いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちみーん!

さてさてホーチミン2日目。

朝からホーチミン最大の市場、ベン タイン市場へ出かけました。ハノイのドンスアン市場と似た感じですが、規模が全然違う!一日ではとても回りきれません!!

 

お友達はきちんと買うものを物色済みで来ていて、市場入り口で「あ!この時計が欲しかったの!」と早速値段を聞いていました。英語も話せるオネエサン、1個20ドル、絶対負けられないと言いました。

「ええー!ハノイでも12ドルだよ?しかも、ここなら7万ドンで買えるって聞いてきたのに!!」

なんでしょう?この値段の幅は…2000円から500円ですよ?なんかおかしくないか?

 

 

市場で値切った時計~480円くらいなりしかし、お買い物上手のお友達、さらに市場の奥へ入ったお店で同じものを見つけ、見事7万ドンでゲットしていました。私も便乗。市場の入り口と言うのは、時間のない観光客があまり値切らずに買っていく場所なのでどこも高めなんですね。お時間のある方は奥まで入ってじっくり腰をすえて値段交渉するのがコツのようです。

そんな母たちの横で、男子チームはガラス細工やさんの小さな鯨をおそろいで買おう、と相談していました。1個2000ドン。

 

市場のあとはパークソンと言うデパートへ移動し、フードコートで昼食をとりました。ロッテリアも中華料理もイタリアンも鉄板焼きも韓国料理もあるごくふつーのフードコート。文明のにおいがします。

しかも、このデパートの屋上にはゲーセンとボーリング場があり、ゲーセンにはプリクラが!!

もう日本の文明から離れて久しい子どもたち(長い子は通算5年以上海外暮らし)、プリクラを撮りたくて長い行列に並んでいました。旅行の良い記念になった様子。

さらに昼食後はショッピング。子ども用品売り場もハノイとは段違いに充実しており、ののが大興奮!おもちゃであそび、サンダルを試着し、ミニーちゃんのリュックをしょい…帰りたくなくて大泣きでした

 

母たち怒涛のショッピングのお付き合いで疲れたダイとはここでお別れ。私たちはホーチミンに住むお友達のお宅にお邪魔しました。

お宅拝見~窓が大きく、日当たりの良いステキなマンションです。

中庭やプールもステキだし、子どもが遊べるスペースもハノイより充実してる~!!

うらやましくてみんなでため息でした。

夕食はお友達のおうちの近くの日本食レストランでいただきました。ここのお料理、どれもおいしかった!私は海鮮丼をいただきましたが、ネタが新鮮でハノイより種類が豊富でした。その頃ダイはホテル近くの日本食レストランで一人で食事をし、マッサージを受けていたそうな…

 

私も行きたかったな…マッサージ…

ま、おいしくて楽しかったから良かったんですけどね。

 

そして明けて最終日も買い物へ。なんとホーチミン在住マダムが子どもたちをボーリングに連れて行ってくださり、大人だけでショッピングが出来ました!何てことだ!ブラヴォー!!ありがとうSさん!ハノイにいらした暁には命をかけておもてなしいたします!

観光客が沢山訪れる有名なドンコイ通りを散策…しようとしたのですが、1件ごとにはまってしまい、5mも進んだところでタイムアウトでした。

しかし、このドンコイ通りに10mも空けずに3店舗出店しているカイシルクと言うお店がなぜ共倒れにならないのかが謎です…

そして、1件目で悩んだバッグを2件目でお友達が購入しようとしたら、「うぇいとあみにっつ!」と元気に宣言してオニイサンが店の外へ飛び出しました。1件目にとりに行った模様で…

こういうときのために並んで出店されているのかwwとなんとなくしみじみしてみたり。

 

ステキなパン屋さん最後はホーチミン在住マダムたちの間でおいしいと評判のパン屋さんで昼食を取りました。

あまりのステキさに声も出ない私たち…

どのパンもとてもおいしく、もちろん翌朝の朝食用にみんなで買い込みました!

