いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サタデーサッカー

9月からりんりはサタデーサッカーに行っています。

 

あ、月餅は無事に無くなりました~。継続は力なり(←ちょっとちがう


サタデーサッカーうちのレジデンスの隣にあるインターナショナルスクールで、毎週土曜に行われているサッカーです。このスクールは高校まであるせいか敷地がひろく、設備もとても充実しています。

りんりは日本にいるときからベトナムに来たらサッカーをしてみたい!と言っていて、こちらに来て早々に申し込みはしていたのですが、人気のあるスポーツだけにずっとウェイティングでした。

インターは6月で学年が終了するので、今回9月からの新学期にあわせた募集に再申し込みをし、ついに念願のサッカーデビューとなったのです。

 

インターナショナルスクールの素敵遊具おそろいの背番号つきのTシャツを着て、サッカーシューズとシンパッド(すね当て)を身につけて、格好だけは一人前ですが、なにせ初心者。初回は1時間半のレッスン時間中盤からばててコートの隅に座り込む始末…

 

もちろんコーチを初め、仲間もみんな英語で会話をしています。初め間違って行ってしまったひとつ上のクラスには、日本人学校の同級生も沢山いて、通訳ボランティアもついていたのですが、りんりは早生まれのため、インターの学年だとひとつ下に下がってしまい、同じマンションのお友達とも違う時間でほとんどが外国人のチームに入ることになりました。

 

幸い、日本人学校の同級生が二人いたのでりんりも安心したようです。コーチたちもとてもやさしく、りんりが分かりやすいように話してくれるようです。週を重ねるごとに最後まで座り込まずに参加できるようになり、少しずつゲームに参加しようとする気持ちが生まれてきた様子がわかって、回りのチームメイトには「いまさら初心者かよ…」という感じに少々迷惑をかけてことは承知なのですが、親としては参加させてよかったという気持ちです。

残念なことにテニスレッスンはやはりレジデンス側のストップが改めて入って続けることが出来なくなったので、この週に1回のサッカーが貴重なスポーツの場となってしまいました…

 

そしてもうひとつインターらしいと言えば、このサッカー中にコートの脇に立つドリンクスタンドです。

インターの生徒と親によるボランティアで、ホットドッグと飲み物を販売し、売り上げで学校で使用する画材などを購入するというものです(ここのインターはアート活動がとても盛んです)。

とてもお手ごろ価格で、ほかではなかなか味わえないおいしいホットドッグが食べられて、観戦する親もなんだか嬉しい

 

いまだ晴れていると気温は30度を記録しているハノイの暑さに負けず、がんばって親子で通いたいと思います!

スポンサーサイト

中秋節でした

日本でも十五夜だった25日、こちらでは「中秋節」でした。

中秋節については、先祖供養と言う方もいたり、子供のお正月という方もいたりでなんだか判然としないままでしたが(自分で調べろ)、初めて経験した日本人の方の感想としては「月餅を配る日」みたいな認識なんではないでしょうか…?(え?違う?)

 

日ごろお世話になっている方やお得意様などにこの時期だけ配られる月餅。中秋節2週間前くらいから街中には突如として月餅屋が乱立します。

そして、ホテルでも各自工夫を凝らした月餅が並べられるのです。もう街中が月餅だらけ。

この時期はどこのおうちに遊びに行かせていただいても、お茶請けは大抵月餅。もちろん我が家もでした…りりりにいたっては、学校のベトナム語の授業でも月餅を食べたそうで…いやー、中秋節が1年に1回でよかったね!

 

月餅祭り♪我が家でいただいたり、買ったりした月餅たち。

オーソドックスなハスの実餡、グリーンティ、コーヒー、黒ゴマ、木の実やしょうがの入ったものとバラエティに富んでいました。ほとんどの月餅の中には、お月様のイメージである卵の黄身が塩味で入っています。

これがまた微妙なのよ…。

下の大きな魚型の月餅は、ダイの会社のドライバーさんから。なんでも、目下の人から目上の人に贈るときは、立身出世の象徴である「鯉」をかたどったこのような魚型の月餅を贈ることが多いとか。

 

食べても食べてもなくならない月餅祭り。ここでしか味わえないものと思えばこそのものでしょうか…

 

