いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月も…

雨の旧市街またもやって来ました学期末。3月は12月にもまして忙しそうで…

帰国される方の為のお別れ会、クラスが終了するためのお別れ会、学校での先生への感謝の会、卒業生を送る会、お楽しみ会…

お別れのための行事がてんこもりです。それだけ人の出入りが激しく、なおかつ別れを惜しみたくなるようないい方、先生ばかり…スケジュール的にどうしても難しい、と思っても無理を押してできるだけ参加したくなってしまうのです。

そんな感じで修了式まであっという間に過ぎてしまい、春休みに突入するんだろうなあ~。去年の今頃は自分が送られる立場で、いろんな方に沢山助けられていた私。今でもののに手がかかるだろうからといろんな方に助けていただきっぱなしです。自分のできること範囲で、役に立つような存在になっていければなあーと思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そうしてすっかりひな祭りの用意を忘れているダメ母…りりりとののの嫁入りは遠くなるばかりですわ…

スポンサーサイト

どんな最期だ

ぶんママさんのところからいただいてきました。おもしろ遺言。

 

私の遺言、どんなもんなんでしょう~?


 

 

piyomaruさんの遺言

 

どんなシチュエーションで誰に言ってんだかまったく見当がつきませんが…

とりあえず、自殺なのかしら…

 

旅立ちの持ち物はいいね!これは本気で入れていただきたいかもですわ。

 

よろしかったら皆さんの遺言を教えてくださいね~!

やっとテンサイ!

パリブレスト昨日はりんり10歳の誕生日。

「9歳(クサイ)」からやっと「10歳(テンサイ)」になりました!


りんり、10歳の誕生日~同級生がみんな10歳になっていく中、りんりは10歳になるのを待ちに待っていました。

主な理由はサッカーです。りんりの通っているサッカーは、インターナショナルスクールの講座なので、学年割りが生まれた年で厳密に分けられています。早生まれのりんりは入った当初9歳だったため、9歳の子たちのチームに入ったのですが、そうすると同級生たちのいる10歳チームとは時間も違い、日本人はりんりを含めて3人だけ。10歳チームは日本人が多いためにボランティアで通訳をしてくれるお姉さんがついてくれますが、9歳チームは通訳なし。毎週半泣きで通っていたのでした。

しかし、10歳になったことで、早ければ4月から同級生たちと一緒のチームに通えるかもしれません。今から来期のエントリーが待ち遠しいりんりでした。

 

そして、お誕生日プレゼントは

レゴ レーサー フェラーリF1 1/8 8674

 

 

をリクエストしていたのですが、あまりの高額商品に却下。

こちらになりました。

レゴ クリエイター 観覧車。羽根橋やクレーンにもなり、バッテリーつきで動くらしいです。日本未入荷とか。

そんなすごいものが何故フェラーリの半額以下で手に入るのか。そんな不思議な国ベトナム。

もちろんりんりは大喜び。いつもは半泣きでやる宿題や通信教育も意欲的にこなして部屋に閉じこもっています。いつ出来上がるのかしら…

 

そして、りんりに作ったバースデーケーキは、パリブレストにしました。大きなリング状のシュークリームですね。このところ手に入りやすい苺をいっぱい使って、久しぶりにケーキらしく仕上げました。真ん中の穴のところには、メトロポールホテルで買ったマカロンを入れてます。りんりの大好物。

夕食には特別にお寿司をデリバリーしてもらいました。お寿司大好きのりんりですが、さすがにこちらでは高価なのと、テト前後で流通状態が悪く、当たったという人がけっこういたので控えていたのです。私的にも自分でいろいろと作らなくても豪華になって大助かり。ズズちゃんがイカの肉詰めも作っておいてくれましたし。

 

お友達を呼んで誕生会をすることは出来ませんでしたが、久しぶりに家族がそろって誕生会をすることができて、私とダイは自己満足に浸っています。

もうすぐハノイ在住1年。私も子どもたちも大分こちらの生活に慣れてきました。3月でお別れしなくてはならない方々も沢山います。こちらに来てとてもお世話になった方も、いつも一緒に遊んでいたお友達も…

さみしいけれど、お別れのときまで精一杯仲良くして、沢山思い出を作りたいと思います。そして、4月になって不安いっぱいでやってくる新しい方々をできるだけ歓迎して、すこしでも不安が取り除けるように協力できれば、と思っています。


 

順調に始動したはず…

新しいメイドさん、この人に似ています…

というわけで、ブログネームはズズちゃんに決定~♪いつもながら安易なネーミングの自分に乾杯!

