本当に良かったと思いました。紅子ちゃん、ありがとう!

しかし、あの暑さの中あれだけ動いて、帰宅してからテニスして、さらに友達の家で遊べる子どもたち…

 

すげえ!!

 

 

 

さて、来週は個人面談です…授業参観もあるんですけど、さてどうしよう…

 

 

がんばれ、ニッポン!!

昨晩オシムジャパンが来越したようですね。

なんと!宿泊先はうちの近所。サッカー好きのみなさんは、真夜中に到着した選手に一目会いたいと、空港やホテルでお出迎えしたようです。

 

 

 

あ、うちは9時就寝でした…


7月4日 昼間水曜木曜と、学年別に水泳学習発表会があり、この暑さの中プールサイドで参観してきたので、クタクタだったのです。この話はまた後日。

 

 

 

 

サムライブルーのおそろいTシャツオシムジャパンのメンバー、子どもたちには優先的にサインをしてくださった模様です。長旅の疲れで、マネージャーらしき方が「選手が疲れているのでお控えください!」と言う中でも、選手の方々がサインや握手に応じてくださったそうです。中でも中村俊介選手は最後まで残って一人ひとりにきちんとサインをしてくれたと、皆さん感動していました。

選手の皆さんもこの暑さと湿気には驚いているのではないでしょうか。体調を調整してベストの状態で試合に臨めるよう祈っております。

 

 

というのも、来週金曜の対UAE戦をダイ、りんり、りりりが観戦に行くからです!!

日本人学校でなるべく固まってみんなで応援できるようにと商工会の皆さんが動いてくださったそうで、一番安い席ながら、学校のみんなで応援できるようにセッティングをしてくださいました。有志の方がサムライブルーのおそろいのTシャツも作成してくださったので、当日はその中に混じって応援するのです。

 

私はののと家でお留守番。帰りが夜中になるし、この暑さではののは可哀想ですから。

 

普段いろいろと不自由な中で生活している子どもたちにとってはなによりの楽しみになると思われます。特段サッカーファンではない私でも、なんだかウキウキしてきますから。これからしばらくハノイの町は日本からのサッカーファンや報道陣でにぎわうのでしょうね。ベトナム人もサッカーは大好き!うちのレジデンスの欧米人もよくレストランに集ってサッカー観戦をしているので、アジアカップ開催中はきっと盛り上がることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

今現在見かけたためしはないですが。

布に囲まれる幸せ

先週からまた雷雨が続き、そのせいかずっとインターネットがダウンしていました。調子がいい!と油断しているとこうなるのよね…

7/3の夕方週末は帰省に備えておみやげ物を物色。虫好きのあの方に喜んでもらえそうなリアル虫入りストラップなどを観光客価格で購入。りりりのおともだちには手作り布製ヘアピンなど。何せまだハノイ初心者ですから、ステキなおみやげなどがなかなか見つけられません。

 

とりあえず買ってみたお土産たちそして、月曜早々にチョホムへ。チョは市場、ホムは市場の名前、ということで、「ホム市場」です。ここは2階が布地の専門市場になっています。外国人もそうですが、こちらの人々は気に入った布を市場で買ってきて、街中に沢山ある仕立て屋さんで洋服を作ることが多いようです。

大抵は「スッテキー」なプリントものが多いのですが、よーく探すとけっこうよさげな布地もある。文字通り山積みの布の山から自分の気に入った布をいかに発掘して、気に入ったデザインの洋服に仕立ててもらうかは本人の熱意と経験次第です。

今回は布好きのマダムたちと物色。たっぷり2時間は捜し歩き、かごいっぱいの布をゲットしてきました。

 

問題は、いつそれを洋服にするのかってところで…orz

まあ、気長にね。真の布好きというのは、仕立ててない布に囲まれることも楽しいものなのです(開き直り)

これまでは、日本人御用達の仕立て屋さんにお願いしてきたのですが、次回は子どものものも頼みたいということで、近場の仕立て屋さんに頼んでみようかとも目論んでいます。

 

街中ではなかなか気に入った洋服の見つけられない(気に入ってもサイズがなかったり)環境なので、あれこれ迷って選んだ布地で気に入りの服を作ってもらうのは、なかなかの楽しみであります。

 

まあ、なかなか思い通りには行かないんですけどね…

 

 

l||l(BlogPet)

バビが雷雨はblogされた!
ここでblog♪
ここへpiyomaruはblogされた。

りりり、倒れる…i l||l i_| ̄|○i l||l?



*このエントリは、ブログペットの「バビ」が書きました。

Calendar

06 ≪ 2007/0708
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。