そして、中秋節と言えばもうひとつ有名なのが子どものお正月と言う考え方。

これに基づいて旧市街のHang Ma通りにはびっしりおもちゃが並び、いたるところで中秋節の飾りが売られます。我が家も星型の飾りが欲しくて探していたところ、月餅をくれたドライバーが子どもたちにプレゼントしてくれました。

中秋節の飾り

←こんなのをもった子どもたちをよく見かけていたんです。まんなかに「Trung Thu」と書いてあります。中秋のことですね。

 

 

中秋節の正しい子どもの姿?そして、もらった飾りを全部つけたりりり。このちょうちょの飛んでるカチューシャとステッキのセット、マスクが定番のようです。本当はこれに併せた素敵なドレスも着なくてはならないようですが、そこは割愛。ただの寝間着。

 

中秋節当日はあいにくの曇り空で雨が降ったりして、残念ながら我が家からお月見は出来ませんでしたが、家族で気分だけ楽しんだのでした♪。

 

ベトナム語のレッスン、にゃ

先週の木曜からいよいよベトナム語のレッスンを開始しました…

先生は22歳独身のメガネっ娘。スリムでかなりの美人です。

 

 

 

 

はいはいそこのマニアの方。興奮しないように。

 

今日はさらにネタ満載ですから。

 

さて、先生は日本語があまり得意ではありません。英語の方が得意だそうで、日本語は語学学校で半年ほど習っただけ。ちなみにベトナム語教師の職について2ヶ月です。

そして、ベトナム人はよく語尾に「にゃ!」をつけます。日本語の「ね」や「さあ」に当たるのでしょうか。男女問わず単語の後によく「にゃ」をつけます。子どもや若い女性がこれをやるとなんとなくかわいい。本人は普通に話しているだけなんですけどね。

 

 

というわけで始まったレッスンですが。

 

先生の勘違いで初回からいきなり1時間半遅れでスタートです。まあこれもデフォですね、今では。遅刻の理由は「曜日を間違っていたうえに道に迷った」と。

どじっ娘キャラも持っているのかも…

 

 

しかし、レッスンになるといきなりきびしいです。マンションのお友達と二人で受けているのですが、「piyomaruさん、発音ちがいますね」「○○さん、ここがだめです」とダメだしのオンパレード。いや、ホントベトナム語って難しいです。

 

しかし、たどたどしい先生の発音だと、「piyomaruさん、はちゅおんちがいましゅ、えっとにゃ、そうじゃないだろ」となります。

「つ」や「す」の発音もベトナム人にはしづらい模様です。日本食レストランでも、オーダーの確認をすると、「かちゅどん、ひとちゅ、てんどん、ひとちゅ」となりますから。この言い方、とっても美人なベトナム女性たちが話すととてもかわいらしい。これもまたマニアの方にはたまらないんではないでしょうか。

なんか、新たなビジネスチャンスが隠れている気がしてきました…

 

 

こんな不届きなことばかり考えているために何度繰り返しても全然上達しない私に業を煮やした先生、英語や日本語で似た発音の言葉を捜しますが、なかなか思い浮かばない様子。

 

しばらく考えた後突然、

piyomaruさん、牛タン好きでしゅね?」

と聞いてきました。

 

 

 

牛タン?

 

 

牛タンとベトナム語の発音にどんな関係が???

 

 

 

「にほんじん、みんな牛タンしゅきでしゅにゃ」

 

好きな人は多いかもしれませんが?

 

 

「piyomaruさん、牛タンの形、きをちゅけてもいちどいってみるにゃ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!Σ(っ゚Д゚;)っ

 

牛タンとは…

 

舌の形ですね?先生!!

 

 

 

あまりにもツボにはまってしまい、その後の授業で吹き出さないようにするのが辛かったです…

 

 

そんなわけで、初回はネタを探して終了。

あ、ちなみに一緒に受けていたお友達はきっちり最後までまじめにお勉強されてました。こんなこと考えてたのは私だけです~

 

 

そして、こんな不真面目な生徒piyomaruさんは

可愛い話し方とうらはらにまじめで厳しい先生からは、たんまりと宿題をいただいたのでした…

これから紅子ちゃんに発音のチェック、してもらわなくちゃ…

続カスタマイズの日々

待ちきれずに自分たちで家具屋に行ってダイニングテーブルを購入。

私がお気に入りの家具と雑貨のお店が第2号店を開店したというので、そちらに行ってみました。もともとここのダイニングテーブルが欲しかったのですが、サイズなどの折り合いがつかず違う店のものをお願いしていたのです。

