いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末ですよ~

こちらはまだ旧暦が重視されているので、今年は2月7日が元旦です

街はすっかり年末ムード。慌しい雰囲気で、道路もいつもよりも混んでいます。下手すると、先日の1月1日よりも全然お正月っぽいです。


新年のことをこちらでは「テト」と言います。正確にはテト・グェン・ダーンというらしいのですが、略してテトでベトナム人にも通じます。

このテト、ベトナム人にとっては数少ない祝日で、みんな仕事を休み、田舎に帰って家族とご馳走を食べ、お年玉をもらったりあげたりするようです。この辺は中国と同じですね。

東南アジアでは、旧正月を西暦の正月よりも盛大に祝う国がいくつかあります。ベトナムもその中のひとつということなんでしょうね。

 

というわけで、我が家は学校も会社も来週は1週間お休みです。というか、ハノイの町が全部お休みです。すでにこの週末から帰省ラッシュは始まっているらしく、年末最後の買出しに出る人々、仕事納めの人々とみんな走り回っています。

せっかくのお休み、ずっと何もせずに家にいるのももったいないので、多くの在住者にならってpiyomaru家も旅行を計画しています。みなさん行き先はさまざまですが、同じ場所に行く方も何人もいらっしゃるので、旅先でも何かと楽しめそうです!ヒントはここから近い旧正月に町がストップしない常夏の国!→これで分かる人にはもうバレバレ…

 

 

そんなお楽しみもあるテトですが、新年から生活もいろいろと新たになります!

piyomaru家で働いてくれていた紅子ちゃん、今月いっぱいで辞めることになりました。人種の壁、お国柄の違いなどがいろいろあってお互いに大変なこともありましたが、よく働いてくれたと思います。今はご苦労様という気持ちです。

 

そして我が家のののちゃん!ついに幼稚園デビューです!

いろいろあって結局うちから一番近いインターナショナルの幼稚園に通うことになりました。やはり私が送り迎えです…

子どもを3人とも幼稚園に送迎できるというのは、ある意味幸せなことかもしれません…と自分に言い聞かせる私。

とりあえず、いくつかの園をダイとののとともに見学しましたが、どこに行ってもののは自分から親元を離れて輪の中に入っていき、先生の手をとり、音楽が流れていればダンスをし、遊具で遊んでいれば一緒に遊びたがりました。

家に置いて一緒にいてもやってあげられない事をたくさんしてもらえそうなこと、まだしゃべり始めていない今なら逆に何語でお世話をされても抵抗がないこと、そしてなにより本人が楽しそうなことを考えて、少し早いながらも入園を決めました。

でも、こちらでは日本人の幼稚園も2歳から入れるので、今年2歳になるののがとても早いわけではありません。

 

日本と違って、子どもを連れて買い物をすることが難しいこと、歩行者が安全に歩ける歩道が主な道路にあまりないこと(子連れで手をつないで歩くのも命がけです)、子どもの遊び場のある公園が極端に少ないことなどもありますが、なによりベトナム人の子育て法として、「ののくらいの小さい子どもはなるべく家の中で面倒をみる、外に出るときは極力だっこする」というのが気になっていました。

大抵の家庭が共働きなので、みんな保育園に入れるか家でメイドが面倒を見るわけですが、なぜか子どものごはん時だけ外に出て、ベビーカーや三輪車などに乗せてごはんを食べさせ、抱っこしてその辺を歩いたら、後の大半の時間は家の中で過ごすわけです。

1箇所見学に行ったベトナム人ばかりの幼稚園でも、一番小さい子のクラスは最上階。入り口に柵があり、うちのリビングくらいの部屋に子どもたちが10人いて、遊びも食事も昼寝も全てその場所でするのでした。

 

大気汚染が問題になっているうえにバイク社会のこの国ではこのスタイルが一番あっているのかもしれませんが、やはり身体を沢山使いたくなってきたののに一日中家にいろというのはかわいそう。メイドとしての仕事もある紅子ちゃんにののの世話まで頼んでも、やはり十分とはいかず、毎日一日中ビデオをみて暮らす生活でした。

 

来月から幼稚園で思いっきり遊んで、おともだちを作って、ののの世界が広がってくれるといいなーと思っています。

 

そして、誰ともなく「半日くらいで働きに来てくれるメイドさんいないかしら…」と話していたら、昨日突然黒皮のライダースジャケットを着た小太りで南国系の顔立ちのベトナム女性が我が家にやってきました。

 

「マダーム、あなたはニューなメイドを探していますね?私はマダーム○○××のメイドからその話を聞きました…」と、メイドづてに求人の話を聞きつけて自己アピールしにきたメイド候補でした

 

いやあ、こわいですね、メイドネットワーク…

 

とりあえず、テト明けまで新しいメイドさんをどうするかは保留でございますよww

スポンサーサイト

コメント

Secret

Calendar

07 ≪ 2017/0809
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。