荷物を取りに帰るのも慌しくホーチミンを後にしました。思っていたよりもずっと都会だったホーチミン!絶対また来たい!でも、ハノイの町に立ったとき、ほっとしている自分もいて…複雑な気分です。

そんでもってマンションの隣の棟はまたもや停電だったし…orz

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

おみやげ物紹介~

 

かごバッグ

けめこさーん!これがかごバッグです!

籐とかじゃなくて、日本だと結束バンドなどに使われているプラスチックの紐を編んで作られています。

これが丈夫で汚れても水洗いできるし、なにかと便利!ハノイにも売っていますが、ホーチミンの方が断然種類が多くて安かったです。

その他ゲットしたものもの

そして、ホーチミンで買った品々(一部)

スモッキング刺繍はベトナムではとても安く手に入る品のひとつです。お出かけ用の子供服にとても便利。この藤色はのの用に購入。りりりにも買いましたが、サイズが大きくて一画像に入りきりませんでした。

ドラえもんの帽子はその名も「ドラえもんかか」という日本食レストランで食事した際にプレゼントされたもの。りんりは気に入って旅行中ずっと被っていました!白いハンドバッグはハノイのカイシルクでねらっていたものを誕生日プレゼントとしてダイに買ってもらいました。ハノイを去るお友達と色違いのおそろいです。3年後にまた戻ってくると宣言しているお友達、離れていても心はひとつ!の意気込みです!

 

スポンサーサイト

ほー!

修了式の翌日。私たちには次のミッションが待っていました…

しーらなーいまーちにー♪翌朝、りんりの同級生たち家族と向かったのは空港。

今、りんりと仲良しの同じマンションに住む4年生は4人。一人は何度も言っているように3月でお別れです。残る3人も、あと1年もしたらみんなバラバラになってしまう予定で…

6年生の時までほぼ確実に残る予定なのはりんり一人。そこで、春休みを利用して決行された事前修学旅行。母たちとそれぞれの兄弟も巻き込んで、総勢17名の大所帯でホーチミンに向かいました。もちろんののを連れて我が家も参加です。

 

初めての国内旅行。ホーチミンにはハノイから移動された方も多く、今回はその方々にお会いするのも楽しい予定のひとつになっています。ハノイよりも便利で開けているというウワサのホーチミン、飛行機では約2時間です。バンコクと同じくらいの距離なんですね~。

 

初めて友達たちとわいわい乗る飛行機に興奮するりんりとりりり。よく分からないけどいつもと違う雰囲気に興奮しまくるのの。早くも眠気のさす私…

 

いつもは長く感じるフライトもお友達効果であっという間に到着しました!立派なタンソンニャット空港!ノイバイ空港とは大違いです!!

そして空港からのタクシーもとてもスムーズに乗れました。ハノイではこうはいかないですなー。

その名も☆ホテル滞在先はこちら。出来たばかりのホテルということですが、日本人の利用者がとても目立ちました。立地もいいし、値段もお手ごろだからでしょうかね~。

街中に出歩いて、泊まるだけのつもりでいる方にはおススメです…(本気で薦めているのか…?)

 

ホテルに到着すると、すでにお出迎えの方々が来てくれていました!私がハノイに来たのと入れ違いにホーチミンに移動した方々と、昨年末に移動した方々。なつかしの再会です。初対面の私たちにもとてもフレンドリーに接してくださり、ベトナムで暮らす日本人の方々の優しさにあらためて感激しました。

 

ハノイでは朝晩まだ長袖も必要なときもありますが、さすがは南部ホーチミン。気温は35度。半そででも汗が止まりません!!それでも子どもたちは元気いっぱい!初対面で名前が分からなくてもOK!で楽しく遊び始めました。