 

やっときた~日本人学校の近くに出来た2号店、大きなマンションの1フロア全てを使った広い店内で、1号店には置けなかったような大型の家具も多数ありました。

その中で一目見て気に入ったこちらのダイニングセットを購入。あ、もちろん払いはろなうなんですが。

 

しかもこちらの家具、私たちが先にお願いしていたものよりも相当安く上がりました。そこであまった差額でこれから私たちが必要な家具などを購入しても良いことに。イエー

 

しかし、ここの店員の態度が最悪!でした。

ちょうどオープニングセールが終了した翌日に買いに行ったのですが、セールがあったこともすっかり忘れていた私たちに、何を買うのか確認もせずにいきなり「セールは昨日までだったんだから絶対に値引きしないわよ!」というレジのオババ。

ところが、高価なダイニングセットを買うと分かったらいきなり豹変し、「5%割引きしてもいいわよ」と。

さらに、周りのオネーチャンたちは「日本人は沢山来て沢山買っていくのよ」などとくすくす笑う。いつも無料で配達してくれていたのに、料金を全額前払いで今すぐ現金で払わないと配達しないと言う。何千万ドンも持ち歩いて買い物するヤツはあんまりいないと思うんですが。

そのうえ、一緒に購入した食器や小物は、「自分で持って帰れ」だって。

なんという殿様商売!!

 

いままで、外国人オーナーのためか店員さんがとてもいい感じだったところが気に入っていたのに、幻滅しました。これ以上捜し歩きたくないからダイニングセットは買ったけれど、当分ここで買い物することはやめにしまーす。さらばい。

 

とりあえず、2日後に配達してもらったダイニングセットはサイズもちょうど。なによりも椅子の座り心地が今までとは雲泥の差で、家族でお気に入りです。

ああ、これからはののがつかまっただけで倒れそうにグラグラしたり、変なところに段差があってお皿が並べて置けなかったり、子どもたちも座りにくくてどうにもグラグラしてしまって親もイライラするってことがなくなるのね。ああ、よかった!!

 

 

そして書くのを忘れていたことがひとつ。

 

帰省前にオーダーしていたスクリーンが到着していました。

初オーダー家具お目当ての家具屋がお休みでがっかりしていたところ、お向かいも家具屋だと気がついてふらふらと入り、ベトナム語しか出来ない店員さんと身振り手振りでおーだーしておいたスクリーンです。

 

同じデザインのものがあったので、サイズを変更しただけなのですが…

でも、私的には決死の覚悟でオーダーしたのです!値段交渉して10ドル下げてもらい、色や形を指定し、配達の依頼と日にちを決め…

 

思っていた通りのデザインで満足です!これでへんな人がセールスに来たり、誰かとドア越しに会話しながらも家の中まで素通しというストレスからも解消です!!

 

こちらに来て半年。やっと居心地がよい部屋になってきましたよ…

 

いや、油断は禁物    ダ!!

それからどうなったかというと

昨日結局何事もなかったように夕方まで仕事をし、シャワーキャップの上に帽子をかぶって帰っていった紅子ちゃんですが…

今朝来てみたら、

 

ほとんどパーマかかってなかった…

 

 

なんでも、昨日仕事を終えてから美容院にもどり、チェックをしてもらったが、髪がストレートすぎてこれ以上かからないと言われたそうな…

 

おいくら万ドンかかったんだか知りませんが、ちょっとがっかりの紅子ちゃんでした。私やのののようなカールにしてみたかったそうなんですが…

 

この話を近所の人としていたら、「そういえばこちらの人で天然パーマっぽい人を見かけたことがない」という話に。

 

 

まあ、ロングで黒髪ストレートが美人の象徴とされるお国柄なので、多少のウェーブはストレートパーマで消してしまう人が多いと思われるのですが、それ以外では明らかに美容院でかけました!的なウェーブヘアのひとばかりです。

 

 

基本的に天然パーマは優性遺伝とされていますが、もしかしたらベトナムではストレートが優性遺伝なのか?!と竹内久美子さん風に思った私でした。

いや、それ以上の発展はないんですがww

 

 

