いらっしゃいませ~
こんな私ですみません

piyomaru

Author:piyomaru
ベトナム、ハノイに住むとあるお間抜け主婦でございます…

いくつになったの?
よむよむ?
piyomaru家最近の読書記録
いつでもメールしてね!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲頂高原

5日目は、子供たちお待ちかねのところへ。
と書いてゲンティンハイランド
ゲンティンハイランドです。

マレーシアでほぼ唯一の一大エンターテイメントパーク。ホテルあり、カジノあり、遊園地ありのなんでもあり。
それがなんと標高2000mの山の頂上にあるんです。だから、「雲頂高原」なんですね~。

今回もマラッカの時と同様日帰りツアーを申し込んでいました。そして今回の参加者は我が家のみ。ミニバンで行きました。コンパクトでよし。ガイドさん、この道のベテラン!と言う感じの中華系男性、Jさん。またJさんですが、この方はとてもいい方で日本語も堪能。したがってJさんのJはジャイアンのJではありません。

行きは車でロープウェイ乗り場まで行き、ロープウェイでゲンティンハイランドに向かいました。
途中で本当に雲の上に浮かぶゲンティンハイランドの高層ビルが見えて、なんだか夢の世界に行く気分が盛り上がりました。


途中の道は空いていましたが、ロープウェイが長蛇の列。さすがお正月です。
遊園地に向かう家族連れ、おそらくカジノへ行く大人のグループなど、目的はそれぞれの様子。みんな順番を守っておとなしく並んでいます。えらい。ベトナムとは大違い。

並ぶこと1時間半、やっと乗りこめる、と思ったときに突然の轟音。



爆竹鳴らしてドラゴンダンスの始まり~。

ドラゴンダンス



運がいいのか悪いのか、中華系お正月の定番、ドラゴンダンスを披露する時間と乗車のタイミングがばっちり合ってしまったようです。つか、ロープウェイの乗り場でやりますかね、ドラゴンダンス。
子供たちもびっくりしていましたが、このドラゴン、真っ白でお顔にもなんだか愛嬌があってかわいかったです。ベトナムでは赤や紫が多いんです。そして、口と一緒にまばたきするのがりりりに受けていました。


さて、ロープウェイに乗ること20分。ようやくゲンティンハイランド到着。しかし、到着口からホテルなどもろもろを抜けて遊園地の入り口に到達するのにさらに15分ほど歩きました。

本当なら、カジノに行きたい人、レストラン街、ゲームセンターなど種々の説明をしてくださるそうなんですが、子連れ旅行なら遊園地だろう、というJさんの判断で遊園地に特化した案内にしてくださいました。この辺がもうジャイ子さんとは大違い…

さらに、ロープウェイでタイムロスし、場内も大混雑のため、遊べる時間が少なくなってしまうのはかわいそうだと集合時間を45分遅らせてくれました。
「旧正月だから、道路渋滞して帰着が遅れてしまったとか言って、超過料金発生しないように私がなんとかしますから。たくさん楽しんでってね♪」というJさん。ジャイ子さんとは(ry

チケット購入も手伝ってもらって、いざ遊園地へ!
遊園地も、屋外と屋内に分かれています。まずは屋外へ。

ふつーのゆーえんちですわ!なんか多摩テックに似てる
目印のホテル
人 人 人 そして8割がた中国系





ゲンティンハイランドの人気の理由のひとつに、「常夏のマレーシアで涼しい気分が味わえる」というのがあります。標高2000mなので一年中マレーシアにしては涼しく、冬は10度前後になることもあるそう。
夏服しか必要としないマレーシア人ですが、ここに来ると冬ものでおしゃれを楽しめるので、そのために訪れる若者も少なくないそうです。

だから、長袖着ていったのにこの日は確実に20度以上ありました。暑かった。雨じゃなくてラッキーだったとも言えます。


屋外遊園地でダイ、りんり、りりりチームと私、ののチームに分かれて乗れるだけ乗りものを楽しもうということに。意外と身長制限があって、ののが乗れる乗りものが限られていたんです。
遊園地は数年ぶりのpiyomaru家、テンションあがります!

遅え…挑戦!落ちてきそう…


他にも、3周したら一個一個止まって客を乗降させる変な観覧車もどきや、ドラゴンコースター(意外とスリル満点)、普通のジェットコースターなど、制限時間過ぎるまで昼食もろくに取らずに遊びました。


マラッカと同じくらい歩いたはずなのに(昼食ほぼ抜きで)疲れが全然違うのはなぜなんだぜ?



子供たちも大満足。Jさん、本当にありがとうございました。
今度は旧正月ではないときに、ゲンティンハイランド内のホテルに宿泊して施設を満喫したいなあ~。


帰り道も渋滞が無かったおかげで、45分(以上)延長で遊んだ割に、帰宅時間は予定の15分オーバーで済みました。



てことは、やりようによってはマラッカも(ry




今年のテト旅行もこんな感じで終わりました。
出かけた以外はほぼ買い物。でも、いつもと違うのは、私が「日本の物がありすぎて逆に買えない」状態に陥ったことでしょうか。伊勢丹に並ぶ日本の冷凍食品の列(大きな通路まるまる1列日本の冷凍食品だった)や、お菓子売り場など、初めて訪れた4年前よりも確実に日本製品が増え、さらに便利に豊かになっていると感じました。
ほしいものをあげていったらきりがなく、たくさん目の前にありすぎて選べなくて、結局いつも買って帰るマレーシア名産の紅茶やチョコ、中華食材を買って帰りました。

4回も行ったことだし、いい加減次のテト(まだいるつもりか?)は違う所にしよう、とダイと話していたものの、やっぱりマレーシアが大好きな私たち。来年もまた来てしまうかも…迷うわ~。





スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

とても楽しそうな遊園地ですね
乗り物一つ一つがカラフルで
見ているだけでも
楽しくなるわ
お天気よくて良かったですね

No title

あー・・・・ガイドさんってホント大事なんですねえ・・・読んでるだけでこっちはほっこりしましたよw
しかし同じ東南アジアでもきちんとならぶところもあればそうじゃないとこもあるんですね・・・どこもカオスな印象があったけども改めました。

No title

J子とは違うJ氏…!心のソコから楽しめて本当に良かった~!!!
一日の過ごし方、ガイドさん次第でこうも違うとは…!
ツアコンって生易しい職業じゃないんだと改めて思い知りました。

旅行が笑顔で終わるのが一番です☆

No title

Jさん大活躍万歳

>やっぱりマレーシアが大好きな私たち。

この感じはわかります

旅行に行くとして
予算と日数が同じなら
未開の地に行くという選択もあるのですが
ついつい伊豆方面に足が向くってのが自分の中でありますし…

Calendar

04 ≪ 2017/0506
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON
最近のあれこれ
ありがたいお言葉
最近のトラックバック
カテゴリー
素晴らしき言葉の魔術師たち
ブロとも一覧

■ ブログ名:Priscilla
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。