さあ、街に繰り出すぞ!!母たちのお目当てのかごバッグのお店を見た後は、夕飯を取る予定のレストランまでみんなで元気に歩きました。

ハノイと違って広い歩道には、お店を広げる人も少なく、ちょっと安心して歩けます。やはり都会な感じ…

ホテルから歩いて7,8分ほどの日本食レストランでおいしく夕飯をいただき、ホテルに戻ってからはひとつの部屋に集まって遊び、11時半過ぎに解散。

解散と言っても、男子と女子はそれぞれ大人が一人ついて別々の部屋でお泊りすることになり、嬉しくてあまり眠れなかった様子ですが…

私たちの部屋は、仕事を終えて遅れて到着したダイがやってきて、ののと3人でゆうゆうと寝られてしまいました…面倒を見てくれた方々には申し訳なかったです…

 

しかし、その晩ののが一晩中夜泣きをしていたのでそれはそれで辛かったと言う…

 

ホーチミン旅行はまだまだ続きます~!

みっしょんはいんぽっしぶるだった

中途半端に期待をさせたとある指令とは…

 

 

お別れ会の時にクラスの全体写真と子どもたちがそれぞれ先生にお花を渡す際に記念撮影をし、それを修了式の日に配布する。全体写真はラミネート加工でね

 

あ、今みなさん「なんだそんなことか」とか思いましたね?ほら、そこのあなた!

私にとってはそんな「簡単なこと」ではありません…

ここですでにいくつか問題が発生しています。

 

まず、私は別に写真撮影が得意ではない。

ここは日本ではないので、写真のプリントに手間がかかるうえ、英語かベトナム語で注文しなくてはならない。

修了式まで中1日しか余裕がない。(春休みに入ってしまうと、先生が帰国してしまうため、締め切りは死守)

 

ほら、そこはかとなく雰囲気が重くなってきませんか?来ないか。

 

そんな事態に何故わたくしが選ばれてしまったかというと、単なる偶然のいたずらです。

 

デジカメを持っていて、街中で写真の現像をしたことがあったから。

 

 

おおう、日本だったら8千万人くらい当てはまりそうな条件ですが、この「街中での現像経験」をお持ちのマダムが意外に少なかったのです。他の腕に覚えのある方々が修了式の日に色々と都合が悪く、普通ならその他大勢に埋没しているはずのpiyomaruさんが急遽抜擢。異例な人事です。

 

てなわけで、お別れ会の間中カメラを構え、りりりそっちのけでみんなの写真を撮った私。全体写真の時もやたらと真剣でした。

 

それなのにアングルがイマイチだったのですが、ピンボケでなかったので皆さんに許していただき、学校帰りにそのまま写真屋へ走ったのでありました。ちなみにうちから一番近くて信頼できる写真屋さんは、学校へ行くのとは正反対の方向へ約7,8分ほど車で走ります。途中でののをお迎えして、緊張しながら向かいました。今プリントを頼めれば、余裕で明日には出来上がります。

 

 

 

 

写真屋、閉まっていました…il||li _| ̄|○ il||l

 

 

ベトナムにありがちな罠、「定休日でもないのに急に休む」に大ハマリです。

何もこんな大事なときに…と焦るpiyomaru。

 

 

しかし、めげません。翌朝一番で再トライ。今度は開いていました!!

そんなの当たり前?いえいえ、ここはベトナム。しばらく休業→そのまま閉店取り壊しとかもデフォですから…

 

 

今日中にどうしても受け取りたい!とオネエサンに強くお願いすると、「今日はとっても混んでいるので夕方6時でないとできない」とのこと。幸いに、同じマンションの方がそのくらいの時間に写真屋方面へ出かける用事があるとの事で、受け取りをお願いすることが出来ました。ありがたや~。

 

受け取りに行かれた方のお子様をうちでお預かりし、吉報を待っていると…

 

 

メールが。

 

「お店が閉まっています!!どうしよう!!!」

 

 

 

il||li _| ̄|○ il||l

 

 

 

6時に来いといったのは誰…??

 

 

 

 

いーえ、こんなことでめげては(ry

 

 

修了式当日の朝に受け取りに行き、そのまま学校へ向かって幹事さんにお願いするしかありません!