 

さて、ズズちゃんがうちで働くようになった日にののが幼稚園に通い始めたので、以前の紅子ちゃんと違ってベビーシッターのお仕事はほとんどありません。勤務時間は紅子ちゃんのときと同じなので、掃除洗濯だけだと時間が余ってしまう。なにせののちゃん、以前は我が家の倍の広さはあろうかというビラで働いていたのです。そしてメイドをする前はホテルのランドリーで働いていたとかで、アイロンかけがうまくて早い!

この世に存在する家事の中でアイロンかけをもっとも憎んでいる私としては、これは大変に助かります。

 

というわけで、時々ズズちゃんの得意なベトナム料理を作ってもらっています。

ベトナム料理~これはおとといの夕食。私のリクエストで、揚げ春巻き、とカインチュアというタマリンドを使った甘酸っぱいスープ、それにりんりとりりりの大好物、空芯菜のにんにく炒め。

どれもとてもおいしかったです。日中出かけていて、夕食の支度が間に合わないときに、いざとなったらズズちゃんに頼めると思うと大変気が楽になります。

そして、土曜日のお昼には子どもたちの大好物フォーボーを作ってもらいました。写真を撮る間もなく貪り食う子どもたち。

中でも一番ひどかったのがこの人↓

フォーボーを貪り食う

 

 

 

 

 

わしづかみです…

 

この後、頭から被りーの服に擦り付けーの、仕上げにりりりの飲み残したスプライトをほぼあごから垂れ流しながら飲んでフィニッシュ。とっても満足げでした…ハァ~…

 

幼稚園で一体どんな風に昼ごはんを食べているのか、とっても気になる私…

はまっています

先週から短期講座を受けています。それは…


多分矢車草…ポーセリンペインティングです。

陶磁器に専用の顔料で絵を描いていくというもので、michakoさんもずっと以前からやっていらっしゃいますね。

私も、昔から興味があって日本でも講座を探したりしたのですが、家の近所に教室が見つからずにあきらめていました。昨年の秋、UNISの短期講座にポーセリンペインティングを見つけ、しかも同じレジデンス内の日本人の方が教えてくださるとの内容に即座に申し込み、4回の講座でなんとか出来上がらせさせたのが、写真のお皿です。初心者はまずこの矢車草(コーンフラワー)で練習をするそうで。

とても難しかったのですが、やはり楽しくて、また講座があったら受けたいなあーと思っていたら、先週から3回の予定で講座が始まりました!

今回は薔薇を描いています。受講してから思い出すのですが、本当に難しい…

 

同じ花を練習していても、選んだ顔料の色やちょっとした筆運びの違いで全然違う印象になります。前回も今回も一緒に受講しているお友達は私と違ってとてもセンスが良く、比べるとほんとにがっかりさせられますが、まあ世界にひとつだけのお皿が完成するのだからと、半ば開き直って描いています。

3回の講座の後、薔薇に見えるお花が描けているのか…そこははなはだ疑問ですが、あと2回、がんばるぞ~!

兄もがんばってます。

1月に数学検定7級を受験したりんり。

見事合格しました!やった~!!


