いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よるよる上海

さてさて、夜の上海。
まずはホテル近くの「外文書店」へ。
住んでいたとき、ここが唯一の日本の本が買える場所でした。
3ヶ月に一度、タクシーで5時間かけて買出しに行っていた日々を思い出します…

お目当ての日本書籍はほとんどありませんでした。
しかも、売り場に到着したときにガードマンのおじさんに「後10分で閉店だよ~」と教えられ…

7時閉店なんだね。

あわてていくつか選んでレジへ。


そのままぶらぶら散歩しながら夕飯を食べられそうな場所を探しました。

途中でとある本屋さんのウィンドーにたくさん上海の地図やガイドブックが見えたので、とっさにダイに「地図がある!」と言ったら、ダイがそのまま反射的に中へ駆け込みました。
入り口でまたも「閉店だ」と止められるも、「ちょっとだけだから!」と言って強引に入るダイ。





なぜにこの方は中国に来るとものすごく生き生きと地元の民になれるのでしょうか…





ウィンドー越しに「それはどう?こっちは?」と指示する私たち。
そうこうするうちにガードマンの一人が一緒に探してくれてました。

アドバイスにしたがってダイが買ってきたのはガイドブック。








地図が無え…








まあ、ほんの少しの略図と昔の土地勘で動くことにしました。

夕飯はなんだかものすごく混んでいた地元の小さな中華料理屋(当たり前)で。
あまりに空腹でおかしくなっていたので、同じ具材ののったチャーハンと麺を頼んでしまう、という失敗はあったものの、おいしくいただきました!

あと、そこの女子トイレが壊れていた(水が流れなかった)ので、利用したついでに直しておきました♪
だてにサバイバル生活をしているわけではありません。
みんなトイレに鍵をかけて入るようになっていました。確認のため、ドアをノックする人もいて、ああ、本当に十年経ったんだなあ…と実感。トイレで。






ホテルに戻りながらみた風景。

香港みたいになっとる




この交差点はけっこう昔からこんな感じだった気がします。


この交差点の前になつかしいものが。

あれ?


え?





本当にベルメゾンのお店でした。
私の持っている日本のカタログと同じ品物もおいてありました。
上海でも通信販売を行っているらしく、中国語のカタログがおいてありました。






そして一番目的のスポット、外灘です。





ここにたどり着くまでにえらく人が多くて、「やっぱり中国は人口が多いなあ~」とか言ってたんですが、しばらくしてからダイが「あ!今日メーデーじゃん!」と…

中国も数少ない祝日なので、メーデーはみんな外出するんです。そして毎年外灘に花火が上がるのでした。
花火見物のためにいつもよりもたくさんの人が集まっていたようです。
さすが万博初日にも気づかなかったpiyomaru家。




外灘の道路側。こちらは租界時代からの景観が保たれているようです。後方に超高層ビルが立ち並んでいるのが違いますが…やはりこれも懐かしい風景です。


懐かしい外灘




そして黄浦江側。
左端のテレビ塔以外は何も無い荒野のようだった土地がこんな大都会になっていました。感慨深い…


景色より人が…



あまりの人ごみに子供たちが圧死させられそうになっていたので、そそくさとホテルに戻りました。







ホテルの部屋、今回はりんりが大人料金になったために二部屋取らねばなりませんでした。男子組と女子組に分かれて。


一見新しくてきれいなホテルですが、隣の部屋の音が丸聞こえです。
男子部屋はお隣であやしい声がし始めたので、ダイはあわててテレビのボリュームを上げたと申しておりました。


そんなことは露知らず、お風呂上りにののちゃんはこんな牛乳をぐびぐび飲みながら、「海宝くんがやってきた!」というアニメを見ておりました…

知恵よつけ!

もうひとつの種類は「体力型」でした。もうね、体力はあり余るくらいなので、知恵のほうを…
DHAが入ってるらしいです。

おかげさまで、翌朝出かけるときにホテルマンに「にいはお!うぉーしーのの!ざいちぇん!」と元気にご挨拶していました。昔幼稚園でかじった中国語がよみがえったんでしょうか…


次回は「科学技術館と水族館めぐり」です。
スポンサーサイト

コメント

Secret

すげえ!!上海は大都会だなあ・・・・
しかし、トイレを通りすがりにきっちりと直したり、閉店の声をおして本屋に入ったりと、そのたくましさがかっこいい!!!ぬるま湯につかりきった日本人とは一線を画いてますよ!!!

>そうこうするうちにガードマンの一人が一緒に探してくれてました。

なにこの超展開www
ってかこういう話はちょっといい感じですw

>利用したついでに直しておきました

スキル高すぎるw

>「にいはお!うぉーしーのの!ざいちぇん!」

かっけえなあ…
なんか「未来をになう子供」的雰囲気がすごい
ワールドワイド的な…

トイレで文明の進化を知る…
最も分かりやすい方法なのかもしれませんねー!

ののちゃん、どんどんとワールドワイドに成長してますね~。
臆せず挨拶できる社交的なところ、素晴らし過ぎるっ!!!

No title

なんだかハノイ以上に旦那様が活き活きしているように感じます。
さりげなくトイレ修理されるpiyomaruさんも素敵です。
中国ではトイレは丸見えでないと聞いてちょっと安心。
いや、全く行く予定ないんですが。

No title

v-91記号士さん
なんと言いましょうか、古巣に帰った安心感?この国来たら行ったりやったりせにゃ損、的な強迫観念が染み付いてるんです…


v-91MELさん
ガードマンさん、子供が3人もいる大変な家庭だと同情的になってくれ、かあちゃんの尻に敷かれたかわいそうな旦那をたすけにゃ、と思ってくれた模様wwwわたくしたち大勝利w



v-91ぶんママさん
それが日本に帰ると途端にシャイな日本の子供になる不思議ww


v-91しまさん
そうです、夫は中国大好きなので活き活きしちゃうんです!
トイレ、きっとどこかではまだ丸見えだと思います。飛行機のトイレは鍵かけないで入るおばちゃんいたしww

Calendar

09 ≪ 2017/1011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。