 

ちなみに写真屋は学校とは正反対の(ry

 

 

翌朝、やたらと早起きして写真屋に向かいました。もちろん開いてました!

私の顔を見るなりオネエサンが「おー、あいむそーりー」と。

 

あいむそーりーで済めば警察は…とか言っても通じないステキな国ベトナム。さっさと写真を受け取っていかなくては!そうだわついでに預かっていたお友達の受取証も出して、一緒に写真をもらっていかなくては。

きれいに出来ているかしら…ドキドキ。

 

 

 

 

お友達の写真と中身が混ざっていました…il||li _| ̄|○ il||l

 

 

あとは家から用意してきた各自の名前入りの封筒に写真を入れるだけだと思っていたのに…

 

車の中で写真をばら撒きながら仕分け開始。急ブレーキをかけられなくてラッキーでした。

 

 

なんとか修了式修了前に学校へ到着し、幹事さんに写真を渡すことが出来ました。ミッション終了です。

 

 

いやあー、最後まで気を抜けない3学期でした。無事に済んでよかったです。幹事の皆様、最後まではらはらさせてすみませんでした~。

 

 

 

1年生お別れ会

すっかりご無沙汰していました。日付を操作して投稿中。

1年生のお別れ会がありました。


1年生お別れ会修了式まであと二日という日に、1年生のお楽しみ会&お別れ会がありました。

クラスでは男の子が一人帰国します。そしてお世話になった担任の先生も帰国です…

指定の時間に教室に行くと、黒板に大きく「体育館にいます」の文字。行ってみると、体育館でやっていたのは、ジャンボカルタとり大会でした。

カルタ子どもたちで読み札も絵札も考えた様子。それを色別に分けたチームで取り合います。取る時は椅子の上から輪投げを投げます。絵札がわかっていてもコントロールが良くないとゲットできない仕組みです。うーん、先生、うまいです!こういう子どもの心をつかむような行事を思いつくのがとても上手な先生でした。

教室に戻ってからは、3月で帰国する子のお別れ会をしました。みんなで歌を歌って、色紙を渡しました。帰国する子からはお手紙つきのお別れの品をいただきました。忙しいのに、ハノイを去る皆さんはこういうお別れの品の準備もきちんとしてるんですね。自分の時も見習わなくては(つか、いつなんだ帰国って…)。

 

そしてその後は一応先生にはサプライズとして企画していた先生のお別れ会をしました。この日のために先生とのお別れバージョンに考えた替え歌を親子で歌い、一人ずつ花束をお渡ししました。最後にみんなで記念撮影。

先生、1年間本当にお世話になりました。ご自身も4人のお子さんのいらっしゃる先生、りりりも大好きな先生でした。帰国されてもきっとみんなに大人気の先生になることでしょう。お体に気をつけてがんばってください。

 

 

 

 

と、ここまではなんか心温まるいいお話だったんですが…

 

このあと思いもよらぬ指令がわたくしpiyomaruに下ったのでありました…

 

二分の一成人式

今年度10歳になる4年生、二分の一成人式をしました…

二分の一成人式4階に新しく増築された教室で、親を招いて行われた二分の一成人式。まずはグループ別に「自分の10年新聞」の発表をしました。

自分の生い立ちを写真などを交えて新聞形式で紹介します。さらに、新聞を作ってみての感想を作文にして発表しました。みんな、自分を育ててくれた親の苦労に驚き、感謝した、これからはもっと助けになりたいなどと書いていて、ホロリとしてみたりww

新聞を眺めていて思ったのは、やはり海外を転々としている子が多いことでした。必然的に引越も多いと思います。そういう環境が人に親切にしたりする心を育むのかしら、と思ってみたり。うちの子達もそうやってこれからやってくる友達たちに優しく接してあげられるといいなあ。自分もですが…

 

次はこの1年で出来るようになったことの発表でした。一輪車、コマ回し、体操、けん玉とそれぞれ披露してくれました。みんなレベルが高くてびっくり!りんりも昔から得意だったコマ回しで参加していました。あまり運動神経のよくないりんりですが、なぜか幼稚園の頃からコマ回しだけは得意だったのです。年長のときは毎日幼稚園でケンカゴマをしていたことを思い出しました。今回は綱渡りという技を披露していました。着地が惜しかった!!