5年生以上で習う範囲であることを承知で、4年生の中で一人だけ7級を受験したりんり。学校の先生方のフォローもあり、担任の先生には「大丈夫ですか?」と心配されながらの受験でした。合格して本人も驚いていましたが、とてもがんばっていたと思うので、努力が報われて良かったと思います。

 

そして昨日から塾にも通い始めました。以前から同じマンションの友達が通う姿を見て行きたがっていたのですが、毎日の予定が詰まっていることもあってゴーサインが出せませんでした。

けれども、通信教育もこれまでどおりがんばるという本人の固い意志によりやっとダイのOKが出て、塾通いが始まりました。

学校に直接先生が迎えに行って下さって、そのまま塾へ。帰りは7時過ぎです。お弁当のほかにおにぎりも持って、ランドセルに入りきらないために大きなリュックサックにパンパンに荷物を詰めて行きました。日本で塾に通う子は、これを週3回もしてるんだなあーと思うと、本当に大変だと思います。送迎を先生がやってくださるのでできることで、日本だったらりりりとののがいるので塾通いは難しかったかも…

 

これでいままで躓きがちだった通信教育のフォローが出来るといいなと思っています。がんばれ~!りんり!!

そしてののちゃん

さて、テトが明けてすぐの(街中はまだまだ休眠状態の)2月11日月曜日、ついにののが幼稚園に入園しました!

テト前に入園手続きを済ませ、タイから帰国した翌々日からののの幼稚園生活がスタート。1歳6ヶ月から入園可の幼稚園に1歳7ヶ月で入園しました。もちろん最年少。なのにいきなり初日から午後3時半帰りです。母としてどうなのか…

結局幼稚園はレジデンスの敷地内にある、うちから徒歩15分ほどのインターナショナル幼稚園にしました。何かあったときに近い方が便利だろうというのと、いくつか当たったほかの幼稚園はののの入れるクラスが全て定員いっぱいのウェイティング状態だったのです。

最初は2歳になるまで待つつもりだったのですが、ただでさえ入居者が増加している昨今、春まで待ったらこの幼稚園も定員いっぱいになりそうだったので急遽手続きをしたのでした。

 

早めに手続きを済ませた割に、「入園のご案内」などは存在しないようで、初日に登園するまで親の方が「本当に手続きできているの?」と不安になりましたが、行ってみるときちんとのののロッカーや下駄箱があり、担任の先生が迎えてくれました。

初日こそ一日中泣いていたののですが、1週間が過ぎた今は、朝の支度が済むと進んで靴をはきたがり、教室の前で先生に抱っこされて私に投げキッスをするまでに…

 

いくらなんでも順応早過ぎないか…?

 

でも、楽しそうで何よりです。やはりののの性格には幼稚園が合っていたようです。そして、今週になって3人ものののクラスに新しく入ってきたので、ほぼ定員いっぱいとなりました。セーーーーフ!

 

そして今までほとんど言葉らしい言葉を発しなかったののが、先日、自分の履いていたタイツについていたりんごの模様を指差して、

 

「あぽ」

 

と一言。

 

ほんと、子どもの順応性って(ry

いつまでたっても同じ単語が覚えられない母の老化した脳みそと変えて欲しいわ…

 

 

さらに、ののの入園した日から新しいメイドさんがやってきました。ニューメイドです!以前日本人のおうちで働いていたことのある人で、とても小柄で働き者です。

私も昼間一人の時間が少し持てるようになったので、やっと滞っていた家の中の片づけが出来るようになってきました。引越荷物の整理に手がつけられそうです。つか、もうすぐ1年経っちゃうし…

 

つぎなる私の野望は断乳。これしかないでしょうね…さてどうなるか?

テト旅行~バンコクへ移動

移動中さて、タイ旅行3日目。

バンコクへ車で移動でございます。

 

 


大都会だにゃさて、皆様誤解をされているようですが、タイへの旅行は決してセレブ旅行ではございませぬ。

バンコクは実はホーチミンより近い。しかも航空運賃もホーチミン行きと同じくらい。そして何より、旧正月中のハノイの町は、店も役所も銀行も本当に全てがストップするのです。しかもたっぷり1週間。大都会なんだにゃ~!



そして真のセレブたちは日本へ里帰りしたり、シンガポールを経由してスイスへ、またはオーストラリアへ、イタリアへ…

 

 


そうです、シンガポールやタイを単なる経由地にする方々こそ真のセレブ。

 

いやあ、そんなことまったく思いつきませんでしたわ…



さて、そんなテト初心者の我が家、午後にパタヤを出て夕方バンコクへ着きました。バンコクでの目的はもちろんショッピング!この日のために早くから買い物にベストポジションのホテルを予約しておいたのです!