そして件の二段ベッド、まる一日かけて組み立てたあげくに

 

 

ベッドマットはない

 

というオチが。

 

ろなうは家具屋に一緒に頼んでいたようなので(オーダーなんだから当然なんですが)、家具屋のミス。

「急いでこれから作ります」と言われて、3日後に到着し、翌週からやっと自分たちの部屋で眠れたりんりとりりりでした…

家具がそろって収納も増えたので、子ども部屋もずいぶんすっきりとしました。

 

 

そして、机やベッドと一緒にろなうに頼んでいたダイニングテーブルは

 

 

 

 

 

忘れられていたという…

そしてこんなとき

さっき、昼休みから帰ってきた紅子ちゃん…


頭にシャワーキャップをかぶっています!!

 

 

昼休み中にパーマをかけてきたそうな…orz

 

 

どうりで、なかなか帰ってこないと思った…

 

そして、そのまま午後の仕事をしています…

 

パーマ液臭いです…

 

 

 

そしてそして…

 

 

 

 

 

いつまでそのまま放っておく気だ?!

 

 

 

すごい気になるけど、聞いたら「じゃあもう一度美容室に戻ってくる」とか言われそうで怖くて聞けないそんなとき。

こんなとき

主に台湾系のDVDが手に入るお店で、子どもたちのために「名探偵コナン」のDVDボックスを購入しました


ウキウキとこの週末に観てみたら、

 

 

 

半分が未来少年コナンだった…

 

 

 

そんなとき。

 

 

あ、親的にはバッチグーですわ

 

カスタマイズの日々

久しぶりの投稿でございます。その間何をしていたかというと…

日本から持ち込んだ荷物をいろんなところに詰め込んだり、家具を変更したり…と、家の中をカスタマイズしておりました。

 

まず第一弾として、7月からの懸案事項、子ども部屋の二段ベッドと机がついに到着。

というか、すでにできあがっていたものの、ろなう家の不幸や我が家の帰省などによって搬入を延期していたのでした。

我が家の希望としては、ナチュラルウッドの家具だったのですが、「ナチュラルウッドは木を伐採して作るので地球環境に良くない。合板製にしてほしい」というろなうからのありがたいアドバイスにより、茶色の合板に変更したのでした。ま、合板のほうが安いわな…

ひろーいクウィーンサイズのベッドなのに、毎晩二人で寝るときに大喧嘩を繰り広げていたりんりとりりりも、一刻も早く二段ベッドが来ますように!とお祈りしていたのです。そして待ちに待った約束の日、1時間遅れ(←デフォ)で家具屋到着。

 

来てから作る人々

←何してんすか?

 

 

ええ、もちろんうちに来てから組み立てしてるんですが、なぜか途中でベッドの中板をのこぎりで切断

 

 

いや、それって出来上がってないし…

 

ほかにも、机を組み立てながらがたがたするとカンナで削りなおしたりと、日本では考えられない自由な発想によって3時間後にようやく完成。

 

 

 

 

あ、ベッドが。

 

 

机はもちろんその後ね(・∀・)つ

お昼ごはんもたべなくちゃ(家具屋が)

 

サランラップでくるまれた

←サランラップに包まれて、延々半日以上エレベーターホールに放置される我が家の机たち。

なんか誰かが持って行っちゃいそうでこわくてうちの玄関も開けっ放し。

 

 

落ちつかねえ…il||li _| ̄|○ il||l

 

紅子ちゃんもあおりをうけて、お昼ごはんを喰いっぱぐれ。やさぐれる私たち。

 

午後3時、やっと机も完成。案の定組み立ててでたゴミはそのまま帰ってしまったので、紅子ちゃんがきれいに掃除してくれて、やっとなんとか子ども部屋がリニューアルされたのでした。

2段ベッド

机

 

 

 

 

 

なかなかいい出来でしょう?

 

 

 

全然茶色じゃないけどな。

 

 

新学期!