 

ごんぎつね朗読次は「ごんぎつね」の朗読とペープサートの発表です。子どもたちの手作りと思われるペープサート、とても丁寧に作ってありました。朗読の子達も台詞のところは感情をこめて読んだりして本格的。

 

 

最後に子どもたちから親への手紙をもらいました。ここで担任の先生のサプライズ企画として、親から子どもへの手紙を渡すことに。

りんりも照れくさそうに自分の手紙を読んだ後、私からの手紙を読んで聞かせると恥ずかしそうにしていました。こういう思い出に残るような手紙には、泣かせる文章を書きますから!わたくし!!

どの子もお母さんたちの口元に耳を寄せて、嬉しそうにこっそりと手紙を読んでもらっていたのが印象的でした。

本当の成人式まであと10年。これまでの10年以上にあっという間に過ぎていくことでしょう。りんりはどんな大人になってるのかしら…

 

 

 

 

 

つか、10年後でもののはまだ小学生だという罠ww

お別れボーリング

男子のお別れボーリング大会がありました…

お別れボーリング大会ここ最近暖かくなったと同時にどわーっと湿気が出てきたハノイ。気がつくと子どもたちは半そでになっています。

そんな日曜日、ハノイ唯一のボウリング場で4年生男子のお別れボーリング大会が開かれました。

 

ボウリング場、初めて中に入りましたが、けっこうきれいでした。頼むとガーターレーンなしのおこちゃま仕様にもしてくれるそうです。そしてなぜか従業員たちはローラーブレードを着用。そんなに広くないのになあ。かっこいいからかしら…すぐに止まれなくて危ないんですけど。

 

子どもたちは2ゲームして、その後はカフェを借りてケーキやお菓子を食べていました。休みの日にクラスメイトがこうして集まることもなかなか難しい土地柄です。ただ集まっているだけでものすごく楽しそう。忙しい中、こういう機会を作ってくれて、いろいろな手配をしてくださった幹事のお母様方に感謝です。

 

りんりもとてもたのしかったようです。迎えに行くと帰りたくなくてふくれっつらになるくらい…

肝心の成績はあまり芳しくなかった模様ですが…そこはご愛嬌です。

 

4月から新しい国へ行く友達とは、今学期でお別れです。いつまでもここで過ごしたことを楽しい思い出として覚えていてくれるといいなあ。

 

私たちも忘れないよ。そして次に会える日を楽しみにしているよ。

親子ドッヂボール大会

3月はお別れイベント満載でございます…

親子ドッヂボール大会4年生のお別れ会があり、親子でドッヂボール大会をしました。

 

りりりが幼稚園の頃にもありましたが、ものっそいせまいコートで大人がひしめき合い、しまいには親対抗で本気モードになると言うまことに鬼気迫るドッヂボール大会でした。さて、4年生はいかに。

 

 

先生のご配慮でソフトドッヂボールを使用することになっていました。グッジョブ!先生!!なにせ私とほぼ同じくらいの背丈の子もいる4年生たち、男子が本気投げしてきたらトンズラするしかありません。想像するだけで怖すぎます。

 

3月でお別れする子が5人います。4人が女の子。もともと少ない女子がまたさびしくなります…しっかり者で可愛い頼りがいのある(?)女の子たちでした。みんな元気でがんばってね!