そしてさっそく夕方から買い物しようと張り切っていたら、お疲れのダイからクレームが…まあ、そうか。

 


そこでその日は涙をのんでゆっくり休むことにして、翌日午前中に1時間1本勝負で私だけ伊勢丹へ。そうです、伊勢丹があるのです!館内放送も日本語、青森りんごフェアとかもやってる伊勢丹。ファンタスティックバンコク!


ふと気がつくと両手いっぱいの買い物袋を抱えてたたずむ私…もちろん中身はハノイでは手に入らない日本食たちが。

 

象に乗った!午後からは子どもたち待望の象ライドです。

象ライド…

 

そう、象に乗るのです。イッツ ア シンプル!!

ローズガーデンという場所で象に乗れると聞いて、急遽パタヤから半日ツアーを予約していたのです。ここは手軽に象に乗れるのがウリらしく、入り口を入ったらすぐに象乗り場が。

体重の関係でか、私とりんりりりり、ダイとののという組み合わせで乗りました。ちょっとバランスを崩したら即落下しそうなステキなチェアに今にも千切れそうなベルトを締めて座り、予想以上に上下する象さんの背中に揺られることおよそ10m。意外とスリル満点でたのしい時間でした。

ふと後ろを振り返ると、ダイのひざの上で硬直しているののが。のの、がんばったね!1歳7ヶ月にして象を制覇!(大げさな…)

 

ムエタイを観た

お次は場所を移してカルチャーショーの鑑賞です。「タイ伝統建築のタイハウスを再現し、皆様にタイの伝統的な文化や各地方に伝わる踊りを紹介します」というもの。あまり期待していなかったのですが、これもまたよく出来ていて面白かったです!

 

タイの伝統カルチャーショーを観たあまりの楽しさに、気がついたらダイが写真を撮りまくっていました…ちょっとびっくり。

 

 

お祝いの踊り?

バンブーダンス?

 

 

 

 

名物 大渋滞帰りは、バンコク名物の大渋滞に巻き込まれ、行きの倍以上の時間をかけて街中へ戻りました。

 

え?もちろんその後買い物しましたよ?バンコクは夜が長いですから!

久しぶりの電車サイアム・パラゴンその次の日は、BTSという電車に乗ってサイアムという駅で降り、バンコクの渋谷と呼ばれるサイアムパラゴンへ。このなかもあまりの広さに圧倒されました。立派な水族館もあるそうなのですが、今回はたどり着けず…悔いが残りました…

 

とても楽しいバンコクですが、いたるところに階段があり、エレベーターがなかなか見つからなかったのがベビーカーユーザーにはちと辛かったです。まあ、ハノイも似たようなものなのですが、いかんせんバンコクは全てが広い。道路も広ければショッピングモールも広大なので、もう少しエレベーターやエスカレーターが完備されればなあーと贅沢な悩みを持ちつつ、今年のテト旅行は終了しました。

 

子どもたちも行くまでは「ええ~?なんでタイ?」と不満げだったのですが、海で遊び、日本のおもちゃや本を買い込んでご満悦でした。また行けるといいねえ~。

 

 

 

 

 

 

テト旅行記~パタヤ

さて、パタヤ2日目。幸いいいお天気に恵まれました!

そうとなったら、行く場所はもちろん海です!


91b70359.JPG 早速朝からビーチへ繰り出したものの、朝のビーチは

超満ち潮。

 

そして、海岸線沿いにはびっちりと近隣の島へ送迎するモーターボートが停められており、遊べるスペースが皆無…

ホテルの目の前がビーチなのに、仕方なくちょっとでも遊べるスペースを探して歩くこと5分。やっと5Mほどの空いている砂浜を見つけて遊びだしました。

 