先週から学校が始まったと思ったらいきなりの過密スケジュール…

わがレジデンスにまたもりんりの同級生を初めとして3人の小学生が増え、スクールバスが一回り大きくなっていました。

りんりのクラスも学校で一番人数の多いクラスとなり、総勢29名。増築された大きな教室で新しいスタートです。

金曜には新校舎見学も兼ねた授業参観と懇談会がありました。

またこの日程が…

 

1年生2時20分~3時20分

2年生以上3時20分から4時20分

 

 

 

微妙にずれてますがな。

 

子どものためとはいえ、2時間連続で懇談会はツライ。その上授業参観なんて私にはとても無理。最近富にじっとしていられないののは紅子ちゃんに預けていくつもりだったので、長時間はますます難しい。

 

ということで、勝手に授業参観省略。

 

さて、1年生の懇談会は転入生もなく、幼稚園のお迎えと時間が重なっていることもあって比較的少な目の人数で和気藹々と終了しました。2学期の行事予定を聞いて、親子共にまたもや忙しそうな日々にすでに驚愕…

4年生のほうは、6名の転入生があったため、各自自己紹介から。1年生と同じく2学期の行事の説明の後、余った時間で子どものことで困っていること、悩んでいることを紙に書き、同じ悩みを持つ方同士でグループディスカッションすることに…

 

りんりの悩みは「忘れ物」です。

 

そう紙に書いて、何気なく座っていたりんりの机の中を探ると…

 

 

算数の教科書発見!!

 

 

ああ、すでに忘れ物大将ですがな。そして、ディスカッションを行って気がついたのは、同じ悩みを持つ親同士で話し合っても、解決策は見つからない言うことでした…だって、親も忘れ物大将なんだもーん

 

………il||li _| ̄|○ il||l

 

 

さ、気を取り直して。

 

2学期は、9月にスクールフェスティバル、10月に運動会があるそうです。

スクールフェスティバルと言うのは、俗に言う学芸会のようなものだそうで、りりりたち1年生は「大きなかぶ」の劇、りんりたち4年生はボイスアンサンブルとボディパーカッションをやるそうです。

りりりは第一希望のナレーター役になれたと大喜びでした。りんりは毎日のように練習が予定されていて、9月はクラブ活動もお休みで4年生以上の練習を行うらしく、これまたハードそうです。本番までの1ヶ月足らずではたしてどんな舞台になるのか、親もハラハラしながら見守りたいと思います。

 

そして、我が家では…

NHKが完全に映らなくなっていました…

日本人の楽しみだったNHK…なんでも例のテニスコートでのレッスンを禁止したエグゼクティブマネージャーの意向のようです…おお、ダイのお楽しみどんど晴れが…

 

どうやら方法はなきにしもあらずなので、また色々と裏ルートを検索中です。どうなることやら。いろいろと先行き不安定なスタートです。

 

 

帰ってきました

帰ってきました、ハノイリターンズ。

結局日本では予言どおりに病院行って病院行って病院行って買い物して買い物して終わりました…りんりの喘息、最後まで完治せず。やはり身はベトナム人のようです(笑)

それなのに買い忘れが続々と発覚…まあ、私の仕事なんてこんなもんです(爆)

 

最後に受けた人間ドッグではいくつかひっかかり、そのうちひとつは「要再検査」に…

初めての項目な上に、こちらでその検査が受けられるのかが不明なのがちょっと不安です。けっこう痛い検査らしいし…

 

しかし、初めて行った人間ドッグ専門のリュクスな病院は、とってもシステマチックで豪華でございました。集う方々も企業のお偉い方っぽい面子で、新参者の私はダイの後について忍びのように音もなく検査室から検査室へと移動しておりました。

面白かったのは、胃の検査。いつもどおりにバリウムを飲んで検査技師の方の指示に従って宇宙遊泳のようなポーズで検査を受けていたのですが、その指示を出す技師の方がなぜかタメ口でオネエ言葉だったのです。

 

「は~い、そうでえ~す。ごめんねえ、もう少し向こうむける?」

「ど~ぉ?だいじょうぶかしらあ、もうすこ~しがまんしてねえ~」

そして最後に機械で胃を押すときに、「あれ、あばら押しちゃうかしら、痛かったら言ってね」とステキなとどめをさしていただきました。あばら、無事でした。お肉満載の自分のお腹に感謝!

 

しかしもう検査の間中技師の方が気になって気になってぜひとも顔を見てみたい!と思っていたのですが、眼鏡をはずしている上に暗がりでどうしても顔が良く分かりません。

 

このままじゃ帰れない!と思っていたら、帰り際にやっと検査室から出てきたその方を発見!なんちゃってヨン様のような茶髪ロン毛カールで、わたしを至極納得させたのでした。あーすっきりしてよかった!

