いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポールはとてもいいヤツだ

さて、旅行2日目

パンダバスシンガポールの主要な観光地を回る半日ツアーに参加しました。バンコクのときも利用させていただいた旅行会社は←こちら



 

 

ラッフルズ卿は小柄そしてまずはシンガポール開拓の祖、ラッフルズ卿が上陸したというポイントのラッフルズ像から。

あまりにも周りが高層ビルすぎて、とても小柄に見えます。この日の気温、35度。湿気が少ないとはいえなかなかクラクラする温度です。




リバーボート乗り場ここの隣にあるリバーボート乗り場からボートでマーライオンに会いに行きました。




 

 

リバーボートリバーボート、ポンポン船といった感じで、中国系の職人肌のお年寄りが操縦していました。

中の座席は前方が進行方向を向いてベンチ形式になっており、後方は運転席を挟んで横並びになっています。私たちが乗ったときは前方の席は埋まっていたので、後方に座りました。

景色を楽しんでいたのですが、最前列の日本人カップル(女性30代、男性40代くらいと思われる)が、景色が変わるごとに女性をさまざまな場所に座らせ、記念撮影をしているさまに目を奪われまくる私…

光の方向まで考えて撮影ポイントを支持する女性。他の方の前方をふさごうとも、通路をふさごうともベストショットを撮ろうとする男性…

リバーボートに乗っている10分間くらいで30枚は撮影していたものと思われます。周りが目に入らないくらいラブラブなんでしょうね…乗っていたのは全員日本人だったのでまだ良かったのかも。外人さんがいらしたら同じ日本人としてちょっと恥ずかしかったかも。

 

そんなこんなでいよいよご対面!

 

マーライオンは今日も元気マーライオンさまです

 

シンガポールは「獅子の国」という意味で、ライオンがトレードマーク。海の守り神もライオンです。

国が繁栄することを願って風水でよいとされる東を向いて建っているとか。

意外とすごい勢いで水を吐き出していました。

後ろに子ライオンもいます

実は後ろにミニマーライオンもいます。

大人と同じくらいの背丈。

 

こうしてみると、ミニライオンは遠くにいるように見えますね。不思議。

 

 

ここのおみやげものやさんのトイレは男女兼用で、個室の鍵がきちんとかかるのは1箇所だけでした。さすが8割が中国系といわれる国。トイレの鍵なんて関係ありません。

 

中国系が多いので、どこでも中国語が通じました。中国語の方が英語よりも得意なダイは大喜び。主だった看板や道路案内などもかならず英語、日本語、中国語が書いてあるので、私も助かりました。でも中国語はほとんど忘れてしまっていたなあー。とっさの相槌とかが出てこないんです。もう錆び錆びです~…

 

巨大噴水は工事中さて、お次は大富豪が風水の力を最大限に活用して建設したと言われるその名も「財富の泉」へ。

左手を模して、5本のビルが半円を描いて建ち(しかも小指が長ければ長いほうがいいと言われているため小指に当たるビルは他のビルと同じ高さにする凝りよう)、中央、手のひら部分に巨大噴水(下手の大きな輪の中心)があります。この噴水は高く上がればあがるほど財産に恵まれるそうで…

残念ながら工事中で噴水は見られませんでした。しかし、噴水の周りを願い事を唱えながら3回回ると願いが叶うそうで、さっそくこの人も挑戦。

願をかけるあたち何を願ってるんだか…

 

 

 

 

世界征服かもしれません…

 

さて、お次はどこへ~

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

Calendar

07 ≪ 2017/0809
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。