ドッヂボールの前にしっかり腹ごしらえをしてきた母たち。眠いです…←ダメダメな予感)一方、やる気満々の子どもたち。双方2チームずつに分かれて試合開始です。

ソフトドッチボール、普通のボールよりもひとまわり大きく、やわらかいのできゃっちが難しい。思わぬ混戦となりました。大人も本気で応戦しますが、やはり子どもにはかなわない。バンバン当てられました。ボールもうまくキャッチできず、グラウンドを走り回りました。もう汗だくです。

試合の後は教室に戻って先生に花束贈呈をしました。私たち家族とほぼ同時にいらした担任の先生、不便な土地での一人暮らしはさぞかし大変だったと思いますが、子どもたち一人ひとりを良く見てくださり、楽しい学校生活にしてくださいました。本当にありがとうございました。

そして最後にみんなで合唱。「ビリーブ」と「世界にひとつだけの花」を歌いました。世界にひとつだけの花を歌いだすと、なぜか母たち、振りつきで歌いだす…そしてノリノリ。

そんな母たちを暖かく見守ってくれる子どもたち、ステキです!そして、そんなノリの良い母たち、大好きです。来年度もよろしくね!!

 

 

 

 

とかさわやかに別れて翌日筋肉痛で右腕があがらないっつう罠ww

1ヶ月がたちました

ののが入園して丁度1ヶ月。月間のごほうびをいただきました。

賞状ののの賞状のタイトルは「一緒に遊んだで賞」というところでしょうか。

最近は朝もまったく泣かずに駐輪場から歩いて教室まで行き、先生に抱っこされてご機嫌でバイバイするのの。

しかし、この1,2週間で新しく入ってきたお友達たちがまだ泣いているので、つられ泣きをすることもしばしばのようです。でもすぐに泣き止んで、ダンスをしたり、おもちゃで遊んだりと彼女なりにエンジョイしている様子も聞いて、つくづく入園させてよかった、と思います。

同じレジデンス内から通わせている子が多いので、散歩中にののに声をかけてくる子どもが増えました。みんなののの名前を覚えてくれているのですが、ののは自分が分かっていても私に名前を伝えられないため、いまだに誰が誰だかわかりません。知っている顔を見つけると、指をさして「あ。あ。」と教えてくれるのですが、「あの子はなんて名前なの?」と聞いても、へ。」とか「だ。」とかいう返事だし…

 

いつか「○○。」と突然名前を言うようになるんでしょうね。またそのときは感慨ひとしおかも…などと親ばかに浸っています。

 

 

ていうか、ののの友達を増やしたいなら自分の英語力をもっと上げろっていう…

マイ アーオ ザイ

売っている食パンに髪の毛が入っていたりするのがデフォな国に住んでいると、何が毒なのか分からなくなってきてキケンですね…

お友達との思い出作り第2弾として、アオザイを作ってみました。

自分では決して作らないであろうと思っていたアオザイ…

こちらでは、卒園式や入学式に着たり、パーティドレスにしたりする方がいらっしゃると聞き、実際に作った方のアオザイを見るととてもきれいで、なんとなく周りの勢いに乗って作りに行きました。

 

場所はチョホム(布市場)の並びのアオザイ専門店。

床から天井の近くまでアオザイ用のきらびやかな生地が並んでいます。寒い時期はベルベットが多いようですが、オーガンジー、シフォン、シルク、レースとさまざまな種類、色の生地を前にしてみんな訳が分からなくなりました。

いろいろと試すこと30分、ようやっと生地が決まって2階に上がって採寸です。とても大きな声でサイズを読み上げ、メモを取る店員のオバチャンたち…ベトナム語でよかった~と心から思いました。

ベトナム語しか話せない店員さんたちと指差し会話帳などを駆使して話し、やっと4日後に出来上がると理解できました。このお店、デポジットをとらずにいきなり生地の全額を支払えと言ってきました。超強気。失敗していたら返金できるのかしら…と不安になりながら帰りました。

 

はたして4日後。

みんなきれいに出来上がっていました!それぞれの個性が出て、水色、ペーズリー、サーモンピンク、グリーンと違う色のアオザイたち。

試着はもちろんブラ一枚で。試着室は外からも丸見え。ビバベトナム。

 