私はののと砂浜に置いてあるビーチチェアを借りて一休み。と思っていたら。

ひっきりなしに物売りやマッサージがやってきて、心が休まりません…

「フルーツ」(種類別にやってくる)「テンプーラ」(エビフライでした)「子どものお砂場セット」(痛いところを突いてくる)「サングラース」「マニキュア」「フットマッサージ」「ジュース」「アイス」…etc

 

ののは、初めての海に大興奮。ダイが波打ち際まで連れて行くと、進んでズンズンと海に入っていこうとします。何度波をかぶってもへっちゃら。逆に海から出そうとすると号泣して抵抗します。怖いもの知らず。

 

ホテルのプ~ル~海から上がったらそのままホテルのエントランス前にあるプールへ直行。今度はプールで一遊び。

赤ちゃん用プールでもののの暴走は止まりません。

ヘルパーをつけてプールサイドによじ登り、噴水の水を飲もうとします…

プ~ル~

 

命に関わるから、それ。

 

←そして、捕獲された幼児A.

 

たっぷり水遊びした午後は、車で40分ほどの水族館へ。ここには105mの水槽のトンネルがあると聞いて、水族館フリークのpiyomaru一家は楽しみにしていたのでした。

水族館~

トンネルは予想以上に幻想的で迫力のある世界でした。サメばかりが泳ぐ水槽のトンネルでは、全長3mは越えると思われるようなサメが真上を横切ったり。

りんり、りりりもですが、ののもまたもや大興奮でした。

 

前情報ではパタヤはゲイのメッカと聞いていたのですが、その通り、いたるところに怪しげなカップルが…そして、街行く人の中に自然に融けこむニューハーフの方々。

ここの水族館のおみやげものやさん、店員さんは二人ともニューハーフの方でした…ほんと、普通にいるんですよね。こういう方々にはとても暮らしやすい土地なのかも…などと思いながら、パタヤの夜は更けていくのでした。

 

テト旅行記~はじまり

さて、先週のテト。piyomaru一家が旅立ったのは…

ど~こだ?

 

 

 

←ここです!近代的な空港の中にある社…さて、どこの国でしょう?


タイです!ハノイから飛行機で約1時間40分。仏教の国、微笑みの国とも言われるタイ。ベトナムから行くと大都会です。ファミマもセブンイレブンもマックもスタバも伊勢丹もロフトも無印良品もサンリオショップもあるぞタイ!血圧は上がる一方でございます。

 

piyomaru一家はまず一路パタヤへ。海を求めてドライブ(いや、運転手さんが連れて行ってくれたんですが)です。

さむーいハノイとは大違いのタイ。気温30度前後。室内は冷房が効きすぎて寒かったです。違う意味で長袖が必要だったことに気がつく私…

朝4時おきで出かけた私は、車で爆睡。気がつくとすでにパタヤでした。空港から約1時間。子どもたちの感想は、「暑い」「バイクがあまりいない」「高速道路がある」「ビルが沢山ある」「広い」「きれい」などなど…ほんと、ハノイとは大違いだね。

 

船の形のホテル~予約しておいたのは、こんな船の形をしたホテルです。部屋の内装も船を意識していて、リネン類は紺と白で統一され、従業員の方も船員さんやセーラー服の水兵さんがいたりして、楽しい!

エレベーターもシースルーで、1階の乗り口から見える植木には熱帯魚の模型がついていたりして、もう全体的に海!をイメージしていました。子どもたちもこれには大喜び。しかも、本当にタイの人は皆さん微笑がステキ。そして子どもに優しい気がします。ののもちやほやされていました。

 

パタヤ初日はあいにくの小雨模様。けれどもせっかく来たのですから一目ビーチは眺めなくては!

パタヤの海と、やってきたホテルから徒歩5分のビーチ。

引き潮で、雨模様で、人影もほとんどありませんでしたが、久しぶりの海にりんり、りりりは大興奮。初!海のののはびっくり!でした。

よく考えたら、生まれて初めての海水浴がタイのビーチですよ、のの…わが子ながら軽く嫉妬ですな…

 

泳ぎた~い!と騒ぐ子どもたちをなだめながら、明日はいい天気になりますように、とお願いしながらホテルに戻りました。

 

Calendar

01 ≪ 2008/0203
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。