いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには観光気分

のののクラスの担任の先生が、先週からインド人になっている件…

 


担任の先生が産休に入られるので、代わりの先生がくると聞いてはいたのですが、インド人とは予想外の方向からのアプローチでちょっと驚きました。

 

とってもいい先生です。顔にインパクトがありすぎるだけです。せっかく幼稚園に慣れてきたののが、顔が怖くて先週は泣いていましたが、今週は慣れたのか(あきらめた?)のか泣かずに通えるようになりました。きっと心が通じ合ったのだと思います。まはらじゃ。

 

 

一柱寺

さて、遅ればせながらちょっとハノイ観光してきました。

いまだホーチミン廟にすら行ったことのないわたし。来月ハノイを去るお友達たってのリクエストで彼女憧れの一柱寺に行きました。

~一柱寺~

祠の中

1049年に造られた、11世紀のベトナムを代表する建築物のひとつ。
一柱寺の最初の名前は「Dien En Nuu」といい、永久と豊富という意味である。
蓮の花をモチーフにして造られ、下から大きな柱一本で支えられているので一柱寺の名がある。
美しい蓮池の中にたたずむ現在の寺は、1954年に再建されたもの。
ホー・チ・ミン廟のすぐそばにある。~WORLD TRAVEL INFORMATIONより~

 

予想外に…

 

小さかったです。大人が2人並んでお参りできるかどうかというところ。しかも、久しぶりの晴天のためか、欄干にまわりの土産物屋や食堂のゴザが干されてるし、入り口に飾ってあった見事なハスの花は全て造花だし…

 

いろんな意味でお友達の期待を裏切った一柱寺観光、5分で終了。

歩いて文廟へむかいました。

文廟中庭

~文廟(孔子廟)~

李朝時代の1070年に孔子を祀るために 建立された孔子廟で、1076年に官吏養成を目的としてベトナム最初の大学が併設された。
15-18世紀の間には3年ごとに1回科挙試験が行われていた。合格者1306人の名前は文廟にある82の石碑に文廟刻まれている。~WORLD TRAVEL INFORMATIONより~

 

 

こちらはさすがに立派で手入れも行き届いていました。石碑と孔子を奉ってあるところが撮影可なのかどうかが分からず、断念してしまった小心者。

結婚式の記念写真を撮るカップル、外国人のツアー客など多くの人でにぎわっていました。科挙合格者の石碑が、1000年経っても尚尊敬を持って奉られているところに科挙の難しさを思いました。

 

時間も限られていたのでこの後お昼を食べて帰りました。天気が良かったこともあり、ちょっとした遠足気分で楽しかったです。ハノイを去る前にいろいろとやりたいことがあると言っていたお友達、私も出来るだけお供して沢山思い出を作りたいと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント

Secret

Calendar

03 ≪ 2017/0405
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。