いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッチャン村へ

ベトナムへ来てはじめての連休。

バッチャン村に行ってみました。


バッチャン村ハノイから車でおよそ30分。道端で牛が草を食む中を通り抜け、焼き物の町バッチャン村へ着きました。

入り口から日本語の看板がお出迎え。かなり「こなれた」観光地になっている模様。

 

バッチャン村で物色一度一人で来たことのあるダイの案内で、村に入ってすぐの大きなお店で買い物。店員さんは日本語ぺらぺらで、ツアーの日本人もたくさんいる、多分村では割高の方のお店。しかし、ディスプレイもきれいで、品数も豊富。入門編の私たちにはお手ごろなのかも。

 

そこで食器を物色した後は、散歩しながら道端に出ている小さなお店たちを見物。りりりたちが選んでいるのは、水に浮かぶという小さな陶器の動物。アヒルを買いました。

バッチャン村 道端の店こんな感じのちいさなお店がずっと並んでいます。

 

しかーし!

 

連休明けに同じマンションの方から、この奥に「ニュー・バッチャン」と呼ばれるスポットが出来ているとの情報を入手!陶器市が立ち、さまざまな種類のバッチャン焼きがあるとのこと。

 

次回はニュー・バッチャンへ潜入することが目標となりました!情報、ありがとうございます!

 

戦利品たちそして今回の戦利品(の一部)

赤い色模様がバッチャンの特徴なのですが、あえて紫を選んでみました。

真ん中のコースターは、似た柄で大きなバージョンも購入。お菓子などを入れる予定。

後ろのかごはお店で買い物をすると入れてくれる袋。このかごの袋もバッチャンのお土産の特徴です。

カップなどのサイズは大体4ドルくらいでした。きっとバッチャンを詳しく知る方にとっては「ありえない」ほどの高値なんでしょうが、なにぶんしろうとなので、初めてのバッチャン村、私は満足でした!

 

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

Calendar

03 ≪ 2017/0405
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。