 

帰る前日もりんりが塾でテストを受けているというのに、私はののを連れてゴージャスなマンションにお住まいのステキなマダムのお宅をご訪問。忙しくてなかなかつかまらないと評判のウォーキング王(キング)のマダムまで呼んでいただき、楽しいひと時を過ごしました。

自分の身体を痛めつけてまで掃き清められたステキなお部屋をののの食べこぼしとよだれで台無しにしてお暇したのでありました。その節はご迷惑をおかけしました!

私信として、「チョコ納豆、大人はいけましたが子どもにはイマイチのようでした。そんなに納豆の味は感じなかったんですが…チョコの中身がしょっぱいのが子どもには許せなかったようです」あはは。

 

お盆明けからは毎日のようにりんりたちのお友達のお宅へ遊びに行かせてもらい、親子ともども楽しい時間を過ごしました。幼稚園の同窓会では先生方からも大歓迎をうけ、りんり、りりりも照れくさそうでした。

りりりの大好きなお友達とも会い、沢山遊んでも遊んでもずっと一緒にいたくて夜涙が出たり…楽しい思い出が沢山出来た夏休みでした。

 

 

そして帰りの成田空港では、チェックインカウンターが一部工事中の上にチェックイン方法が若干変更になり、まんまとだまされるおばかなpiyomaru家。結局最後にいろいろと買い物したいと思っていたおみやげも満足に買えずに搭乗したのでした。

しかし、ダイはいつも必ず一番先に飛行機に乗りたがるのですが、一体何故なんでしょう?荷物を置くスペースを沢山取りたいからでしょうか?私は早く乗っても子どもたちが動き出すまでに飽きるので、ゆっくりでもいいんですがねえ…

後から乗ると荷物の置き場所以外に困ることってあるのでしょうか?旅慣れた方、どなたか教えてください!!

 

飛行機は幸いがらがらで、ののも比較的自由に動き回ったり、眠くなったら肘掛を上げてシート3列占領してベビーベッドのようにしていただいたりといろいろと気を遣っていただきました。飛行機に慣れないののはほとんど泣き通し、おっぱいくわえっぱなしだったのですが…いつか平気になる日が来るんでしょうかねえ。

 

 

 

ノイバイ空港に到着すると、なんだか「帰ってきた!」という気持ちになりました。みんなで、「やっぱりおうちはハノイにあるんだねえ」と話しながら1ヶ月ぶりの我が家へ。

いない間、紅子ちゃんがきれいにしていてくれたおかげでとっても片付いたおうち。ビバメイド。ダイ一人だったらと思うと、気が遠くなります。

何度か停電があったらしく、電化製品のタイマー設定が消えていたり、衛星放送のシグナルが変更になってNHKが観られなくなっていたり、謎の小さい虫が大量発生していたりしましたが、デフォの範囲内です。言い切れる自分がえらいと思います。

 

そして今日から2学期。始業式がありました。

りんりのクラスには、新たに6人(!)の転入生があったそうで、教室が広い教室に変更になったそうです。日本人学校全体でも人数がとても多くなっているので、夏休みの間に4階を増築したのです。

同じマンションにもりんりの同級生がまた増えました。さっそく一緒に遊び、すっかり仲良しになっていました。そうそう、5ヶ月前、こうやって同級生たちがりんりを放課後誘ってくれて、仲良くしてくれたんだと懐かしく、りんりも新しい仲間を歓迎する立場になったんだと感慨深かったです。

 

そして早速9月最初のピアノレッスン。1ヶ月練習していなかった割にまあまあの出来だったんではないかと思います。りんりの大好きな「ハンガリアン舞曲第5番」はokがもらえず、もっとテンポを早くするようにとお達しがありました。そんなに早く弾けるかしら…

 

学校も今週金曜に早速保護者会があるようです。なんと1年生と2年生以上が別の時間。両方に出席すると2時間半学校にいなくてはなりません。うーん…いきなりハードだなあ。なにせ私の頭の中はいまだに夏休み気分が抜けていないので、山のようにもらってきたプリントもまだ頭の中に入らないのです。

 

 

大丈夫かしら…がんばらなくちゃ。

 

 

 

Calendar

08 ≪ 2007/0910
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。