アオザイの最大のウリは、ちょっと見えるわき腹ですが、私の場合「大変はみ出すわき腹」なので、脇の空きを少なめに、アオザイ自体もゆったり目に作ってもらいました。こちらの女性は小柄な人が多いので、ズボンをすごく長くしてものすごいハイヒールを履きますが、私には無理なのでズボンも短めに。

 

おばさんでも見苦しくないアオザイになったと思います…多分

マイ アオザイ私のアオザイです。

着たところの写真は、きっと皆様のPC画面が破裂すると思うので割愛しました。優しい心の持ち主piyomaruです。

ピンクに金色のパンツにしました。先日の婦人会の総会に着て行きましたが、みなさんに「派手!」「ベトナム人みたい」とありがたいお言葉をいただきました…

ほかにアオザイでいらしていた方は、最近流行のモダンアオザイというスタイルが多く、パッと見アオザイに見えません。日本でも使えるパーティドレスという感じ。これもまた皆さんステキで、よい目の保養になりました。

若い女性はとてもきれいに見えるので、こちらに来たら是非作るといいとおもいます。ただ、観光客向けのスピードオーダーのお店はやはり身体にフィットしなかったり、生地の種類が少なかったりするようなので、時間があれば専門店で作った方がいいかもしれませんね~。みなさんもぜひトライしてください!

 

 

たまには観光気分

のののクラスの担任の先生が、先週からインド人になっている件…

 


担任の先生が産休に入られるので、代わりの先生がくると聞いてはいたのですが、インド人とは予想外の方向からのアプローチでちょっと驚きました。

 

とってもいい先生です。顔にインパクトがありすぎるだけです。せっかく幼稚園に慣れてきたののが、顔が怖くて先週は泣いていましたが、今週は慣れたのか(あきらめた?)のか泣かずに通えるようになりました。きっと心が通じ合ったのだと思います。まはらじゃ。

 

 

一柱寺

さて、遅ればせながらちょっとハノイ観光してきました。

いまだホーチミン廟にすら行ったことのないわたし。来月ハノイを去るお友達たってのリクエストで彼女憧れの一柱寺に行きました。

~一柱寺~

祠の中

1049年に造られた、11世紀のベトナムを代表する建築物のひとつ。
一柱寺の最初の名前は「Dien En Nuu」といい、永久と豊富という意味である。
蓮の花をモチーフにして造られ、下から大きな柱一本で支えられているので一柱寺の名がある。
美しい蓮池の中にたたずむ現在の寺は、1954年に再建されたもの。
ホー・チ・ミン廟のすぐそばにある。~WORLD TRAVEL INFORMATIONより~

 

予想外に…

 

小さかったです。大人が2人並んでお参りできるかどうかというところ。しかも、久しぶりの晴天のためか、欄干にまわりの土産物屋や食堂のゴザが干されてるし、入り口に飾ってあった見事なハスの花は全て造花だし…

 

いろんな意味でお友達の期待を裏切った一柱寺観光、5分で終了。

歩いて文廟へむかいました。

文廟中庭

~文廟(孔子廟)~

李朝時代の1070年に孔子を祀るために 建立された孔子廟で、1076年に官吏養成を目的としてベトナム最初の大学が併設された。
15-18世紀の間には3年ごとに1回科挙試験が行われていた。合格者1306人の名前は文廟にある82の石碑に文廟刻まれている。~WORLD TRAVEL INFORMATIONより~

 

 

こちらはさすがに立派で手入れも行き届いていました。石碑と孔子を奉ってあるところが撮影可なのかどうかが分からず、断念してしまった小心者。

結婚式の記念写真を撮るカップル、外国人のツアー客など多くの人でにぎわっていました。科挙合格者の石碑が、1000年経っても尚尊敬を持って奉られているところに科挙の難しさを思いました。

 

時間も限られていたのでこの後お昼を食べて帰りました。天気が良かったこともあり、ちょっとした遠足気分で楽しかったです。ハノイを去る前にいろいろとやりたいことがあると言っていたお友達、私も出来るだけお供して沢山思い出を作りたいと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

Calendar

02 ≪ 2008/0304
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。