いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の生活はこれからだ

やっとインターネットがつながりました…
思えば去年の春、こちらに来たばかりの頃もネットがうまくつながらずに苦戦していた気がします。引越しって困りますね。
新しい家は、2週間前まで人が住んでいたので、設備的に問題は無いだろうとたかをくくっていたのですが、これが大間違いで…orz



問題その1 ベッドが出来上がっていなかった

今回新しく大家さんにいくつかの家具を入れてもらいました。
そのうちのひとつが各部屋のベッドだった訳です。こちらの方は家具屋さんへ出かけていって買うよりも、なじみの家具屋や大工にオーダーした方が安上がりで希望のサイズが出来るということで、オーダーがデフォです。
ちなみに日本で言われているオーダーとは質が全く違います。こちらの方は「<strong>少しでも安くあげる」ためにオーダーするのです。
張りぼての舞台セットのように外見は一見立派でも、中を開ければきちんと閉まらない引き出し、みすぼらしい廃材、かみ合わないふたなどのオンパレード。


そしてベッドも解体された状態で引越し前日に届きました。各部屋で大工さんが組み立て、置く場所を決めてマットを載せて帰っていったのですが、そのうちのひとつ、ダイのベッドがきちんと組み立てられていなかった…
四方をきちんと止めていなかったため、私がシーツを敷こうとマットを持ち上げた瞬間に




左半分が音を立てて落ちました…





ベッドの左半分が落ちるって…ドリフか?





結局翌日大家さん立会いの下、また大工さんがやってきて、部品を交換した上できちんと閉めなおし、きっと2週間に一度くらいしか洗わないであろう靴下のままベッドに上がってジャンプして「もう大丈夫!」と保証してくれたのでよしとしました。
しかし、引越し当日にベッドで眠れず、床にじか置きのマットで眠ったダイの恨みは深かった…


そして、同じ大工さんにガレージのドアの立て付けを直すようにお願いし、翌日早朝に来ると約束して別れたのですが、当然ながら来なかった件ww



問題その2   納戸のドアが開かなかった。

ガレージを区切って納戸をつくってあるのですが、そのドアが開かない。よく見ると明らかに傾いてついています。そのため、上半分が引っかかってドアが開かないのです。

大家さんにお願いすると、見覚えのあるワーカーがやってきました。その名もバカボン(仮名)。バカボンそっくりの顔で、中身もバカボン。以前の家のときもエアコンの水漏れ修理に来てウィンドフラップをぶっ壊しただけで帰ったおばかさんです。
なぜか大家さんと懇意らしく、「何かあったら彼を呼べばなんでもやってくれる」と自慢げに言われました。ちなみに新しいオーナーはなんか勘違いして目の周りに隈取を施して美人に見せようとしています。なんとなく「朝岡雪路にしようとして失敗」みたいな雰囲気なので、「ユキジモドキ(もしくはユキジ)」と呼ばせていただきます。
「何かあったら呼べばいい」とユキジモドキさんは言いますが、呼んだときにお金を払うのはうちです。オーナー責任のものでも払うのはうち。しかもバカボンはいつも「いくら払う?」と聞いてくる上にクラッシャーです。

大いなる不安を抱きつつ、ダイも出勤して一人残された私にほかに方法もなく修理を頼みました。
するとバカボン、おもむろにポケットからカッターナイフを取り出して…



ドアの上部を削り始めました…orz




要するに、「引っかかってるとこがなくなりゃいいじゃん」てやつです。小学2年生のりりりが考え付きそうな修理法。しかも道具はカッターナイフ。

20分が経過するころ、さすがに疲れたのか、我が家のナイフを貸せと言ってきました。ええ、こちらの修理やさんは「修理道具を持ってこない」のがデフォです。大抵そのうちにあるもので直そうとします。直るわけがありません。
この場合バカボンの言うナイフとは、我が家の包丁を指します。もちろん貸しません。アホか!!

延々40分以上もかけてドアを削り、ビニールテープを貼って世にも見苦しい修理は終了しました。

そのうえ、サービスのつもりか「全く問題ないから触らないで!」と言ってあったドアノブをなぜか取り外し、さらに30分以上かけて中と外を逆向きに取り付け、満足げに帰っていったのです。



半日後、戸締りのときに気を利かせてダイがそのドアを施錠したところ、





二度と開かなくなりました…



ドア、未だに直ってません。幸か不幸かもうひとつ出入り口があるので、納戸への出入りはできるものの、このドアが通れないと不便なことが山積みで本当に困っています。



問題は今現在まだまだ続いています。あまりにも沢山あるので、これから少しずつ放出していこうと思います。つか、そうしないと全世界を呪ってしまいそうです…



スポンサーサイト

コメント

Secret

の、呪われる~!!!!

バカボンにユキジモドキ・・・・「引越し妄想編」を読んでいただけに、今回の漫画以上の破壊力溢れる凄まじい展開に、ただただビックリしています・・・
余りにも沢山ですかぁ…あっ!もう直ぐ帰国では?
楽しい事を考えて、眉間にシワを寄せぬよう、涼やかにお過ごしください。piyomaruさま、ファイトーーー!

うわぁ~
なんじゃいそりゃぁ~って言いたくなりますね
全てスムーズに使える日はやってくるのでしょうか?
頑張れ~piyomaruさん家族

っていうか最後解決してない!!

なんという本当にあった怖い話!!

うーわ!!なんていうか・・大陸的なおおらかなお話ですね・・・・日本だったら暴力事件に発展しそうな流れですが・・ww

ていうか、サービスに命をかける日本企業が進出して駆逐してしまへ!w

引越しするたびに問題は山積なんですね・・・。
まだまだ小出しに出来る記事ネタがあって
うらやましい・・・いや、お気の毒です。

納戸やその他の場所で快適に暮らせる日が
来るのを心待ちにしております・・・。

v-258ぶんママさん
帰国前に気になるところを全て直しておかないと気になっておちおち眠れません~!
いい加減こちら方式には慣れたと思っていましたが、いやいやまだまだ甘かったと思い知らされました。


v-258みゆさん
なんとか住めるようになりました。人間やればできるものです…あー疲れた。


v-258MELさん
しかもこちらにいる限りずっと進行形だというww


v-258記号士さん
サービスに命をかけて進出してきた日本企業の駐在員が軒並みベトナム化されてしまうというこの事実ww
引越し屋さんを見れば分かりますよね~?

v-258しまさん
なんとか普通に過ごせるようになりました。とりあえず半年くらいは大丈夫でしょう…半年…いけるかなあ…

Calendar

04 ≪ 2017/0506
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。